電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1〜10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
LOIS 2018-03-01
10:00
沖縄 那覇市IT創造館 機械学習を用いたオフィスワーカーの離着席推定のための学習データ自動収集手法の提案
池田大輔坪下幸寛大西健司富士ゼロックス
近年,先進国において全労働者の約75%が座位姿勢で仕事をしている.その中で, 長期間の座位姿勢は健康指標との関連性が示唆... [more] LOIS2017-71
pp.1-5
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2017-11-10
11:00
京都 京都産業大学むすびわざ館 環境センサを用いたオフィスワーカーの離着席推定
池田大輔坪下幸寛大西健司富士ゼロックス
近年,先進国において全労働者の約75%が座位姿勢で仕事をしている.その中で, 長期間の座位姿勢は健康指標との関連性が示唆... [more] ISEC2017-63 SITE2017-45 LOIS2017-40
pp.87-91
HCS 2017-08-20
16:05
東京 成蹊大学 ウェアラブルセンサを用いた行動認識のための学習データ自動収集手法の提案
山浦佑介池田大輔外池昌嗣坪下幸寛富士ゼロックス
本研究では,コミュニケーションの中でも非言語的な要素である,物体を介在する行動に着目し,ウェアラブルセンサを用いた行動認... [more] HCS2017-51
pp.25-28
WPT 2015-03-25
11:25
京都 京都大学宇治キャンパス 空気シャワーから等方的に放出されるマイクロ波検出に関する研究 ~ 次世代最高エネルギー宇宙線観測を目指して ~
山本常夏大田 泉甲南大)・荻尾彰一阪市大)・池田大輔東大
次世代の最高エネルギー宇宙線観測方法として、マイクロ波を使った測定方法を開発している。特に空気シャワーから等方的に放射さ... [more] WPT2014-105
pp.61-64
PRMU, SP
(共催)
2012-02-09
11:00
宮城 東北大学 青葉山キャンパス 顔領域の違いが読話性能に与える影響について
池田大輔桂田浩一入部百合絵新田恒雄豊橋技科大
読話とは口の動きや形状を読み取り発話内容を理解することである.従来の読話の研究の多くは口唇領域に対して行われてきた.しか... [more] PRMU2011-190 SP2011-105
pp.25-30
DE 2008-09-21
17:00
福島 飯坂ホテル聚楽 [ポスター講演]接尾辞木を用いた圧縮尺度計算による効率よいスパムポスト検出手法
上村卓史北大)・池田大輔九大)・有村博紀北大
本稿では,ブログや掲示板を対象とした内容ベースの効率よいスパムポスト検出手法を提案する.
本手法は,与えられた文書集合... [more]
DE2008-37
pp.15-16
RCS, MoNA, WBS, SR, MW
(併催)
2007-03-09
11:20
神奈川 YRP 交通安全を目的とする車両-歩行者間通信(VPEC)を用いた状況判定アルゴリズム
堀江真人池田大輔山口良太和田友孝岡田博美関西大
次世代ITSを目指した技術の1つとして、歩行者(自転車などを含む)が携帯する簡易通信機器と、周辺を走行する車両の通信機器... [more] MoMuC2006-79
pp.1-5
SS 2006-12-14
17:05
福岡 九州大学(伊都キャンパス) 背表紙画像を用いたネットワーク透過な仮想書架
宮川拓也山口恭平・○大森洋一池田大輔荒木啓二郎九大
 [more] SS2006-64
pp.49-54
NS, IN
(共催)
2005-03-03
09:20
沖縄 残波岬ロイヤルホテル(沖縄) Diffservネットワークにおける転送クラスを考慮したAnycast通信
筒井智也池田大輔阿部泰丈中庭明子榎原博之岡田博美関西大
近年、CDN(Contents Distribution Networks)などの技術登場により、様々なコンテンツが世界... [more] NS2004-214 IN2004-214
pp.85-90
NS, IN
(共催)
2005-03-04
10:50
沖縄 残波岬ロイヤルホテル(沖縄) ネットワーク負荷を考慮したCDN設計法
池田大輔片山久嗣中庭明子榎原博之岡田博美関西大
近年インターネットの発展に伴い、CDN(Content Distribution Networks)が注目されている。C... [more] NS2004-281 IN2004-281
pp.185-190
 10件中 1〜10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会