お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-23
11:00
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 依存グラフのスケジュール変換による畳み込み処理向けメモリアクセス最適化
外處尭之瀬戸謙修東京都市大VLD2019-69 CPSY2019-67 RECONF2019-59
 [more] VLD2019-69 CPSY2019-67 RECONF2019-59
pp.99-104
VLD, HWS
(併催)
2018-02-28
14:20
沖縄 沖縄県青年会館 高位合成における多重ループに対するパイプライン処理時のサイクル数オーバーヘッド削減を行うループ平坦化ツールの開発
石川大輔瀬戸謙修東京都市大VLD2017-97
高位合成を用いてハードウェア設計を行う際の、多重ループに対するループ平坦化ツールの開発について提案する。多重forループ... [more] VLD2017-97
pp.49-54
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-07
10:30
熊本 くまもと県民交流館パレア β展開に基づくAD変換器のルックアップテーブル除去によるデジタル回路部の面積削減
進藤佑司瀬戸謙修傘 昊東京都市大VLD2017-44 DC2017-50
β展開に基づくAD変換器のデジタル回路部の面積削減手法を提案する。既存手法のデジタル回路部は、ルックアップテーブル(LU... [more] VLD2017-44 DC2017-50
pp.101-104
VLD, DC
(共催)
CPM, ICD, IE
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2016-11-30
13:45
大阪 立命館大学大阪いばらきキャンパス 高位合成によるアクセラレータ設計を対象としたサイクル数削減およびバッファサイズ最小化のためのデータ転送最適化手法
石川大輔瀬戸謙修東京都市大VLD2016-69 DC2016-63
高位合成を用いてアクセラレータを設計する際の、通信最適化手法を提案する。既存の高位合成向けメモリアクセス最適化手法は通信... [more] VLD2016-69 DC2016-63
pp.147-152
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-29
10:25
鹿児島 鹿児島県文化センター 高位合成のループパイプライン化におけるフォワーディングユニット生成技術
日下部真吾外山知人瀬戸謙修東京都市大VLD2013-95 DC2013-61
高位合成におけるループパイプライン化では開始間隔の削減が重要であるが、実行前に依存関係が発生するか否か判定できないメモリ... [more] VLD2013-95 DC2013-61
pp.245-249
VLD, IPSJ-SLDM
(連催)
2013-05-16
15:00
福岡 北九州国際会議場 ループパイプライン化における開始間隔短縮のためのデータ依存緩和技術
日下部真吾瀬戸謙修東京都市大VLD2013-7
高位合成ツールにおけるループパイプライン化では,データ依存グラフ中の閉路におけるサイクル遅延の合計が開始間隔を決定する大... [more] VLD2013-7
pp.55-60
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2012-11-26
10:55
福岡 九州大学百年講堂 配列アクセス実行条件の厳密な解析に基づくスカラリプレイス技術
竹鼻宏晃瀬戸謙修東京都市大VLD2012-60 DC2012-26
高位合成による高性能なRTL記述生成には、通常、C記述における配列アクセス削減が有効である。スカラリプレイスは配列アクセ... [more] VLD2012-60 DC2012-26
pp.7-12
IE, SIP, ICD, VLD, IPSJ-SLDM
(共催) [詳細]
2012-10-19
15:20
岩手 ホテルルイズ(盛岡)【変更】 WAR依存を持つ配列アクセスの削減手法
大川貴之瀬戸謙修東京都市大VLD2012-56 SIP2012-78 ICD2012-73 IE2012-80
 [more] VLD2012-56 SIP2012-78 ICD2012-73 IE2012-80
pp.89-94
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2011-11-29
09:50
宮崎 ニューウェルシティ宮崎 外側ループシフトを使用した高位合成向け自動ループ融合
加藤勇太瀬戸謙修丸泉琢也東京都市大VLD2011-69 DC2011-45
高位合成技術を用いて性能制約を満たすハードウェアを得るためには,人手によるループ構造最適化を行うことが多く,そのようなル... [more] VLD2011-69 DC2011-45
pp.103-108
ICD, VLD
(共催)
2007-03-07
15:40
沖縄 メルパルク沖縄 ハードウェア設計における設計資産の仕様記述およびその検証手法
石川悠司東大)・SeongWoon Kangサムスン)・李 蓮福東大)・GiLark Parkサムスン)・渡邊翔太瀬戸謙修小松 聡東大)・浜村博史サムスン)・藤田昌宏東大
 [more] VLD2006-113 ICD2006-204
pp.43-48
ICD, VLD
(共催)
2007-03-07
16:00
沖縄 メルパルク沖縄 設計再利用のためのIPライブラリ検索システム
李 蓮福東大)・GiLark ParkSAMSUNG)・石川悠司東大)・SeongWoon KangSAMSUNG)・渡邊翔太瀬戸謙修小松 聡東大)・浜村博史SAMSUNG)・藤田昌宏東大
 [more] VLD2006-114 ICD2006-205
pp.49-54
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2006-05-11
15:30
愛媛 愛媛大学 メモリアクセスおよびリソース共有を行うカスタム命令自動生成手法
瀬戸謙修藤田昌宏東大
 [more] VLD2006-4
pp.19-24
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会