お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OCS, PN, NS
(併催)
2022-06-10
13:25
ONLINE オンライン開催 Channel-polarized Multilevel Codingによる前方誤り訂正の復号計算量低減
柿崎 武中村政則濱岡福太郎木坂由明NTTOCS2022-11
デジタルコヒーレント光通信システムでは,伝送距離やデータレート,電力要求に応じて前方誤り訂正と変調多値度を設計する必要が... [more] OCS2022-11
pp.6-11
OCS, CS
(併催)
2022-01-14
13:35
山口 KDDI維新ホール 会議室(204A・B)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]100Tb/s超の大容量化に向けた広帯域WDM光伝送技術
濱岡福太郎NTTOCS2021-38
本稿では,光伝送システムの大容量化を実現する技術として,広帯域WDM光伝送技術の動向について解説する.また,我々が実施し... [more] OCS2021-38
pp.28-31
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2021-11-18
13:45
ONLINE オンライン開催 [招待講演]PPLN導波路モジュールによる光パラメトリック増幅中継器を用いた大容量・長距離WDM伝送
小林孝行清水新平中村政則風間拓志梅木毅司笠原亮一濱岡福太郎宮本 裕NTTOCS2021-29
シングルモードファイバを用いた光ファイバ伝送システムの大容量化に向けて、波長多重に用いる光帯域の拡大が検討されている.我... [more] OCS2021-29
pp.5-8
PN 2021-03-01
14:30
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]PPLN導波路モジュールを用いた光パラメトリック増幅による広帯域波長多重光増幅中継伝送
小林孝行清水新平中村政則梅木毅伺風間拓志笠原亮一濱岡福太郎長谷宗彦山崎裕史野坂秀之宮本 裕NTTPN2020-44
光伝送システムの大容量化においては,信号の多値化による周波数利用効率の向上に加えて,波長多重に用いる光帯域の拡張が有効で... [more] PN2020-44
pp.15-19
OPE, OCS, LQE
(共催)
2020-10-23
10:35
ONLINE オンライン開催 [招待講演]PPLNを用いた光パラメトリック増幅による広帯域WDM伝送
小林孝行清水新平中村政則梅木 毅風間拓志笠原亮一濱岡福太郎長谷宗彦山崎裕史野坂秀之宮本 裕NTTOCS2020-11 OPE2020-34 LQE2020-14
光ファイバ伝送システムにおいて,波長多重に用いる光帯域の拡張は大容量化に有効である.本稿では,周期分極反転LiNbO3 ... [more] OCS2020-11 OPE2020-34 LQE2020-14
pp.17-20
LSJ
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2018-08-30
16:50
北海道 函館北洋ビル8階大ホール 超高多値変調信号を用いた600 Gbps/λ級光伝送の実証
松下明日香中村政則濱岡福太郎岡本聖司木坂由明NTTOCS2018-23
通信トラフィックの増加に伴い,光伝送システムの大容量化が求められている.ビット単価を抑えつつ,光伝送システムを大容量化す... [more] OCS2018-23
pp.25-29
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2018-02-16
09:50
沖縄 沖縄県立博物館 講座室 コヒーレントフォトニックネットワークのためのマルチキャリア光源とマルチコアファイバを用いた波長多重信号光と局発光周波数の安定な一括同期方法
森 邦彦濱岡福太郎堀越健吾福徳光師NTTOCS2017-86 OPE2017-179
(事前公開アブストラクト) 波長多重デジタルコヒーレント伝送における信号光と局発光のキャリア周波数と周波数間隔の新しい同... [more] OCS2017-86 OPE2017-179
pp.35-40(OCS), pp.53-58(OPE)
OCS, OPE
(共催)
2017-05-12
15:55
東京 機械振興会館 [特別招待講演]100GBaud級16QAM信号を用いた1ペタビット高密度空間多重(DSDM)光伝送技術 ~ OFC2017ポストデッドライン報告 ~
小林孝行中村政則濱岡福太郎芝原光樹水野隆之佐野明秀川上広人磯田 暁長谷宗彦山崎裕史宮本 裕NTT)・安間淑通佐々木雄佑竹永勝宏愛川和彦フジクラOCS2017-7 OPE2017-7
本報告はOFC2017ポストデッドライン論文のレビュー講演である.高密度空間分割多重(DSDM)光伝送方式において,低コ... [more] OCS2017-7 OPE2017-7
pp.25-27
PN 2017-04-24
14:00
東京 機械振興会館 [招待講演]超広帯域光送信器実現に向けた帯域ダブラ技術
長谷宗彦山崎裕史濱岡福太郎野坂秀之宮本 裕NTTPN2017-2
光通信システムの大容量化に向けて,多値変調フォーマットの導入と併せて変調速度(シンボルレート)を高速化する検討が活発化し... [more] PN2017-2
pp.7-12
OCS 2016-07-28
09:35
東京 東工大蔵前会館 モード選択コヒーレント検波によるモード多重信号の一括受信技術
濱岡福太郎岡本聖司堀越建吾平野 章宮本 裕NTTOCS2016-20
マルチモードファイバ伝送ではモード多重信号を受信するために,多重数に対応したコヒーレントレシーバが必要となり受信系が複雑... [more] OCS2016-20
pp.1-4
OCS, NS, PN
(併催)
2016-06-24
13:15
北海道 北海道大学 パイロット系列を用いた帯域狭窄化および波長分散の適応前置補償
岡本聖司吉田光輝濱岡福太郎平野 章NTTOCS2016-18
前置補償を実ネットワークに適用することを指向して,パイロット系列を用いて送受信器間で帯域狭窄化および波長分散の推定量を通... [more] OCS2016-18
pp.49-54
IEE-CMN, ITE-BCT
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2015-11-13
15:20
愛媛 松山市民会館 ダイバーシティ光伝送と最大比合成による無瞬断光経路切替/波長デフラグ方式
齋藤航平横田昌宏小谷川 喬前田英樹濱岡福太郎山本秀人NTT)・鈴木昌弘関 剛志NTTコミュニケーションズOCS2015-87
将来の大容量光トランスポートネットワークの経済的な実現のためには,光レイヤを最大限活用し,さらなるビット単価,消費電力を... [more] OCS2015-87
pp.65-70
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2014-02-28
13:10
沖縄 ネストホテル 那覇 MIMO処理を用いた超高密度マルチキャリア伝送方式
濱岡福太郎深谷崇文山本秀人松田俊哉那賀 明NTTOCS2013-121 OPE2013-233
1チャネルあたりの伝送容量を拡大するために,複数のサブキャリア信号を多重したマルチキャリア伝送方式が検討されている.サブ... [more] OCS2013-121 OPE2013-233
pp.111-115(OCS), pp.151-155(OPE)
OCS, CS
(併催)
2013-01-24
15:25
愛媛 愛媛大学 統計解析アルゴリズムを用いたサイクルスリップ抑制によるデジタルコヒーレントシステムの伝送性能改善
濱岡福太郎関 剛志松田俊哉那賀 明NTTOCS2012-89
コヒーレント受信方式では,位相変調信号とローカル光源の光周波数のズレにより位相シフトが生じ,受信特性が劣化する.デジタル... [more] OCS2012-89
pp.25-29
OPE, LQE, OCS
(共催)
2012-10-26
13:55
宮崎 ホテルメリージュ(宮崎) デジタルコヒーレント方式における位相シフト補償アルゴリズム
濱岡福太郎関 剛志松田俊哉那賀 明NTTOCS2012-68 OPE2012-119 LQE2012-85
コヒーレント受信方式では,位相変調信号とローカル光源の光周波数のズレにより位相シフトが生じ,受信特性が劣化する.デジタル... [more] OCS2012-68 OPE2012-119 LQE2012-85
pp.141-145
OCS, CS
(併催)
2011-01-27
13:25
徳島 徳島大学 デジタルコヒーレント方式における偏波状態変動耐力の評価
濱岡福太郎関 剛志松田俊哉那賀 明織田一弘NTTOCS2010-100
100 Gb/sを超えるデジタルコヒーレント伝送において偏波多重信号とデジタル信号処理による偏波分離は必須の技術となって... [more] OCS2010-100
pp.7-12
OCS, CS
(併催)
2011-01-28
15:40
徳島 徳島大学 マルチプロトコル光クライアントインターフェースを有したハイブリッドクロスコネクトノード
関 剛志松田俊哉濱岡福太郎那賀 明織田一弘NTTOCS2010-117
近年の伝送容量増加に対して,40GbE や100GbE の需要も高まってきている.しかし,今もなお10GbEの需要もあり... [more] OCS2010-117
pp.105-110
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会