お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MW 2019-11-14
13:15
沖縄 南大東村多目的交流センター 2つのS/H回路のクロック信号と出力信号の位相差情報を用いたアンダーサンプリング周波数検出方式
和田 平水谷浩之中溝英之森 一富三菱電機MW2019-101
本稿では,2つのS/H回路を並列化し,入力信号をアンダーサンプリングするクロック信号の位相差と,S/H回路の出力信号の位... [more] MW2019-101
pp.7-12
SANE 2019-01-24
15:15
長崎 長崎県美術館 不均一な送信周期を用いた高速FMCWレーダにおける干渉波抑圧手法
橘川雄亮三本 雅水谷浩之福井範行宮崎千春三菱電機SANE2018-95
送信チャープを繰り返し用いることで複数の電波反射源の分離検出が可能な高速FMCW(Frequency Modulated... [more] SANE2018-95
pp.31-34
MW 2018-11-15
13:30
長崎 福江文化会館 S/H回路のクロック信号の位相・周波数を変化させることによるサブサンプリングPLLの位相制御手法
和田 平水谷浩之田島賢一三菱電機MW2018-97
APAAシステムにおいて,アンテナ素子の送信信号間の位相差を制御する手法の1つとして,LO波を生成するPLLの出力信号の... [more] MW2018-97
pp.31-34
ED, MW
(共催)
2018-01-26
10:20
東京 機械振興会館地下3階研修2号室 連続波を出力する送信モジュールアレーの校正に用いる単一のミクサで構成された位相振幅検波回路
水谷浩之田島賢一三菱電機ED2017-99 MW2017-168
 [more] ED2017-99 MW2017-168
pp.31-34
MW, EMCJ, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2017-10-20
16:20
秋田 あきた芸術村 温泉ゆぽぽ バンケットホール紫苑 複数の高調波を利用した周波数検出方式の高精度化の原理検証
下川床 潤水谷浩之田島賢一三菱電機EMCJ2017-57 MW2017-109 EST2017-72
本報告では、1〜m倍波までの合計m波を用いることで周波数検出方式を高精化する手法について述べる.提案手法では,m個の高調... [more] EMCJ2017-57 MW2017-109 EST2017-72
pp.167-170
MW, ICD
(共催)
2017-03-02
14:25
岡山 岡山県立大学 PLLの周波数検出と分周数制御を用いたチャープ信号の線形性向上処理手法
和田 平水谷浩之中溝英之田島賢一三菱電機MW2016-197 ICD2016-127
三角波状の周波数変化率が高い高速チャープ信号をPLLで生成する場合,その変曲点付近ではPLLの過渡応答によりオーバーシュ... [more] MW2016-197 ICD2016-127
pp.51-54
MW, ICD
(共催)
2017-03-02
14:50
岡山 岡山県立大学 高速FMCWレーダ用信号源の周波数検出の高速化手法
下川床 潤水谷浩之田島賢一三菱電機MW2016-198 ICD2016-128
 [more] MW2016-198 ICD2016-128
pp.55-58
MW, ICD
(共催)
2017-03-03
15:00
岡山 岡山県立大学 電磁シールド構造を有する表面実装型半導体パッケージを用いた小形カバーレス高周波送受信モジュール
水谷浩之石橋秀則半谷政毅藤原孝信田島賢一三菱電機MW2016-214 ICD2016-144
電子機器への高機能化および小形化要求に伴い、高密度に実装される部品間の電磁干渉による機器の誤動作を防ぐため、部品の上から... [more] MW2016-214 ICD2016-144
pp.141-144
MW 2016-11-17
14:55
佐賀 佐賀大学 GaN増幅器モジュールを用いた産業用マイクロ波加熱装置
弥政和宏山中宏治塩出剛士水谷浩之津留正臣河村由文吉岡貴章小松崎優治山口裕太郎中谷圭吾幸丸竜太森 一富福本 宏三菱電機MW2016-123
NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)からの委託事業「クリーンデバイス社会実装推進事業/省エネルギー社会を実現す... [more] MW2016-123
pp.39-42
MW 2016-01-14
14:45
東京 機械振興会館 電磁シールド構造を有するリードフレーム型半導体パッケージ
水谷浩之石橋秀則石田 清渡邊陽介檜枝護重三菱電機MW2015-162
 [more] MW2015-162
pp.17-20
MW, ED
(共催)
2015-01-16
14:15
東京 機械振興会館 フィードバックループの外部に可変分周器を接続した低位相雑音PLLシンセサイザ
水谷浩之樋口和英田島賢一檜枝護重三菱電機ED2014-133 MW2014-197
 [more] ED2014-133 MW2014-197
pp.95-98
MW 2014-11-21
15:20
長崎 長崎大 DDSを基準信号源としたFractional-N PLLによる広帯域スプリアス抑圧手法
樋口和英水谷浩之田島賢一檜枝護重三菱電機MW2014-145
Fractional-N PLLは,ΔΣ変調器と整数分周器を組み合わせて動作する分数分周器により,位相比較周波数を維持し... [more] MW2014-145
pp.119-122
MW 2014-11-21
16:10
長崎 長崎大 マンチェスタ符号を用いたクロック抽出回路およびデータ検出手法
橘川雄亮田島賢一平井暁人水谷浩之川上憲司三菱電機MW2014-147
マンチェスタ符号を用いたクロック抽出回路およびデータ検出手法について述べる.各ビットの中心で必ずHigh/Low(H/L... [more] MW2014-147
pp.129-132
MW 2014-03-05
16:40
愛媛 愛媛大学 PLLシンセサイザにおける出力周波数の離散性によるFMCWレーダのスプリアス周波数解析
樋口和英中溝英之水谷浩之川上憲司三菱電機MW2013-224
 [more] MW2013-224
pp.155-158
AP, MW
(併催)
2011-03-04
09:30
茨城 茨城大学 段間整合インダクタを用いた60GHz帯CMOSカスコード形LNAの試作
水谷浩之津留正臣谷口英司下沢充弘平野嘉仁三菱電機)・亀田 卓末松憲治高木 直坪内和夫東北大MW2010-164
 [more] MW2010-164
pp.73-78
MW, SCE
(共催)
2009-04-23
09:45
東京 機械振興会館 位相コヒーレンシー特性を有する多周波ステップミリ波発振器
水谷浩之三菱電機)・林 武宏三菱電機エンジニアリング)・津留正臣川上憲司檜枝護重三菱電機SCE2009-1 MW2009-1
多周波ステップICW (Interrupted Continuous Wave)方式のレーダに用いられる発振器には,複数... [more] SCE2009-1 MW2009-1
pp.1-4
MW 2008-11-21
10:55
長崎 長崎大学 エミッタにBPFを装荷した38GHz帯低位相雑音VCO
津留正臣水谷浩之川上憲司檜枝護重宮崎守泰三菱電機MW2008-136
 [more] MW2008-136
pp.103-106
MW 2008-05-30
15:15
京都 京都大(宇治) デュアルタップ結合型線路共振器を用いた低位相雑音VCO
西田和広水谷浩之津留正臣川上憲司檜枝護重三菱電機MW2008-29
低位相雑音VCOの構成として,線路共振器に能動回路および同調回路をそれぞれタップ結合で接続したデュアルタップ結合型線路共... [more] MW2008-29
pp.83-86
SCE, MW
(共催)
2008-04-22
09:40
東京 機械振興会館 ミリ波帯結合線路装荷反射型2周波出力VCO
水谷浩之西田和広津留正臣川上憲司檜枝護重三菱電機SCE2008-3 MW2008-3
ミリ波帯位相同期発振器の出力を逓倍する逓倍器を削減するため,従来の2次高調波出力VCOの構成をもとに,基本波出力のために... [more] SCE2008-3 MW2008-3
pp.13-18
MW, ED
(共催)
2007-01-17
14:55
東京 機械振興会館 反射形0次共振器を用いたKu帯発振器
水谷浩之津留正臣川上憲司西野 有宮崎守泰三菱電機
発振器の低位相雑音化には,高負荷Qの共振器の実現が重要である.筆者らは,伝搬位相定数が正のデバイスと負のデバイスを組み合... [more] ED2006-208 MW2006-161
pp.47-50
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会