お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 114件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, RCS, NV
(併催)
2020-05-22
09:30
神奈川 慶應義塾大学 アンテナ素子配置選択型アダプティブアレーアンテナのアンテナ素子選択基準の一検討
鈴木貴大梅林健太東京農工大)・Quang-Doanh Vuオウル大RCS2020-18
 [more] RCS2020-18
pp.43-48
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-06
13:30
東京 東京工業大学 [ポスター講演]920MHz帯LoRa通信の半波長間隔での電波伝搬測定結果
三好夏生成枝秀介三重大)・藤井威生電通大)・梅林健太東京農工大)・成瀬 央三重大RCS2019-406 SR2019-140 SRW2019-90
 [more] RCS2019-406 SR2019-140 SRW2019-90
pp.411-412(RCS), pp.135-136(SR), pp.135-136(SRW)
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-06
13:30
東京 東京工業大学 [ポスター講演]920MHz帯LoRaネットワークを用いた環境情報測定結果
鶏内あゆみ成枝秀介三重大)・藤井威生電通大)・梅林健太東京農工大)・成瀬 央三重大RCS2019-407 SR2019-141 SRW2019-91
 [more] RCS2019-407 SR2019-141 SRW2019-91
pp.413-414(RCS), pp.137-138(SR), pp.137-138(SRW)
CS, CAS
(共催)
2020-02-28
10:15
熊本 崇城大学 LoRaネットワークにおけるエンドデバイス生存期間拡張のための拡散率割当法の検討
成枝秀介三重大)・藤井威生電通大)・梅林健太東京農工大CAS2019-116 CS2019-116
 [more] CAS2019-116 CS2019-116
pp.105-110
SR 2019-12-05
13:50
沖縄 石垣市民会館(石垣島) [ポスター講演]屋内環境での各フロアにおける920MHz帯LoRa電波伝搬測定結果
宮本太郎成枝秀介三重大)・藤井威生電通大)・梅林健太東京農工大)・成瀬 央三重大SR2019-95
 [more] SR2019-95
pp.45-46
SR 2019-12-06
10:25
沖縄 石垣市民会館(石垣島) LBT方式を用いたLoRaネットワーク特性の信号検出理論に基づく近似解析
成枝秀介三重大)・藤井威生電通大)・梅林健太東京農工大SR2019-101
 [more] SR2019-101
pp.69-73
SR 2019-12-06
10:50
沖縄 石垣市民会館(石垣島) SNR推定を伴う電力検出閾値の設定に関する一検討
岩田大輝梅林健太東京農工大SR2019-102
電力検出は計算量や検出に必要な事前情報の観点からスペクトラムセンシングや周波数利用観測によく用
いられる検出法である.... [more]
SR2019-102
pp.75-82
SR 2019-12-06
11:15
沖縄 石垣市民会館(石垣島) 直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法の一検討
石原 俊梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大SR2019-103
本発表では、直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法について検討を行う。
受信信号の振幅にランダム性がある場合... [more]
SR2019-103
pp.83-86
SR 2019-12-06
16:15
沖縄 石垣市民会館(石垣島) Unslotted ALOHA方式を用いた省電力LoRaネットワークのための拡散率割当法の検討
成枝秀介三重大)・藤井威生電通大)・梅林健太東京農工大SR2019-110
 [more] SR2019-110
pp.131-136
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法の一検討
石原 俊梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大
本発表では,直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法について検討を行う.受信信号の振幅にランダム性がある場合,信... [more]
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [依頼講演]ダイナミック周波数共用のための周波数利用観測システムの開発
岩田大輝Ahmed Al-Tahmeesschi梅林健太東京農工大
周波数資源を動的に共用するためには,周波数利用率などの周波数利用に関する統計情報が有用である.
周波数利用は,時間,周... [more]

RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]状態判定に基づいた再帰型ニューラルネットワークを用いた周波数利用率予測の一検討
笠原芳樹岩田大輝Ahmed Al-Tahmeesschi梅林健太東京農工大
 [more]
SR 2019-11-04
11:00
海外 Rutgers University, NJ, USA [ポスター講演]An Efficient Noise Floor Estimation for Spectrum Measurements
Hiroki IwataKenta UmebayashiTUATSR2019-68
 [more] SR2019-68
pp.9-16
RCS, SAT
(併催)
2019-08-23
14:20
愛知 名古屋大学 [依頼講演]IoT統合モニタリングシステムの研究開発
成枝秀介三重大)・藤井威生電通大)・梅林健太東京農工大SAT2019-43 RCS2019-172
 [more] SAT2019-43 RCS2019-172
p.131(SAT), p.129(RCS)
SRW 2019-08-19
11:15
愛知 南山大学 [依頼講演]キャリアセンス付きLoRaネットワークのための拡散率割当法に関する検討
成枝秀介三重大)・藤井威生電通大)・梅林健太東京農工大SRW2019-17
 [more] SRW2019-17
pp.25-28
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
09:35
大阪 I-Siteなんば(大阪) Duty Cycle のARモデル化に関する一検討
大川航平岩田大輝梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomäkiオウル大)・Miguel López-Benítezリヴァプール大)・Satya Joshiオウル大SR2019-29
動的な周波数共用では,周波数利用に関する統計情報の活用が有用とされている.
本稿では,時間軸方向の周波数利用率に相当す... [more]
SR2019-29
pp.59-64
SR 2019-05-31
10:00
東京 東京ビッグサイト [技術展示]スマートスペクトラムアクセスのための協調型周波数利用観測システムプロトタイプの開発
岩田大輝梅林健太東京農工大SR2019-16
Smart Spectrum Access (SSA) では,高精度かつ長時間、広帯域、そして広域の周波数利用観測を実現... [more] SR2019-16
pp.97-103
SR 2019-05-31
10:00
東京 東京ビッグサイト [技術展示]無線LANチャネルのスマートフォーンアプリケーションによる評価法の一検討
八尋義範蛯澤皓斗梅林健太東京農工大SR2019-19
電波環境を手軽に調査するためのツールとしてwifi解析用のスマートフォーンアプリケーションがあげられる.本稿では、スマー... [more] SR2019-19
pp.113-118
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-06
14:35
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク アウテージ解析によるLoRa/LoRaWAN電波伝搬特性の評価
稲垣健太成枝秀介三重大)・藤井威生電通大)・梅林健太東京農工大)・成瀬 央三重大SR2018-125
 [more] SR2018-125
pp.31-36
SR 2019-01-25
16:40
福島 コラッセふくしま(福島県福島市) 広く適用可能な周波数利用のモデル化に関する検討
山田健斗梅林健太東京農工大SR2018-119
周波数利用に関する統計情報を用いることで,ダイナミックスペクトラムアクセス(DSA) の性能向上を図ることができる.本検... [more] SR2018-119
pp.141-147
 114件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会