お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 32件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2020-03-07
10:35
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
eポートフォリオを用いた学習者の主体的な学びを支援する問題演習システムの提案
佐々木さや香森本康彦学芸大ET2019-77
近年,児童生徒一人一人の資質・能力や適性に応じた,公正に個別最適化された学びの実現が求められている.特に,数学教育におい... [more] ET2019-77
pp.7-12
ET 2020-03-07
11:00
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
外れ値分析を用いて自己評価の変化を検出する評価支援システムの開発
蛯名哲也森本康彦学芸大ET2019-78
現在,学習者が様々な学習活動において自己評価を通し,見通しを持って粘り強く取り組み,自己の学習活動を振り返って次につなげ... [more] ET2019-78
pp.13-18
ET 2018-03-03
13:10
高知 高知工科大学(永国寺キャンパス) 大学研究室における研究活動の多様性を考慮した管理支援システムの開発
大浦拓馬佐藤克己森本康彦学芸大)・中山祐貴早大)・中村勝一福島大)・宮寺庸造学芸大ET2017-95
大学研究室における研究活動は研究室独自の活動方針(以下,研究室ルール)に基づいて,4つのタスク(研究活動の計画,計画通り... [more] ET2017-95
pp.35-40
ET 2017-05-27
14:35
東京 創価大学 大学研究室における活動の多様性を考慮した支援システムのための研究活動記述文法の開発
大浦拓馬佐藤克己森本康彦学芸大)・中山祐貴早大)・中村勝一福島大)・宮寺庸造学芸大ET2017-8
大学研究室における研究活動では,研究室の活動ルールのもと,学生が活動の計画・研究情報の蓄積・振り返りを主体的に遂行するこ... [more] ET2017-8
pp.41-46
ET 2017-01-28
16:30
神奈川 国立特別支援教育総合研究所 プログラミング演習における学習状況推定のためのソースコード編集過程分析手法の開発
石和田 圭森本康彦学芸大)・中村勝一中山祐貴福島大)・宮寺庸造学芸大ET2016-92
プログラミング演習授業において,学習者のソースコードの編集パターンと学習状況の関連をあらかじめ明らかにしておくことで,ソ... [more] ET2016-92
pp.75-80
ET 2016-09-24
13:10
鳥取 鳥取環境大学 eラーニングにおける主体的な学びを促進させる「Vマーク式学習法」の提案
富永健斗森本康彦丸山浩平宮寺庸造学芸大ET2016-34
近年,タブレット端末の普及により再びeラーニングが注目を集めている.しかし,eラーニングによる学習では,自らの学習を調整... [more] ET2016-34
pp.1-6
ET 2016-07-09
11:50
宮城 東北学院大学 プログラミング学習における学習状況推定のためのソースコード編集履歴分析ツールの開発
石和田 圭森本康彦学芸大)・中村勝一福島大)・宮寺庸造学芸大ET2016-25
本研究では,プログラミング演習授業における,学習者のプログラミング過程に基づいた学習状況推定を目的とする.目的達成のアプ... [more] ET2016-25
pp.21-26
ET 2015-07-04
15:30
北海道 北教大 札幌駅前サテライト スライドの構成的特徴と聴衆視線のハイブリッド分析に基づくプレゼンテーションスライド中の問題箇所抽出
船山智広中山祐貴大沼 亮神長裕明福島大)・森本康彦宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2015-31
プレゼンテーション能力の育成ニーズが高まっており,中でも,スライドの作成・推敲は,重要な能力の1つであるが,その育成は容... [more] ET2015-31
pp.49-54
ET 2015-03-14
11:00
徳島 四国大学交流プラザ ソフトウェア開発演習における自動テスト実践支援システム
大橋旭雄学芸大)・神長裕明中村勝一福島大)・森本康彦宮寺庸造学芸大ET2014-87
本研究では,ソフトウェア開発演習の場において,開発初心者が自動テストを用いた開発を円滑に実践できることを目的とし,テスタ... [more] ET2014-87
pp.13-18
ET 2014-01-11
16:40
東京 目白大学 論理階層モデルを用いた情報モラル教材生成システム
榎本智宏森本康彦学芸大)・中村勝一福島大)・宮寺庸造学芸大ET2013-88
情報モラル教育では,既存教材の多くはパッケージ単位で作成されているが,情報社会の技術等の進展に伴い修正が必要とされる.一... [more] ET2013-88
pp.121-126
ET 2013-11-22
11:20
福島 会津大学 学習履歴を活用した支援ツールのためのプログラミング学習基盤環境
大橋旭雄野崎 要伊藤雄貴森本康彦学芸大)・中村勝一福島大)・宮寺庸造学芸大ET2013-60
本研究では,プログラミング学習支援ツールが用いる多種多様な学習履歴の一元的な収集と,支援ツール間での共有性を考慮した管理... [more] ET2013-60
pp.15-20
ET 2013-11-22
15:00
福島 会津大学 意味構造を考慮した表の操作手法
張 麗娜学芸大)・青木浩幸イーテキスト研)・森本康彦学芸大)・中村勝一福島大)・宮寺庸造学芸大ET2013-65
既存の表操作を行うアプリケーションでは,表の操作に伴うセル間の関係構造(意味構造)の維持は人力によって行われている.しか... [more] ET2013-65
pp.41-46
ET 2013-10-19
15:05
富山 富山大学(五福キャンパス) eポートフォリオシステム「Mahara」における省察的学習支援機能の開発とその評価
森本康彦学芸大ET2013-55
近年,多くの大学が学習者中心の教育の実現のためにeポートフォリオシステムの導入を行っている.その中で,オープンソースシス... [more] ET2013-55
pp.25-30
ET 2012-11-17
14:20
佐賀 佐賀大学(本庄キャンパス) プログラミング学習履歴分析のための系列パターンマイニング手法の開発
野崎 要森本康彦学芸大)・中村勝一福島大)・宮寺庸造学芸大ET2012-61
本研究は,プログラミング演習授業における学習プロセスに基づいた学習履歴分析支援の実現を目的とする.本稿では目的達成のため... [more] ET2012-61
pp.49-54
ET 2012-03-10
10:40
香川 香川高等専門学校(詫間キャンパス) 初歩の自己調整者の成長を促す自己調整モデルに基づいた支援システム
張 セイ森本康彦学芸大)・中村勝一福島大)・宮寺庸造学芸大ET2011-130
 [more] ET2011-130
pp.173-178
ET 2012-03-10
14:30
香川 香川高等専門学校(詫間キャンパス) 研究活動文脈の作業横断的抽出・組織化手法とその蓄積活用支援
大沼 亮中山祐貴神長裕明福島大)・森本康彦宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2011-137
研究活動は,議論や論文執筆,サーベイなど様々な作業から構成される.その経緯や結果(文脈情報)を上手く蓄積し,後の作業に活... [more] ET2011-137
pp.215-219
ET 2011-07-16
13:50
北海道 室蘭工業大学 研究活動における作業間の溝を繋ぐ情報提示・蓄積手法の提案
大沼 亮中山祐貴神長裕明福島大)・森本康彦宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2011-30
 [more] ET2011-30
pp.35-40
ET 2011-03-04
09:35
徳島 徳島大学(変更されました) 授業に適応した情報モラル教材の動的構成手法
井川 将森本康彦河野真也学芸大)・中村勝一福島大)・松浦 執宮寺庸造学芸大ET2010-92
 [more] ET2010-92
pp.5-10
ET 2011-03-04
09:55
徳島 徳島大学(変更されました) 協調ソフトウェア設計演習のための技術文書作成支援システムの開発
後藤史兆村上俊政武田啓伸神長裕明福島大)・森本康彦宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2010-93
 [more] ET2010-93
pp.11-16
ET 2011-03-04
14:00
徳島 徳島大学(変更されました) ユーザの活動場面に適応的な研究活動支援システムの開発
児玉啓浩森本康彦学芸大)・中村勝一福島大)・横山節雄宮寺庸造学芸大ET2010-119
大学における研究活動では,発生する多様な情報を蓄積・活用することが重要である.しかし,研究初学者にとって,これらの蓄積さ... [more] ET2010-119
pp.151-156
 32件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会