電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HIP, ASJ-H
(共催)
2018-03-03
15:40
沖縄 那覇市IT創造館 他者観察下における変化検出課題成績と不安尺度得点との関係
金谷英俊愛知淑徳大)・永井聖剛立命館大HIP2017-99
 [more] HIP2017-99
pp.29-30
HIP 2017-03-10
14:20
大阪 脳情報通信融合研究センター 魅力的な顔は知覚されやすいのか? ~ 両眼視野闘争下の顔知覚における魅力度と性別の効果 ~
金谷英俊愛知淑徳大)・妹尾武治九大)・永井聖剛佐藤隆夫立命館大HIP2016-90
 [more] HIP2016-90
pp.91-92
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2015-05-20
14:10
沖縄 沖縄産業支援センター キーボードの材質が他者のパーソナリティ評価に与える効果
金谷英俊愛知淑徳大)・仲嶺 真筑波大)・苅谷健司住友林業)・永井聖剛愛知淑徳大HCS2015-32 HIP2015-32
キーボードの材質が他者のパーソナリティ評価に与える効果について検討を行った.実験参加者を,木質のキーボードを使用する群と... [more] HCS2015-32 HIP2015-32
pp.205-206
HCS 2013-11-09
14:25
大阪 大阪大学(豊中) バッと動かし、ギュッと押す! ~ 有声子音・無声子音と動作強度および大きさとの刺激反応適合性 ~
平田佐智子東大/産総研)・山田陽平奈良教大/産総研)・中川 岳筑波大)・永井聖剛産総研HCS2013-61
本研究では、従来概念との対応が主に検討されてきた音象徴に対し、動作の強度や速さといった反応出力との対応を検証した。音声ま... [more] HCS2013-61
pp.65-68
HCS 2013-11-09
16:40
大阪 大阪大学(豊中) パンチすると嫌いになる ~ 身体運動と人物の好意評価との関係 ~
山田陽平奈良教大/産総研)・八木善彦立正大)・永井聖剛産総研HCS2013-67
身体の状態や動作は種々の認知情報処理に影響を与える。本研究は,“なぐる”という身体動作が人物の顔の好ましさに影響するかど... [more] HCS2013-67
pp.97-99
HCS 2013-08-23
16:30
京都 立命館大学朱雀キャンパス 足踏みの自動的同期とコミュニケーションスキル
永井聖剛産総研)・本間元康国立精神・神経医療研究センター)・熊田孝恒京大)・長田佳久立教大HCS2013-36
本研究では2者間における対面状況での足踏み動作の同期の強さと自閉性傾向との関連について検討した。実験の結果,自閉性レベル... [more] HCS2013-36
pp.21-22
HIP 2013-07-14
11:05
新潟 新潟国際情報大学 大きいものは強く叩く! ~ 刺激・概念の諸特性と反応出力強度との適合性 ~
永井聖剛産総研)・山田陽平奈良教大/産総研)・中川 岳筑波大)・河原純一郎中京大/産総研HIP2013-41
刺激の物理的強度と反応強度との刺激反応適合性(例,「大―強」,「明―強」)について過去に数例の報告がある。本研究では新た... [more] HIP2013-41
pp.43-44
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ ポジティブ気分による拡散的創造性の促進
山田陽平名大/産総研)・永井聖剛産総研
人はポジティブな気分のときに創造的になる。本研究では,創造的思考を収束的なタイプと拡散的なタイプに分けて,ポジティブ気分... [more]
HCS, ITE-ME
(共催)
2008-10-11
10:35
東京 東京大学本郷キャンパス Classification Imageを用いた顔情報処理における個人差の検討
永井聖剛熊田孝恒産総研)・Patrick J. BennettM. D. RutherfordAllison B. SekulerMcMaster Univ.HCS2008-43
正答率や閾値を指標とする従来の研究手法では,例えば,顔画像が提示され個人弁別課題が与え,目と口のどちらを手がかりとして重... [more] HCS2008-43
pp.15-20
PRMU, HIP
(共催)
2008-09-05
11:00
神奈川 慶大 歩行動作の同期と社会的コミュニケーション
永井聖剛産総研)・本間元康長田佳久立教大)・熊田孝恒産総研PRMU2008-54 HIP2008-54
 [more] PRMU2008-54 HIP2008-54
pp.43-46
PRMU, HIP
(共催)
2007-09-03
10:45
愛知 名古屋大学 自閉症者と健常者の顔情報処理方略の比較 ~ classification image法を用いて ~
永井聖剛熊田孝恒産総研)・Patrick J. BennettMcMaster Univ.)・本間元康立教大)・M. D. RutherfordCarl M. GasparAllison B. SekulerMcMaster Univ.PRMU2007-53 HIP2007-62
 [more] PRMU2007-53 HIP2007-62
pp.29-36
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会