お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2020-09-02
11:00
ONLINE オンライン開催 ヘルスケアセンサネットワークのための遅延のある木による非同期データ送信
渋沢 進茨城大)・渡邉俊哉群馬高専COMP2020-9
ヘルスケアのための適切なセンサネットワーク技術を用いて,健康に関する情報を随時得ることによって,個人の生活を大幅に改善す... [more] COMP2020-9
pp.25-32
WIT 2014-12-11
15:20
東京 産業技術総合研究所 臨海副都心センター 深度画像センサを用いた拮抗体操支援システム
鎌田和樹渋沢 進茨城大WIT2014-66
現在,日本は超高齢社会であり,徹底した介護予防への取り組みが求められている.介護予防とは要介護状態の発生・悪化を防ぐこと... [more] WIT2014-66
pp.75-80
WIT 2014-03-07
10:35
茨城 筑波技術大学 春日キャンパス 深度センサを用いた下肢の椅子体操支援システムの開発
大塚直洋渋沢 進茨城大WIT2013-68
近年, 日本では高齢化の進行に伴い介護予防の重要性が高まってきている. 介護予防の中でも下肢の機能を維持することは重要で... [more] WIT2013-68
pp.7-12
MVE, IE, WIT, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2013-03-11
10:35
福岡 福岡工業大学 深度センサによる高齢者の見守りシステム
黒澤 瞬渋沢 進茨城大IMQ2012-37 IE2012-141 MVE2012-98 WIT2012-47
近年, ひとり暮らしをする高齢者の増加に伴い, 高齢者の生活を遠隔地から見守る社会的な必要性が生じている.ひとり暮らしで... [more] IMQ2012-37 IE2012-141 MVE2012-98 WIT2012-47
pp.17-22
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ 赤外線画像認識によりユーザ位置を識別するテーブルトップシステム
須藤翔太渋沢 進茨城大
テーブルトップシステムは対面での協調作業を支援するシステムである. テーブルトップシステムにおいて, ユーザ位置の識別の... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ 人の視界を表示するウォークスルーシステム
渡邉俊哉渋沢 進茨城大
人の視界を仮想的に再現するシステムにウォークスルーシステムがある.人の実際の位置と顔方向を求めて,顔方向のウォークスルー... [more]
MVE, HI-SIG-VR
(連催)
2011-10-14
15:40
北海道 稚内総合文化センター 2次元マーカと6軸センサを用いた手描き描画用AR入力インタフェース
佐野 充渋沢 進茨城大MVE2011-53
実世界映像にCGを重畳表示させる拡張現実を用いてスケッチや図形の手描き描画をするためには,ユーザのジェスチャで直感的なC... [more] MVE2011-53
pp.121-126
COMP 2011-04-22
10:05
京都 京都大学 P2Pシステムにおけるノードの離脱過程と生存ノードの接続
渋沢 進小林 守大野 博米倉達広茨城大COMP2011-2
P2Pシステムにおいて,ノードの離脱はシステムの維持に大きな影響を及ぼすため,ノードの離脱による影響を抑える方法が強く求... [more] COMP2011-2
pp.9-16
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2010-12-15
- 2010-12-17
宮崎 宮崎シーガイア 6軸無線ハイブリッドセンサを用いた高齢者の日常生活動作の計測と分析
佐藤祐一郎渋沢 進茨城大
高齢者の日常生活動作の理解は,高齢者の生活支援と介護者の支援のために重要である.高齢者の動作は若者の動作と比較して大きく... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2010-12-15
- 2010-12-17
宮崎 宮崎シーガイア リアルタイム全方位画像を用いたウォークスルー仮想環境の構築
劉 超渋沢 進米倉達広茨城大
実画像を用いた仮想環境システムは,モニタリングや景観閲覧などに利用できる.これまで多くの仮想環境システムはあらかじめ保存... [more]
IA 2005-05-25
13:30
愛知 名古屋大学(東山キャンパス) Authentication Probability of Multiple Connected Chains Model for Signature Amortization
Qusai AbueinSusumu ShibusawaIbaraki Univ.
マルチキャストストリームの認証において,データパケットごとに署名することによるオーバーヘッドを軽減する方法として,署名と... [more] IA2005-3
pp.13-18
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会