電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE 2019-08-29
10:30
愛知 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 高齢者における歩行支援ロボットを用いた心身マルチタスクトレーニングが精神的健康へ及ぼす効果の検討
岡田直人名大)・横矢真悠山田和範パナソニック)・森田純哉静岡大)・上出寛子吉田直人榎堀 優間瀬健二名大MVE2019-3
本研究では,高齢者を対象に心身マルチタスクトレーニングを行い,トレーニングが与える精神的影響を検討した.身体課題と認知課... [more] MVE2019-3
pp.1-6
MVE 2019-08-29
10:55
愛知 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 白杖先端刺激提示による円滑な曲線歩行誘導に適した仮想誘導路デザインの検討
榎堀 優渡辺博文吉田直人間瀬健二名大MVE2019-4
我々は,旧来からの経験を応用できる視覚障碍者の歩行誘導として,白杖先端への刺激提示を用いる方法を
提案している.本稿で... [more]
MVE2019-4
pp.7-12
MVE 2019-08-30
15:40
愛知 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 足裏・甲への振動刺激知覚における振動源の数と位置関係の影響に関する予備的検討
吉田直人名大)・平野隼壮米澤朋子関西大)・榎堀 優間瀬健二名大MVE2019-19
本研究の目的は,足部位への振動刺激提示により視覚障碍者の歩行を支援することである.
本稿では,振動刺激による歩行誘導情... [more]
MVE2019-19
pp.73-78
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
09:50
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 歩行支援ロボットを用いた高齢者の心身マルチタスクトレーニング効果の検討
岡田直人渥美裕貴名大)・横矢真悠山田和範パナソニック)・森田純哉静岡大)・上出寛子吉川大弘古橋 武榎堀 優間瀬健二名大IMQ2018-54 IE2018-138 MVE2018-85
本研究では,心身マルチタスクトレーニングが高齢者に与える効果を検討した.身体課題と認知課題を同時に行うマルチタスク群(M... [more] IMQ2018-54 IE2018-138 MVE2018-85
pp.183-188
HCS 2019-03-08
13:10
北海道 北星学園大学 日常物体画像に対する空間的注意に着目した難易度調節可能な視覚的認知課題の検討
檜作孟志榎堀 優間瀬健二名大HCS2018-83
近年,高齢化が進み認知症予防の需要が高まっている.認知症予防手法の1つとして認知課題を解く認知トレーニングが行われている... [more] HCS2018-83
pp.93-98
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 畳み込みニューラルネットワークによる感情を伴う脳活動の抽象化
佐久間一輝森田純哉静岡大)・野村太輝平山高嗣榎堀 優間瀬健二名大
近年様々な分野において深層学習を用いた研究が行われており,それに伴って深層学習によって学習されたネットワークの可視化手法... [more]
MVE, ITE-HI
(連催)
2018-06-14
15:20
東京 福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター(会場変更になりました) 心身マルチタスク訓練による身体能力改善効果の検討
岡田直人渥美裕貴名大)・横矢真悠山田和範パナソニック)・汪 雪婷上出寛子森田純哉榎堀 優間瀬健二名大MVE2018-5
本研究では心身マルチタスク課題について,身体タスクと認知タスクをそれぞれ個別に実施した場合との 比較から身体能力改善効果... [more] MVE2018-5
pp.61-66
MVE, ITE-HI
(連催)
2018-06-15
16:00
東京 福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター(会場変更になりました) 日常物体画像を用いた変化検出課題における難易度調節手法の検討
檜作孟志平山高嗣榎堀 優間瀬健二名大MVE2018-10
近年,高齢化が進み認知症予防の需要が高まっている.認知症予防手法の1つとして認知課題を解く認知トレーニングが行われている... [more] MVE2018-10
pp.167-172
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2018-03-10
13:35
茨城 筑波技術大学 白杖先端刺激提示による仮想誘導路デザインの直線歩行における検討
渡辺博文榎堀 優名大)・米澤朋子関西大)・間瀬健二名大WIT2017-84
我々は,白杖の利用経験を応用できる歩行誘導システムとして,白杖先端への衝撃刺激提示による仮想誘導路の構築を提案している.... [more] WIT2017-84
pp.157-162
MVE 2017-10-19
11:10
北海道 北見工業大学 注視対象に基づく作業比較可能な複数一人称映像の視聴インタフェースの提案
梅澤侑生平山高嗣榎堀 優間瀬健二名大MVE2017-25
多くの知的作業において身体的・感覚的技能が存在し,これらの技能の効率的な伝承は長年の課題である.技能を形式知化するために... [more] MVE2017-25
pp.7-12
MVE 2017-10-19
15:35
北海道 北見工業大学 個性5因子モデルを含む視聴者属性と多視点映像の視点選択傾向の関連性分析
汪 雪婷榎堀 優平山高嗣原 健翔間瀬健二名大MVE2017-30
高い臨場感と自由度で視聴を楽しめる多視点映像は,
カメラ台数の増加と共に,多くの視点から視聴者の視点選択傾向に合った
... [more]
MVE2017-30
pp.29-34
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2017-03-06
14:40
福岡 九州大学大橋キャンパス 5号館 カジュアルセンシングによる健康長寿力指標に関する検討
間瀬健二名大)・森田純哉静岡大)・平山高嗣榎堀 優名大)・山田和範横矢真悠パナソニックIMQ2016-29 IE2016-144 MVE2016-52
簡易脳波計や非侵襲センサを使った生理・行動センシングにより、体験・生体データのライフログを日常的に取得・蓄積する技術が利... [more] IMQ2016-29 IE2016-144 MVE2016-52
pp.51-56
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと 視聴モデルに基づく多視点映像の視聴支援のための視聴者分類
汪 雪テイ原 健翔榎堀 優平山高嗣間瀬健二名大
複数の視点から撮影されることで高い臨場感と自由度での視聴を楽しめる多視点映像は,
スポーツ放送や監視システムなど幅広い... [more]

HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと 視覚的注意に着目した一人称視点映像の釘付け視聴方式の提案
梅澤侑生平山高嗣榎堀 優間瀬健二名大
近年,頭部に装着するウェアラブルカメラの普及により,一人称視点映像の撮影と共有が盛んになっている.カメラ装着者の視点から... [more]
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2016-03-08
13:00
沖縄 名桜大 視聴対象の軌跡分布に基づくサッカー多視点映像の視点推薦
汪 雪テイ原 健翔榎堀 優間瀬健二名大IMQ2015-69 IE2015-168 MVE2015-96
臨場感と自由度が高い複数視点から撮影される多視点映像は,スポーツ放送や監視システムなど幅広い応用に使用されている.しかし... [more] IMQ2015-69 IE2015-168 MVE2015-96
pp.235-240
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2016-01-21
10:00
大阪 阪大銀杏会館 布圧力センサを用いた睡眠時の姿勢分類
林 千尋原 健翔榎堀 優間瀬健二名大PRMU2015-117 MVE2015-39
褥瘡は同一姿勢が長時間継続すると発生リスクが高まるため,睡眠姿勢継続の検出による介護補助システムの構築が望まれている.そ... [more] PRMU2015-117 MVE2015-39
pp.41-46
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 探索目標の視覚特徴分布を考慮した誘目度推定モデル
大平隼也平山高嗣榎堀 優間瀬健二名大
近年,視線に基づく人間共生型ロボットやドライバーの安全運転支援といった,視覚情報をメディアとした情報システムが注目されて... [more]
AI, JSAI-DOCMAS, JSAI-KBS, JSAI-SAI, IPSJ-ICS
(連催)
2013-03-10
- 2013-03-13
北海道 ルスツリゾート 株式市場における相転移の検出のための異常状態検知
梅岡利光名大)・鳥海不二夫東大)・平山高嗣榎堀 優間瀬健二名大AI2012-52
 [more] AI2012-52
pp.67-72
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ ゲーミフィケーションを用いた対話エージェントのための学習データ獲得
岩田直之名大)・鳥海不二夫東大)・平山高嗣榎堀 優名大)・稲葉通将広島市大)・間瀬健二名大
我々は特定のタスクを持たない雑談などの対話を行なう対話エージェントの実現を目指している.
雑談を行なうためには,様々な... [more]

 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会