電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OFT 2018-10-11
14:00
宮城 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) [ポスター講演]パルス圧縮を適用したOOK信号に高非線形ファイバにおける相互位相変調を用いたOTDM-to-WDM変換
池畑 徹横田 嶺來住直人電通大OFT2018-30
全光信号処理によるOTDM-to-WDM変換実現のため,相互位相変調を利用した信号変換について検討し,相互位相変調に利用... [more] OFT2018-30
pp.85-88
OFT 2018-10-11
14:00
宮城 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) [ポスター講演]高非線形ファイバを用いたパルス圧縮及びNRZ-to-RZ波形変換の一括信号処理動作
寺師一輝横田 嶺來住直人電通大OFT2018-31
WDMからOTDMへの多重化方式変換を行う際に必要となるNRZ波形からRZ波形への変換と多重度を高めて多くの情報を伝達で... [more] OFT2018-31
pp.89-92
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2018-02-15
17:15
沖縄 沖縄県立博物館 講座室 波長多重信号における光フーリエ変換を用いた歪補償可変遅延線
横田 嶺高久優斗來住直人電通大OFT2017-73 OPE2017-177
全光信号処理のためのタイミング制御素子として光可変遅延線の実現が求められている.波長変換と分散性媒質を用いる手法があり,... [more] OFT2017-73 OPE2017-177
pp.23-28(OFT), pp.41-46(OPE)
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2016-11-11
14:00
長崎 長崎商工会議所 相互位相変調による光フーリエ変換を用いた歪補償可変遅延線
横田 嶺高久優斗來住直人電通大OFT2016-34
全光信号処理のためのタイミング制御素子として光可変遅延線の実現が求められている.本研究では波長変換と分散性媒質を用いる手... [more] OFT2016-34
pp.51-56
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会