お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPM 2017-10-27
13:30
長野 信州大学 長野(工学)キャンパス E7棟 3階 研修室 化学気相堆積した窒化ホウ素炭素膜の形成条件の検討
小坂舞人浦上法之橋本佳男信州大CPM2017-67
ワイドバンドギャップエネルギーを有する炭素系化合物半導体の実現に向けて、化学気相堆積法によりグラファイト状窒化炭素へホウ... [more] CPM2017-67
pp.1-4
CPM 2017-10-27
15:10
長野 信州大学 長野(工学)キャンパス E7棟 3階 研修室 Cu2ZnSnS4光吸収層およびII-VI系バッファ層の界面制御
蓮池玲美ミョー タンテイ信州大)・百瀬成空長野高専)・伊東謙太郎橋本佳男信州大CPM2017-71
本稿では,Cu2ZnSnS4光吸収層とCdSベースのII-VI系バッファ層との界面状態を改善すべく,次の2つの方法を調査... [more] CPM2017-71
pp.23-27
CPM 2017-10-27
15:30
長野 信州大学 長野(工学)キャンパス E7棟 3階 研修室 Cu2ZnSnS4化合物薄膜太陽電池の開発 ~ プリカーサおよび基板の最適化 ~
長田孝幸ミョー タンテイ信州大)・百瀬成空長野高専)・伊東謙太郎橋本佳男信州大CPM2017-72
従来のCu2ZnSnS4(CZTS)化合物薄膜太陽電池の作製過程において,CZTS光吸収膜の剥離や異相結晶の混成が生じや... [more] CPM2017-72
pp.29-33
CPM 2017-10-27
15:50
長野 信州大学 長野(工学)キャンパス E7棟 3階 研修室 薄膜太陽電池用Cu2(Sn1-xGex)S3光吸収層の作製
小林 純ミョー タンテイ信州大)・百瀬成空長野高専)・伊東謙太郎橋本佳男信州大CPM2017-73
従来,Cu2(Sn1-xGex)S3(CTGS)光吸収層は,Moなどの裏面電極界面も硫化してしまい光吸収層との間に高抵抗... [more] CPM2017-73
pp.35-39
CPM 2010-10-28
14:50
長野 信州大学 工学部 地域共同研究センター3階研修室 超音波噴霧熱分解法によるZnOナノワイヤーの作製 ~ 溶媒の違いによる結晶形状への影響 ~
ミョー タン テイ・○安松 洋田中孝典橋本佳男信州大CPM2010-95
超音波噴霧熱分解法においてZnOナノワイヤーの形状制御が可能であることを確認し,原料溶液の添加物及び溶媒におけるメタノー... [more] CPM2010-95
pp.23-26
CPM 2010-10-29
10:50
長野 信州大学 工学部 地域共同研究センター3階研修室 太陽電池用Cu2ZnSnS4薄膜の作製 ~ プリカーサー及び硫化条件の影響 ~
ミョー タン テイ・○漢人康善橋本佳男信州大CPM2010-103
硫化物混合(Cu,ZnS,SnS$_2$)原料を用いた積層プリカーサーの希釈H$_2$Sによる硫化法,及び純金属のみ(C... [more] CPM2010-103
pp.59-63
CPM 2009-10-29
14:00
富山 富山県立大学 硫化法によるCZTS薄膜太陽電池
関 拓郎五十嵐重雄漢人康善信州大)・百瀬成空長野高専)・橋本佳男伊東謙太郎信州大CPM2009-89
$\mathrm{Cu_{2}ZnSnS_{4}}$(CZTS)は低コスト・低環境負荷の薄膜太陽電池の光吸収層として期待... [more] CPM2009-89
pp.1-4
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会