お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HWS 2019-04-12
15:05
宮城 東北大学 180nm CMOSプロセスを用いたPhysically Unclonable Functionsの実装と評価
汐﨑 充久保田貴也白畑正芳立命館大)・堀 洋平片下敏宏産総研)・藤野 毅立命館大HWS2019-4
現在,Physically Unclonable Function (PUF)の国際標準化が進められており,これまで明確... [more] HWS2019-4
pp.19-24
HWS, VLD
(共催)
2019-03-01
15:45
沖縄 沖縄県青年会館 PUFを用いた個体識別システムにおける機械学習攻撃に対する脆弱性の評価
飯塚知希東大)・小笠原泰弘片下敏宏堀 洋平産総研)・粟野皓光阪大)・池田 誠東大VLD2018-133 HWS2018-96
個体認証システムに向けたPUFの中でも特に機械学習攻撃に耐性が高いとされるDouble-Arbiter PUF及びPL-... [more] VLD2018-133 HWS2018-96
pp.237-242
VLD, DC
(共催)
CPM, ICD, IE
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2016-11-29
11:20
大阪 立命館大学大阪いばらきキャンパス 低消費電力FPGAの応用回路実装を伴う評価のための環境構築と予備実験
片下敏宏日置雅和堀 洋平小池帆平産総研RECONF2016-47
 [more] RECONF2016-47
pp.41-46
OME 2016-10-28
17:00
東京 機械振興会館 有機薄膜トランジスタを用いた物理複製不能回路の電圧依存性
栗原一徳堀 洋平片下敏宏産総研)・垣田一成田中康裕宇部興産)・吉田 学産総研OME2016-47
本研究ではフレキシブル基板上に有機リングオシレータ(RO)回路を作成し,そのセキュリティ回路としての性能を評価した. セ... [more] OME2016-47
pp.39-42
RECONF 2015-06-20
11:10
京都 京都大学 PUFデバイスの高速検証環境の開発
片下敏宏恩田泰則堀 洋平産総研RECONF2015-18
PUF (Physically Unclonable Function)は半導体デバイスの真贋判定や偽造防止,デバイス固... [more] RECONF2015-18
pp.97-102
RECONF 2015-06-20
11:35
京都 京都大学 PUFとFuzzy Extractorを用いた暗号鍵生成回路のSASEBO-G3への実装
堀 洋平片下敏宏産総研RECONF2015-19
物理複製困難関数 (Physically Unclonable Function: PUF) の不安定な出力からFuzz... [more] RECONF2015-19
pp.103-108
ISEC 2013-12-11
15:20
東京 機械振興会館 実践的情報教育を通じたハードウェアセキュリティ人材の育成
林 優一本間尚文東北大)・片下敏宏産総研)・曽根秀昭東北大ISEC2013-78
本稿では、実践的情報教育プログラム(enPiT Security)におけるハードウェアセキュリティ人材育成の取組みを報告... [more] ISEC2013-78
pp.33-37
RECONF 2013-05-21
14:45
高知 高知県民文化ホール Kintex-7 FPGA上のPhysical Unclonable Functionの特性評価
堀 洋平片下敏宏古原和邦産総研RECONF2013-17
28-nm プロセスFPGA 上におけるPhysical Unclonable Function (PUF) の入出力特... [more] RECONF2013-17
pp.91-96
RECONF 2011-05-13
11:35
北海道 北海道大学工学部B3棟 Virtex-5上の動的部分再構成暗号回路の消費電力評価
堀 洋平片下敏宏佐藤 証産総研RECONF2011-17
 [more] RECONF2011-17
pp.97-102
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2010-12-01
10:10
福岡 九州大学医学部百年講堂 近磁界測定によるサイドチャネル評価実験
片下敏宏・○堀 洋平佐藤 証産総研RECONF2010-46
暗号を実装したデバイスの発生する消費電力や電磁波を計測し,内部の秘密情報を非破壊的に解析するサイドチャネル攻撃と呼ばれる... [more] RECONF2010-46
pp.43-48
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2010-12-01
11:05
福岡 九州大学医学部百年講堂 確率密度関数の推定法とMIA成功率に関する一考察
堀 洋平産総研)・吉田隆弘青学大)・片下敏宏佐藤 証産総研RECONF2010-48
AES暗号モジュールの動作時の電圧の確率密度関数を様々な方法で推定し,それ
らを用いた相互情報量解析攻撃(Mutua... [more]
RECONF2010-48
pp.55-60
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2010-12-01
11:25
福岡 九州大学医学部百年講堂 シフト事後処理を用いたPUF基盤認証システムの精度評価
姜 玄浩・○堀 洋平片下敏宏佐藤 証産総研RECONF2010-49
PUF (Physical Unclonable Function)は,デバイスの物理的な特徴を抽出しデバイス固有の値を... [more] RECONF2010-49
pp.61-64
RECONF 2010-09-17
13:15
静岡 静岡大学(工学部2号館) FPGA上のArbiter PUFの定量的性能評価
堀 洋平産総研)・吉田隆弘中大)・片下敏宏佐藤 証産総研RECONF2010-37
Physical Unclonable Function (PUF) の性能の定量的評価指標---Randomness,... [more] RECONF2010-37
pp.115-120
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2009-12-03
15:40
高知 高知市文化プラザ サイドチャネル攻撃対策手法の評価環境の構築
片下敏宏産総研)・○堀 洋平中大)・佐藤 証産総研RECONF2009-46
安全性が理論的に検証された暗号アルゴリズムであっても,実装の不備を突く物理的な攻撃によって秘密情報が漏洩する危険性がある... [more] RECONF2009-46
pp.31-36
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2008-11-18
15:20
福岡 北九州学術研究都市 サイドチャネル攻撃に対する標準評価ボードとツールの開発
堀 洋平片下敏宏坂根広史戸田賢二佐藤 証産総研)・今井秀樹中大RECONF2008-54
近年,暗号モジュールの電力波形や電磁波などから内部の情報を暴露する新たな物理攻撃であるサイドチャネル攻撃が登場しており,... [more] RECONF2008-54
pp.87-92
ICD, ITE-CE
(共催)
2007-12-14
14:15
高知 高知大学 メディアホール 超高精細映像に対応したバーサタイルメディアプロセッサ ~ スケーラブルな並列映像オーバレイエンジン ~
戸田賢二片下敏宏堀 洋平森川 治産総研ICD2007-137
 [more] ICD2007-137
pp.101-106
DE, DC
(共催)
2006-10-17
13:30
東京 機械振興会館 高速ネットワークフィルタリング装置のアーキテクチャ
戸田賢二片下敏宏産総研)・坂巻佳壽美都立産技研センター)・名古屋 貢デュアキシズ)・寺島康典ビッツ
 [more] DE2006-122 DC2006-29
pp.19-23
CPSY, DC
(共催)
2006-04-14
16:10
東京 東大武田ホール 複数のオーバレイフレームを自在に制御できるバーサタイルメディアプロセッサ ~ マルチディスプレイやコンテンツセキュリティにも対応 ~
戸田賢二片下敏宏堀 洋平森川 治産総研
 [more] CPSY2006-11 DC2006-11
pp.61-66
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会