電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2016-07-08
16:35
東京 中央大学 データストレージ用磁気テープの保存安定性 ~ 高温環境下での加速試験 ~
片山和俊珍田裕佳見上竜雄清水 治鈴木真由美野口 仁富士フイルム
 [more]
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2015-12-11
09:50
愛媛 愛媛大学 高記録密度テープシステムにおけるタイミング・リカバリ方式の検討
武者敦史清水 治富士フイルム)・仲村泰明岡本好弘愛媛大MR2015-30
 [more] MR2015-30
pp.47-51
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2015-07-10
13:50
東京 早稲田大学 塗布型バリウムフェライトメディアの高密度化研究 ~ 面記録密度123GBPSIを実証した磁気テープ ~
小柳真仁諸岡 篤栗橋悠一清水 治多田稔生鈴木宏幸原澤 建富士フイルム
 [more]
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2015-06-04
16:10
宮城 東北大学 バリウムフェライト磁気テープのスペーシングに関する研究
小沢栄貴栗橋悠一清水 治富士フイルムMR2015-4
バリウムフェライト磁性体(BaFe)を用いた塗布型媒体はメタル磁性体(MP)を用いた媒体と比較して,ヘッド/テープの摺動... [more] MR2015-4
pp.25-29
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2014-12-11
15:05
愛媛 愛媛大学 高記録密度テープシステムにおける位相同期方式の検討
武者敦史富士フイルム/愛媛大)・清水 治富士フイルム)・仲村泰明岡本好弘愛媛大MR2014-32
媒体の搬送速度変動がディスク装置と比べて大きく,かつ動作点での信号対ノイズ比(SNR: signal to noise ... [more] MR2014-32
pp.23-27
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2014-07-17
15:20
東京 東京工業大学 塗布型バリウムフェライトテープの高密度化研究
小柳真仁原澤 建栗橋悠一清水 治多田稔生白田雅史鈴木宏幸富士フイルム
 [more]
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2013-11-15
13:50
東京 早稲田大学 データストレージ用磁気テープの長期実保存安定性
片山和俊珍田裕佳清水 治鈴木真由美野口 仁富士フイルム
 [more]
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2013-07-12
15:20
東京 中央大学 バリウムフェライト磁気テープにおける熱安定性パラメータ分布の影響
栗橋悠一清水 治富士フイルムMR2013-10
 [more] MR2013-10
pp.25-29
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2012-07-20
11:05
茨城 茨城大学 日立キャンパス リニアテープシステム用バリウムフェライト媒体の長期保存性能
栗橋悠一清水 治村田悠人浅井雅彦野口 仁富士フイルムMR2012-18
バリウムフェライト磁性体(BaFe)は優れた高記録密度特性を有し,アーカイブ用リニアテープにおいて現行のメタル磁性体(M... [more] MR2012-18
pp.53-57
ITE-MMS, MRIS
(連催)
2010-07-09
12:00
茨城 茨城大学 リニアテ-プシステム用バリウムフェライトテ-プの高密度化研究
原澤 建鈴木涼太武者敦史清水 治野口 仁富士フイルム
 [more]
MRIS, ITE-MMS
(共催)
2009-07-16
14:15
東京 東京工業大学 リニアテ-プシステムにおける塗布型バリウムフェライト媒体の高密度化研究
原澤 建松本彩子武者敦史清水 治富士フイルムMR2009-15
粒子体積1500nm3の微粒子バリウムフェライト磁性体を用いて熱安定性を確保したテ-プを作製した。GMRヘッドとGPR4... [more] MR2009-15
pp.13-17
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会