お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HWS
(第二種研究会)
2019-12-06
16:00
東京 浅草橋ヒューリックカンファレンス [ポスター講演]シストリックアレイ構造を持つDNN推論回路に対する相関電力解析を用いたDNNモデルのリバースエンジニアリング攻撃
吉田康太大倉俊介汐崎 充久保田貴也藤野 毅立命館大
 [more]
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-15
09:40
愛媛 愛媛県男女共同参画センター CMOSイメージセンサPUFを用いたデバイス認証へのモデリング攻撃
山田 寛大倉俊介汐崎 充白畑正芳藤野 毅立命館大ICD2019-34 IE2019-40
イメージセンサの真正性を保証するため,製造ばらつきを利用するCMOSイメージセンサPUF(CIS-PUF)が提案されてい... [more] ICD2019-34 IE2019-40
pp.31-36
HWS, VLD
(共催)
2019-02-28
17:10
沖縄 沖縄県青年会館 CMOSイメージセンサの画素ばらつきを活用したPUF(CIS-PUF)の誤り訂正手法の検討
一色良太白畑正芳立命館大)・大倉俊介ブリルニクスジャパン)・汐崎 充久保田貴也立命館大)・石川賢一郎高柳 功ブリルニクスジャパン)・藤野 毅立命館大VLD2018-121 HWS2018-84
IoT時代には情報の入り口であるセンサのセキュリティを高めることが必要である.我々の研究グループではCMOSイメージセン... [more] VLD2018-121 HWS2018-84
pp.169-174
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2018-12-23
09:30
沖縄 ホテルアトールエメラルド宮古島 [ポスター講演]CIS PUFを用いたセキュリティシステムの提案
井上 栞一色良太高野将平白畑正芳立命館大)・大倉俊介ブリルニクスジャパン)・汐崎 充久保田貴也立命館大)・石川賢一郎高柳 功ブリルニクスジャパン)・藤野 毅立命館大CAS2018-96 ICD2018-80 CPSY2018-62
我々のグループではCIS(CMOSイメージセンサ)にPUF(Physically Unclonable Function... [more] CAS2018-96 ICD2018-80 CPSY2018-62
pp.77-80
HWS, ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-07-26
15:00
北海道 札幌コンベンションセンター Fuzzy Extractorの誤り訂正回路に対するサイドチャネル攻撃
後藤裕太汐崎 充藤野 毅立命館大ISEC2018-43 SITE2018-35 HWS2018-40 ICSS2018-46 EMM2018-42
IoTデバイスの認証等に使用される暗号鍵を窃取する手法として,暗号回路動作時の消費電力や漏洩電磁波を用いたサイドチャネル... [more] ISEC2018-43 SITE2018-35 HWS2018-40 ICSS2018-46 EMM2018-42
pp.343-348
HWS
(第二種研究会)
2018-03-03
14:20
沖縄 沖縄県青年会館 車載環境下におけるMDR-ROM PUFを用いた安定的な鍵生成の検討
楠 卓朗村岸佑哉汐崎 充久保田貴也藤野 毅立命館大
(事前公開アブストラクト) Physical Unclonable Function (PUF) を用いて,デバイス固有... [more]
HWS
(第二種研究会)
2018-03-03
15:55
沖縄 沖縄県青年会館 サイドチャネル情報を用いた車載マイコンに対するファジングの効率化
谷口亮介久保田貴也汐崎 充白畑正芳藤野 毅立命館大
(事前公開アブストラクト) 近年,車載ネットワークからのパケットを用いたECUへの攻撃が増加しており,セキュリティ脆弱性... [more]
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-EMB, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2015-03-06
13:25
鹿児島 奄美市社会福祉協議会 会議室(2F・4F) 車載CAN通信の暗号化とリプレイ攻撃対策手法の実装評価
中野将志久保田貴也汐崎 充藤野 毅立命館大CPSY2014-163 DC2014-89
近年,安全運転支援システムや自動運転システムに見られるように自動車の高度な電子化,ネットワーク化が進展しており,それにと... [more] CPSY2014-163 DC2014-89
pp.7-12
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-27
16:25
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) サイドチャネル攻撃耐性を持つMDR-ROMに統合可能なPUF回路の設計と評価
西村隆志竹内章浩汐崎 充藤野 毅立命館大CPM2014-125 ICD2014-68
Physical Unclonable Function (PUF)を用いて製造ばらつきからデバイス固有の暗号鍵を生成す... [more] CPM2014-125 ICD2014-68
pp.15-20
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-EMB, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2014-03-15
18:05
沖縄 ICT文化ホール サイドチャネル攻撃対策AES暗号とPUF技術を用いた車載向け耐タンパ認証システムの設計と実装
中野将志鵜飼慎太郎柴谷 恵久保田貴也汐崎 充藤野 毅立命館大CPSY2013-106 DC2013-93
近年,暗号回路を搭載したICチップはクレジットカードや電子マネー,利用者認証など様々な用途で使用されている.しかし,秘密... [more] CPSY2013-106 DC2013-93
pp.139-144
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-27
09:40
鹿児島 鹿児島県文化センター ビアプログラマブルアナログ(VPA)回路設計とプログラマブルアナログ回路との性能比較
上田佳祐堀 遼平汐崎 充熊本敏夫藤田智弘藤野 毅立命館大CPM2013-110 ICD2013-87
LSIの開発コスト高騰問題や,設計容易性の観点からアナログ回路においてもプログラマブル回路が実用化され始めている.我々は... [more] CPM2013-110 ICD2013-87
pp.13-18
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-27
10:20
鹿児島 鹿児島県文化センター 耐タンパ性向上のためのHybrid Masking Dual-Rail ROMを用いたAES暗号回路の性能評価
鵜飼慎太郎中井綱人北村俊樹久保田貴也汐崎 充藤野 毅立命館大CPM2013-111 ICD2013-88
ICカード等に使用される暗号回路の設計には電力解析攻撃や電磁界解析攻撃等のサイドチャネル攻撃耐性を有する耐タンパ性が求め... [more] CPM2013-111 ICD2013-88
pp.19-24
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-27
10:45
鹿児島 鹿児島県文化センター サイドチャネル攻撃耐性を持つIO-Masked Dual-Rail ROMに統合可能なPUF回路の検討と設計
西村隆志菅谷周平竹内章浩汐崎 充藤野 毅立命館大CPM2013-112 ICD2013-89
複製困難な製造ばらつき情報を抽出しチップ固有の値を生成するPhysical Unclonable Function (P... [more] CPM2013-112 ICD2013-89
pp.25-30
IT 2013-01-21
13:15
東京 電気通信大学 物理的複製不可能関数(PUF)デバイスにおけるレスポンスの再現性向上のための軟判定Fuzzy Extractorの検討
谷口雅人汐崎 充村山貴彦久保博嗣藤野 毅立命館大IT2012-52
不正な複製を防止できる認証デバイスとして,半導体チップの製造時のばらつきを利用してデバイス固有のレスポンスを生成するPh... [more] IT2012-52
pp.19-24
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2012-11-28
10:55
福岡 九州大学百年講堂 Dual-Rail RSLメモリ方式を利用したサイドチャネル攻撃耐性を有するAES暗号回路
橋本祐樹汐崎 充久保田貴也藤野 毅立命館大CPM2012-120 ICD2012-84
安全な暗号回路の設計には電力解析攻撃等のサイドチャネル攻撃耐性を考慮する必要がある.我々は消費電力を入出力値に依存せず均... [more] CPM2012-120 ICD2012-84
pp.43-48
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2012-11-28
11:20
福岡 九州大学百年講堂 ビアプログラマブルアナログ回路VPAのチップ設計と特性評価
上田佳祐中澤 亮堀 遼平汐崎 充藤田智弘藤野 毅立命館大CPM2012-121 ICD2012-85
LSIの開発コスト高騰問題や,設計容易性の観点からアナログ回路においてもプログラマブル回路が実用化され始めている.我々は... [more] CPM2012-121 ICD2012-85
pp.49-54
RECONF 2012-09-18
13:20
滋賀 立命館大学 びわこくさつキャンパス エポック立命21 [招待講演]耐タンパ暗号回路のLSI設計手法
藤野 毅汐崎 充久保田貴也立命館大)・吉川雅弥名城大RECONF2012-29
機密情報を守るための暗号回路実装においては,差分電力解析(DPA:Differential Power Analysis... [more] RECONF2012-29
pp.31-36
VLD 2012-03-06
13:35
大分 ビーコンプラザ Dual-Rail RSLメモリ方式を用いた耐タンパDES暗号回路の設計
柴谷 恵岩井克彦汐崎 充浅川俊介藤野 毅立命館大VLD2011-125
 [more] VLD2011-125
pp.31-36
ICD 2011-12-15
13:00
大阪 大阪大学会館 [招待講演]耐タンパLSI設計技術 ~ 模倣品防止のための物理複製不可能なデバイス ~
藤野 毅古橋康太汐崎 充立命館大ICD2011-102
耐タンパLSI設計技術として,半導体製造バラツキからデバイス固有情報を生成するPhysical Unclonable F... [more] ICD2011-102
pp.13-18
ICD 2011-12-15
16:10
大阪 大阪大学会館 [ポスター講演]ビアプログラマブルアナログ(VPA)の提案と基本素子構造の検討
中澤 亮堀 遼平上田佳祐汐崎 充藤田智弘藤野 毅立命館大ICD2011-120
デジタル回路においては,FPGAのようなフィールドプログラマブル回路が普及しているが,アナログ処理用のフィールドプログラ... [more] ICD2011-120
pp.99-103
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会