お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-17
15:00
ONLINE オンライン開催 系列群化がリズム知覚に及ぼす影響
仁田 純近藤聡太郎橘 亮輔東大)・岡ノ谷一夫帝京大SP2022-7
音系列のうち音色が異なるもの同士は群化されにくい。このことがリズムパターンの知覚精度にも影響を与えるだろうか。本研究はこ... [more] SP2022-7
pp.24-25
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-18
15:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]拍の主観的な強さ:心理物理学的手法による定量の試み
近藤聡太郎東大)・岡ノ谷一夫帝京大/東大)・橘 亮輔東大SP2022-20
拍子は音楽構造の中核をなす。1つの強い拍と幾つかの弱い拍をひとまとめにすることで拍子は知覚される。この拍の強さは主観的な... [more] SP2022-20
pp.88-89
HIP, VRPSY
(共催)
ITE-HI, ASJ-H
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-27
17:30
ONLINE オンライン開催 社会報酬による鳴禽の発声条件づけ:第二報
橘 亮輔東京大)・池渕万季理研)・岡ノ谷一夫東京大/理研)・柳原 真帝京大HIP2021-64
 [more] HIP2021-64
pp.32-36
SP, WIT, ASJ-H
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2021-10-19
15:10
ONLINE オンライン開催 鳴禽を対象とした社会的報酬による発声オペラント条件づけ
橘 亮輔東大)・池渕万季理研)・岡ノ谷一夫東大/理研)・柳原 真帝京大
 [more] SP2021-35 WIT2021-28
pp.58-60
SP, WIT, ASJ-H
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2021-10-19
15:10
ONLINE オンライン開催 記銘困難な音響刺激を用いたメタ認知に基づくリスク選択と確信度評価の関係性
長村秀一大西啓詩同志社大)・橘 亮輔結城笙子東大
 [more] SP2021-36 WIT2021-29
pp.61-65
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-25
09:00
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [招待講演]発声制御とその学習の行動神経科学 ~ 小鳥のさえずりをモデルとして ~
橘 亮輔東大SP2014-5
鳴禽類をモデルとした発声制御の神経科学的研究を概説する。また、ヒトを対象とした神経科学的研究で得られてきた知見にもとづい... [more] SP2014-5
pp.29-34
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-25
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [研究紹介]骨粗鬆症診断のための超音波信号の特徴量解析 ~ モデル化・時間領域解析・周波数領域解析 ~
長谷芳樹神戸高専)・橘 亮輔東大SP2014-40
超音波による骨粗鬆症診断には,超音波は骨の弾性的性質を反映して伝搬する,被曝が無い,機器が安価である等の利点があり,筆者... [more] SP2014-40
pp.377-382
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-25
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [研究紹介] Adaptive adjustment of local temporal structure in song of Bengalese finches
Ryosuke O. TachibanaNeal A. HesslerKazuo OkanoyaUniv. of TokyoSP2014-44
 [more] SP2014-44
pp.407-410
SP 2011-11-29
13:00
福岡 九州大学 筑紫キャンパス 母音の調音の方言差 ~ MRI画像による検討 ~
藤本雅子国立国語研)・橘 亮輔甲南大/同志社大)・北村達也甲南大SP2011-78
母音の無声化の機序の検討の目的で,東京方言話者1名と大阪方言話者2名の調音の異同につきMRI動画の矢状断画像を解析した。... [more] SP2011-78
pp.55-59
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会