お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2016-11-18
10:05
静岡 プラザ ヴェルデ 電子メール中の議論過程把握支援とその実践的評価
中山祐貴大沼 亮神長裕明福島大)・横山節雄宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2016-56
 [more] ET2016-56
pp.5-10
ET 2013-11-22
15:50
福島 会津大学 電子メール議論における応答粒度の多様性を考慮した議論過程抽出手法の設計
中山祐貴大沼 亮神長裕明福島大)・宮寺庸造横山節雄学芸大)・中村勝一福島大ET2013-67
研究活動を始めとする様々な知的活動の中で,電子メールを用いた議論を行う機会が多い.議論の過程・結果の把握は重要だが,扱う... [more] ET2013-67
pp.53-58
ET 2011-11-04
14:15
沖縄 琉球大学 記述形式の多様性を考慮した議論過程抽出アルゴリズムの検討
中山祐貴大沼 亮福島大)・宮寺庸造横山節雄学芸大)・中村勝一福島大ET2011-62
研究活動を始めとする様々な知的活動の中で,電子メールを用いた議論を行う機会が多い.これに対して,議論過程抽出に関する数多... [more] ET2011-62
pp.37-42
ET 2011-03-04
14:00
徳島 徳島大学(変更されました) ユーザの活動場面に適応的な研究活動支援システムの開発
児玉啓浩森本康彦学芸大)・中村勝一福島大)・横山節雄宮寺庸造学芸大ET2010-119
大学における研究活動では,発生する多様な情報を蓄積・活用することが重要である.しかし,研究初学者にとって,これらの蓄積さ... [more] ET2010-119
pp.151-156
ET 2011-03-04
14:20
徳島 徳島大学(変更されました) システム制約に適応的な研究環境構築のための可搬型支援システム
宇佐美晶宏神長裕明福島大)・森本康彦横山節雄宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2010-120
 [more] ET2010-120
pp.157-162
ET 2011-03-04
11:50
徳島 徳島大学(変更されました) 電子メール中の議論過程把握支援システムとその評価
中山祐貴福島大)・宮寺庸造横山節雄学芸大)・中村勝一福島大ET2010-135
 [more] ET2010-135
pp.247-252
ET 2010-11-26
10:00
東京 東京工業大学 プログラミング教育における学習者の状況に適応的な支援ツール選出システムの開発
山本耕大野崎 要森本康彦学芸大)・中村勝一福島大)・横山節雄宮寺庸造学芸大ET2010-50
本研究では,数多く開発されている既存のプログラミング教育支援ツールを,年間を通したプログラミング教育支援に有効に活用する... [more] ET2010-50
pp.7-12
ET 2010-11-26
10:55
東京 東京工業大学 電子メールを用いた議論過程把握支援システムの開発
中山祐貴福島大)・宮寺庸造横山節雄学芸大)・中村勝一福島大ET2010-52
本研究では,電子メールによる議論過程把握支援手法の開発に取り組んでいる.本稿では主に,提案手法に基づいた支援システムのプ... [more] ET2010-52
pp.19-24
ET 2010-11-26
15:55
東京 東京工業大学 Web上での話題遷移過程における着目箇所・ページクラスタの連携的抽出アルゴリズム
中村勝一井口智之神長裕明福島大)・横山節雄宮寺庸造学芸大ET2010-62
本研究では,Web上における話題の遷移過程抽出手法の開発に取り組んでいる.本稿では,情報探索を効率的に行うための手がかり... [more] ET2010-62
pp.77-82
ET 2010-03-05
14:15
高知 高知大 授業に適応的なWeb型教育環境のジェネレータ
春原将寿森本康彦学芸大)・中村勝一福島大)・河野真也横山節雄学芸大附属高校)・宮寺庸造学芸大ET2009-117
本研究では,教員が行いたい授業に適応的なWeb型教育ツール群を有するWeb型教育環境を自動生成するジェネレータを開発した... [more] ET2009-117
pp.77-82
ET 2009-12-11
11:05
沖縄 琉球大 プログラミング教育における学習者に適応的な支援システムの推薦手法
山本耕大学芸大)・中村勝一福島大)・森本康彦横山節雄宮寺庸造学芸大ET2009-82
 [more] ET2009-82
pp.175-180
ET 2009-10-09
14:05
北海道 函館高専 電子メールを用いた議論過程の発話レベルでの抽出手法とその基礎的評価
中山祐貴福島大)・宮寺庸造横山節雄学芸大)・中村勝一福島大ET2009-36
本研究では,電子メールを用いた議論の過程(議論の流れ)を抽出する手法を提案する.関連する既存手法の多くが電子メールレベル... [more] ET2009-36
pp.21-26
ET 2009-09-12
14:10
和歌山 和歌山大 学習環境ユビキタス実現のための適応的eラーニング環境ジェネレータの設計
春原将寿学芸大)・中村勝一福島大)・森本康彦学芸大)・河野真也学芸大附属高校)・横山節雄宮寺庸造学芸大ET2009-27
本研究では,教員が行いたい授業に適応的な機能群を有するeラーニング環境をUSBなどの可搬性の媒体上に自動構築を行う.これ... [more] ET2009-27
pp.27-32
ET 2009-05-23
10:35
東京 電気通信大 学習者に適応的なプログラミング学習環境構築のための支援システム選出モデル
山本耕大中野聡美柳生亜也子学芸大)・中村勝一福島大)・横山節雄宮寺庸造学芸大ET2009-1
 [more] ET2009-1
pp.1-6
ET 2009-03-07
11:30
香川 香川大 論文構成要素に着目した論文間関係把握支援システムの開発
白井宏和春原将寿中村勝一横山節雄宮寺庸造学芸大ET2008-97
効率的なサーベイ方法の1つとして,「目的」,「手法」,「対象」など論文中の
何らかの論文構成要素に着目し,論文間関係を... [more]
ET2008-97
pp.23-28
ET 2008-12-13
13:00
宮崎 宮崎大 電子メール中の議論過程抽出手法の提案
中山祐貴福島大)・宮寺庸造横山節雄学芸大)・中村勝一福島大ET2008-64
本研究では,電子メールを用いた議論の過程(議論の流れ)を抽出する手法を提案する.議論過程抽出の工程としては,まず,返信関... [more] ET2008-64
pp.35-40
ET 2008-11-21
14:35
石川 北陸先端大 論文構成要素に着目した論文間関係把握支援手法の提案
白井宏和学芸大)・中村勝一福島大)・横山節雄宮寺庸造学芸大ET2008-55
本研究では,サーベイ支援を目的とした論文間関係の抽出・視覚化手法を提案する.効率的な論文探索方法の一つとして,「目的」,... [more] ET2008-55
pp.27-32
ET 2008-07-19
16:55
福島 福島大学 街なかブランチ エラー要因事例ベースの動的学習手法を導入したC言語教育システムの開発と基礎的評価
山本耕大春原将寿大金克紀学芸大)・中村勝一福島大)・横山節雄宮寺庸造学芸大ET2008-29
本研究では,C言語初学者のための教育支援環境を開発する.具体的には,まず事例ベース推論によるコンパイルエラーと論理エラー... [more] ET2008-29
pp.67-72
ET 2008-03-08
14:05
徳島 徳島大学 研究活動支援における場面に適応的な情報抽出・視覚的提示手法
石川弥智代学芸大)・中村勝一福島大)・横山節雄宮寺庸造学芸大ET2007-103
大学における研究活動では,サーベイや調査,発表などの様々な活動場面が存在している.それらの活動場面では,論文や発表資料,... [more] ET2007-103
pp.107-112
ET 2008-03-08
14:55
徳島 徳島大学 Web探索支援のための話題遷移過程の着目箇所・ページクラスタ抽出手法
井口智之神長裕明福島大)・横山節雄宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2007-105
 [more] ET2007-105
pp.119-124
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会