電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2017-05-17
14:50
沖縄 沖縄産業支援センター コミュニケーションロボットとの対話におけるモーションの効果 ~ 少自由度ロボットへの頷きの適用 ~
三宅明日香橋本 遼寺中晶郁森西優次NTTHCS2017-38 HIP2017-38
コミュニケーションロボットとの音声対話が身近になりつつある.これまで,ロボットとの対話に不慣れなユーザがロボットと対話す... [more] HCS2017-38 HIP2017-38
pp.255-260
ET 2017-03-10
15:55
愛媛 新居浜工業高等専門学校 描画したフォームの比較による身体動作の意図理解支援システム
橋本遼太小尻智子関西大ET2016-105
 [more] ET2016-105
pp.67-72
ET 2015-03-14
10:10
徳島 四国大学交流プラザ 身体スキル言語化のためのスケルトンモデルに基づいた身体動作描画ツール
橋本遼太小尻智子関西大ET2014-108
自身の身体動作を正しく理解することは、身体スキルを獲得するために重要である。自身の身体動作を描画によって外化することは、... [more] ET2014-108
pp.131-136
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2014-05-30
17:05
沖縄 沖縄産業支援センター インターネット接続不可環境での相互安否確認システムの検証
青木良輔橋本 遼濱口菜々宮田章裕瀬古俊一石田達郎渡辺昌洋井原雅行NTTHCS2014-42 HIP2014-42
 [more] HCS2014-42 HIP2014-42
pp.313-318
MVE, IE, IMQ, CEA
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2014-03-06
09:05
大分 別府国際コンベンションセンタ デジタルサイネージとモバイル端末を併用した複数人向け情報提示システムの評価
宮田章裕瀬古俊一青木良輔橋本 遼石田達郎伊勢崎隆司渡辺昌洋井原雅行NTTIMQ2013-25 IE2013-134 MVE2013-63
数人が同時に異なるコンテンツの詳細を閲覧可能な情報提示方式を提案し,実証実験の結果を報告する.既存のデジタルサイネージの... [more] IMQ2013-25 IE2013-134 MVE2013-63
pp.7-12
MVE, IE, IMQ, CEA
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2014-03-06
09:55
大分 別府国際コンベンションセンタ 災害時におけるレジリエント情報流通を実現するための端末間連携技術
瀬古俊一青木良輔宮田章裕橋本 遼石田達郎伊勢崎隆司渡辺昌洋井原雅行NTTIMQ2013-27 IE2013-136 MVE2013-65
災害から身の安全を確保できた後,避難者が必要としたのは災害に関する情報を得ることであった.しかし,インターネットが繋がら... [more] IMQ2013-27 IE2013-136 MVE2013-65
pp.19-24
HCS 2014-03-05
09:40
石川 山代温泉 瑠璃光 複数端末連携型災害時避難誘導サービスのユーザ受容性評価
石田達郎橋本 遼濱口菜々青木良輔宮田章裕瀬古俊一渡辺昌洋井原雅行NTTHCS2013-118
 [more] HCS2013-118
pp.77-82
HCS 2014-03-05
10:00
石川 山代温泉 瑠璃光 災害情報のデザイン手法に関する検討
渡辺昌洋橋本 遼瀬古俊一宮田章裕青木良輔石田達郎井原雅行NTTHCS2013-119
 [more] HCS2013-119
pp.83-88
HCS 2014-02-01
13:50
鹿児島 鹿児島大学 (郡元キャンパス) 視覚障がい者視点のウェブデザイン
渡辺昌洋橋本 遼濱口菜々浅野陽子NTTHCS2013-103
 [more] HCS2013-103
pp.187-192
HCS 2013-03-05
13:00
静岡 ホテルウェルシーズン浜名湖 アクセシブル災害情報デザインに関する検討
渡辺昌洋橋本 遼宮田章裕瀬古俊一青木良輔井原雅行小林 透NTTHCS2012-94
 [more] HCS2012-94
pp.91-98
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ インテントの時系列変化を考慮したボランティアマッチング支援手法
片岡泰之瀬古俊一青木良輔橋本 遼井原雅行渡辺昌洋渡部智樹小林 透NTT
大災害時には被災者の要望及びボランティアの支援は時間経過と共に劇的に変化する.事実,ボランティア支援の現場では,被災者の... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ マルチタッチスクリーンを用いた視覚障がい者向け文字入力方式
青木良輔瀬古俊一橋本 遼片岡泰之井原雅行渡辺昌洋小林 透NTT
近年,マルチタッチスクリーンを持つ携帯端末が普及し,視覚障がい者からもこの携帯端末を利用し たいという要望がある.しかし... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ ウェブアクセシビリティの配慮度合いに関連するデザイン方法の検討
渡辺昌洋橋本 遼森田敬樹浅野陽子NTT
インターネットの普及とともにウェブアクセシビリティはますます重要になっている.ウェブアクセシビリティの標準JIS X 8... [more]
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2012-05-22
16:40
沖縄 沖縄産業支援センター タッチパネル式インタフェースを持つ情報端末のアクセシビリティ
橋本 遼渡辺昌洋浅野陽子NTTHCS2012-15 HIP2012-15
タッチパネルは自分の選びたいところを指で押すだけの直観的な操作が可能であり,人気が非常に高まっている.特に,自分の使いや... [more] HCS2012-15 HIP2012-15
pp.109-114
HCS 2012-03-06
16:15
静岡 ホテルウェルシーズン浜名湖 高齢の初心者に向けたWeb利用方法のインストラクション手法に関する検討
橋本 遼渡辺昌洋安部伸治浅野陽子NTTHCS2011-87
インターネットは社会インフラとしての重要性を増し続けており,ICTサービス利用スキルの低い高齢者に対する支援は重要な課題... [more] HCS2011-87
pp.113-118
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2010-12-15
- 2010-12-17
宮崎 宮崎シーガイア 高齢者のWebスキルレベルの評価に関する研究
齋藤晴美林 阿希子橋本 遼渡辺昌洋浅野陽子NTT
高齢者のWeb利用の観察や調査等において,その結果をPCやWeb利用のスキルのレベルによって分類することがある.しかし,... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2010-12-15
- 2010-12-17
宮崎 宮崎シーガイア 高齢者と若年者におけるウェブ探索行動の違いに関する検討
渡辺昌洋橋本 遼米村俊一浅野陽子NTT
高齢者にやさしいウェブデザインを明らかにするために,高齢者と若年者におけるウェブ探索行動の違いを調べた.高齢者の認知特性... [more]
MoNA, IPSJ-MBL, IPSJ-DPS
(連催)
2010-05-20
14:20
沖縄 沖縄産業支援センター [奨励講演]ソーシャルネットワーク上の情報伝播において応答時間を短縮する報酬付与手法
橋本 遼高田善規新熊亮一京大)・田仲理恵板谷聡子土井伸一山田敬嗣NEC)・高橋達郎京大MoMuC2010-7
情報発信者が人々に情報を受信させるための手法として,人をノード,友人関係のつながりをリンクとしたソーシャルグラフを経路と... [more] MoMuC2010-7
pp.81-86
CQ, MoNA, IPSJ-AVM
(連催)
2009-07-10
14:25
北海道 小樽市民会館 インセンティブ報酬付与による情報伝播制御可能性の検証
橋本 遼新熊亮一京大)・小西 琢田仲理恵板谷聡子土井伸一山田敬嗣NEC)・高橋達郎京大MoMuC2009-24
情報通信技術の発達により,情報発信のコストは小さくなった一方で,受信者には多くの不要な情報も届くようになり,発信者側が情... [more] MoMuC2009-24
pp.77-82
MoNA, IPSJ-AVM, ITE-CE, ITE-ME
(共催)
2008-07-23
09:30
東京 芝浦工業大学 ユーザのコスト多様性に対応したインセンティブメカニズム
佐藤健一朗橋本 遼新熊亮一高橋達郎京大MoMuC2008-26
P2P情報共有では,参加ユーザによるコンテンツの提供という貢献行動が不可欠であるが,貢献行動にはストレージや帯域などのリ... [more] MoMuC2008-26
pp.1-6
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会