電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP 2019-03-15
10:00
福島 旅館 湯乃家(福島・飯坂温泉) 和差パターンを用いる指向性変調アレーアンテナの動的励振分布制御法
栗山 侑紀平一成大塚昌孝深沢 徹米田尚史三菱電機
 [more] AP2018-191
pp.29-34
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-08
16:30
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク [奨励講演]5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMOシステムの開発
井浦裕貴西本 浩栗山 侑中溝英之内野大地岩山直文岡崎彰浩三菱電機)・野中信秀須山 聡増野 淳鈴木恭宜今井哲朗NTTドコモ)・岡村 敦三菱電機)・奥村幸彦NTTドコモ
高周波数帯(SHF~EHF 帯)を活用した第5 世代移動通信システム(5G)が脚光を浴びており,飛躍的な周波数利用効率を... [more] RCS2018-332
pp.261-266
AP 2019-02-22
13:00
大阪 住友電工(大阪製作所) [依頼講演]5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMO向けアンテナRFフロントエンドモジュールの開発
渡辺 光山口 聡森重秀樹森本康夫中溝英之堤 恒次新庄真太郎岡崎彰浩栗山 侑深沢 徹米田尚史三菱電機
第5世代移動通信システム(以下5G)では,多様なアプリケーションに対応するために通信の高速・大容量化,多数端末の同時接続... [more] AP2018-180
pp.59-64
AP 2018-05-17
11:25
熊本 熊本大学 和差パターンを用いる指向性変調アレーアンテナの励振振幅一様化法
栗山 侑紀平一成大塚昌孝深沢 徹米田尚史三菱電機
 [more] AP2018-17
pp.23-27
AP, WPT
(併催)
2017-01-20
16:40
広島 広島工業大学 和差パターンを用いた指向性変調アレーアンテナにおける通信領域の狭域化手法
栗山 侑後藤 準大塚昌孝深沢 徹宮下裕章三菱電機
 [more] AP2016-153
pp.135-140
AP 2016-03-11
10:50
山梨 石和温泉(かんぽの宿) 位相回転型周波数分割多重フェーズドアレーアンテナの有線実験による原理検証
栗山 侑丸山貴史山口 聡大塚昌孝宮下裕章三菱電機
 [more] AP2015-219
pp.85-90
AP 2015-04-23
13:45
沖縄 石垣島 大濱信泉記念館 多目的ホール 移相器による素子信号の周波数分割多重化を用いたフェーズドアレー構成におけるDBFアンテナ
栗山 侑丸山貴史紀平一成大塚昌孝宮下裕章三菱電機
 [more] AP2015-13
pp.61-66
AP, WPT
(併催)
2012-08-28
16:15
新潟 新潟大学(駅南キャンパス 「ときめいと」) フェーズドアレーアンテナにおける励振振幅位相の誤差低減手法
栗山 侑紀平一成高橋 徹小西善彦三菱電機
 [more] AP2012-81
pp.75-80
RCS, SIP
(併催)
2006-01-26
13:00
福岡 九州大学 周期スペクトラムを用いたSTTD-SC-FDEへの誤り訂正の適用効果
栗山 侑吉田晴人前原文明高畑文雄早大
周波数領域等化を用いるシングルキャリヤ伝送(SC-FDE)は,PAPRを抑圧しつつ,周波数選択性フェージング環境下におい... [more] RCS2005-150
pp.155-160
AP, RCS
(併催)
2005-10-20
11:40
秋田 秋田県立大学 STTDを用いたSC-FDEへの周期スペクトラムの適用効果
栗山 侑吉田晴人前原文明高畑文雄早大
周波数領域等化を用いるシングルキャリヤ伝送(SC-FDE)は,OFDMやMC-CDMAなどのマルチキャリヤ伝送で問題とな... [more] RCS2005-87
pp.13-18
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会