お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-20
16:15
北海道 北海道大学 [招待講演]Automatic Gaze Correction based on Deep Learning and Image Warping【ICCE2019 報告】
瀬尾昌孝山本敬彦立命館大)・北島利浩サムスン)・陳 延偉立命館大
When people take a selfie photo or talk through a video chat... [more]
PRMU, IE, MI, SIP
(共催)
2017-05-26
09:50
愛知 名古屋工業大学 機械学習を用いた個人の顔特徴に応じたメイク顔の生成
辻 亜友実瀬尾昌孝立命館大)・武藤祐子横浜国大)・陳 延偉立命館大SIP2017-14 IE2017-14 PRMU2017-14 MI2017-14
本研究の目的は,機械学習を用いて個人の顔特徴(テクスチャ情報)を考慮したメイク後のテクスチ ャ推定を行うことである.メイ... [more] SIP2017-14 IE2017-14 PRMU2017-14 MI2017-14
pp.71-74
PRMU, MI, IE, SIP
(共催)
2014-05-23
10:00
愛知 名古屋工業大学 TRACKING FEATURES FOR QUANTITATIVE ASSESSMENT OF FACIAL PARALYSIS
Ngo Truc HungMasataka SeoYen-Wei ChenRitsumeikan Univ.SIP2014-15 IE2014-15 PRMU2014-15 MI2014-15
 [more] SIP2014-15 IE2014-15 PRMU2014-15 MI2014-15
pp.79-84
PRMU, MI, IE
(共催)
2012-05-17
10:30
愛知 名古屋工業大学 色の固有空間学習を用いた自然な肌色変換
牟田賢司瀬尾昌孝陳 延偉立命館大IE2012-29 PRMU2012-14 MI2012-14
近年デジタル画像やインターネットの普及により顔画像を美しく見せたいというニーズが高まっており,美顔補正の研究がさかんに行... [more] IE2012-29 PRMU2012-14 MI2012-14
pp.75-80
PRMU, IE, MI
(共催)
2010-05-13
10:30
愛知 中部大 Adaptive Table法を用いた高速なB-spline変換による小顔の自動生成
大村瑞穂瀬尾昌孝陳 延偉立命館大)・青木博松オムロンIE2010-14 PRMU2010-2 MI2010-2
携帯電話での気軽な写真撮影機能は多くのユーザに使用されており, 自分の容姿を美しく見せたいというニーズは高く, 顔の大き... [more] IE2010-14 PRMU2010-2 MI2010-2
pp.7-12
PRMU, IE, MI
(共催)
2010-05-13
11:00
愛知 中部大 適応的格子法と部分変形法を用いた高速・高精度なMulti-Level B-spline変換
瀬尾昌孝陳 延偉立命館大IE2010-15 PRMU2010-3 MI2010-3
近年,多くの映像作品や幅広い研究分野において画像のワーピングに対するニーズは増加傾向にあり,これに関して多くの手法が提案... [more] IE2010-15 PRMU2010-3 MI2010-3
pp.13-18
PRMU, HIP
(共催)
2007-02-23
09:30
神奈川 東工大(すずかけ台キャンパス) B-スプライン関数を用いた顔の輪郭線近似と似顔絵システム
瀬尾昌孝陳 延偉立命館大
 [more] PRMU2006-221 HIP2006-114
pp.1-4
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会