電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 34件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-08
16:20
沖縄 沖縄産業支援センター 実店舗の購買意思決定時におけるロボットサイネージの介入効果実験
鳴海 和柴田智広九工大
リスクの低い課題に対する人の意思決定は,その根拠が曖昧であることが知られている.ことから先行研究では, 低付加価値商品の... [more] IMQ2017-39 IE2017-131 MVE2017-81
pp.79-82
CNR, IN
(共催)
MoNA
(併催) [詳細]
2017-11-16
16:10
福岡 北九州国際会議場 [招待講演]強化学習を用いた人間-ロボット系の適応制御
柴田智広九工大
 [more]
WIT, SP
(共催)
2017-10-20
12:10
福岡 九工大戸畑図書館(北九州) OWAS姿勢コード生成のための姿勢分類器精度向上に関する研究
大牟禮 悠九工大)・泉 博之産業医科大)・柴田智広九工大
高齢化が進み続ける日本において介護士の作業負担が問題となっており,その作業姿勢の評価とこれに基づく負荷の低減には高い需要... [more] SP2017-54 WIT2017-50
pp.113-118
SIS 2017-06-01
13:00
大分 別府豊泉荘 [招待講演]情報通信技術や知能ロボット技術を活用したスマートライフケア社会の創造を目指して
柴田智広九工大
 [more]
MBE, NC
(併催)
2017-03-14
09:25
東京 機械振興会館 足圧中心追跡課題時のNIRSを用いた前頭前皮質活動の機能的解析
堀 和貴楠根 穣柴田智広九工大
転倒は高齢者のQoLを大きく下げる主要な要因であるため,バランス能力の定量的評価は重要である.本研究では,バランス能力の... [more] NC2016-73
pp.55-59
NC, NLP
(併催)
2016-01-28
16:25
福岡 九州工業大学 若松キャンパス [招待講演]表面筋電位信号を用いた複数指姿勢の連続的推定
柴田智広九工大)・Ngeo, Jimson G奈良先端大
 [more] NC2015-60
pp.23-24
NC, IPSJ-BIO
(連催)
2013-06-28
09:55
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 簡便な運転シミュレータを用いた運転熟練者と非熟練者の行動差異に関する研究
加藤綾華柴田智広奈良先端大)・坂東誉司デンソー)・池田和司奈良先端大
家庭内で使えるほどの簡便な運転シミュレータがあれば,免許を持つもの持たない者に関わらず,自動車教習所に加えて自宅などで,... [more] NC2013-5
pp.95-100
SIP, CAS, CS
(共催)
2013-03-15
15:35
山形 慶應大学鶴岡キャンパス(山形) 運転行動予測に向けた運転操作時系列データへのノンパラメトリックベイズ法の適用
濱田龍之介久保孝富池田和司張 祖杰柴田智広奈良先端大)・坂東誉司江川万寿三デンソー
次世代運転支援システムの開発において,運転挙動の予測は重要な問題である.多様な運転状況に対処するため,複数時系列の間の共... [more] CAS2012-142 SIP2012-173 CS2012-148
pp.265-270
MBE, NC
(併催)
2013-03-15
10:15
東京 玉川大学 NIRSを用いた基礎的なドラム演奏の熟達に伴う皮質活動変化の調査
上田公介柴田智広池田和司奈良先端大
スポーツや音楽では,パフォーマンス向上の要因は一般的に言語化が難しく非熟達者に伝えることが困難である.記憶や運動計画など... [more] NC2012-172
pp.221-226
MBE, NC
(併催)
2012-11-17
10:55
宮城 東北大学 言語野における音読と黙読の類似性について
池田純起柴田智広池田和司奈良先端大
これまでの先行研究において,音読時と黙読時における脳活動の空間的分布が fMRI を用い... [more] NC2012-65
pp.21-26
NC 2012-07-30
16:05
滋賀 立命館大学 情報理工学部 クリエーションコア1階教授会会議室 抽象画嗜好判断時における熟達者・非熟達者の視点分布の相違
小出真子池田和司柴田智広奈良先端大
抽象画嗜好判断時における熟達者・非熟達者の視点分布の相違 [more] NC2012-23
pp.51-55
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2012-02-20
16:00
北海道 北海道大学 機械学習を用いた屋外カメラによる駐車場監視システムの開発
前 佑樹波部 斉柴田智広奈良先端大
超音波,赤外線,カメラ等のセンサを用いた駐車場監視システムが開発されている.
これらのシステムでは,駐車か空車か識別す... [more]
ITS2011-44 IE2011-120
pp.165-169
MBE, NC
(併催)
2010-11-18
16:55
宮城 東北大学 NIRSを用いた基礎的なドラム演奏時における熟達者-非熟達者間の脳活動比較
藤居宏平柴田智広奈良先端大)・小林亮太北野勝則西川郁子立命館大)・池田和司奈良先端大
本研究の目的は,四肢を用いたドラム演奏時における熟達者-非熟達者間の脳活動を比較することである.
このように全身を用い... [more]
NC2010-58
pp.31-36
MBE, NC
(併催)
2010-11-18
17:20
宮城 東北大学 脳波信号からの直感発生検出に関するBCI研究
大杉直也柴田智広池田和司奈良先端大
本研究の目的は直観(insight)発生を検出するデコーダーをEEG から作成することである.直観は問題の解法の一種であ... [more] NC2010-59
pp.37-42
NC 2010-07-27
09:30
京都 京都大学 自発発火活動の時間相関による遅延活動期間の情報保持性能の潜在的表現
西田知史田中智洋京大)・柴田智広池田和司奈良先端大)・小川 正京大
現在までの認知的脳機能に関する研究では,主に課題中の刺激や事象に対する神経活動に焦点が当てられてきた.しかし,自発発火時... [more] NC2010-29
pp.1-6
NC 2010-07-27
14:30
京都 京都大学 ヒト皮質脳波からの黙読母音の推定に関する研究
池田純起柴田智広奈良先端大)・露口尚弘阪市大)・中野直樹近畿大)・原 嘉信奈良先端大)・岡田理恵子近畿大)・池田和司奈良先端大)・加藤天美近畿大/JST
近年,ヒトの高次脳活動を,侵襲的・非侵襲的計測手法によって読み出し,外部の計算機や機械と接続する,Brain Machi... [more] NC2010-37
pp.45-50
NC, MBE
(併催)
2009-11-12
13:55
宮城 東北大学 ヒト皮質脳波からの黙読単語推定に関する研究
今谷恵理池田純起柴田智広奈良先端大)・露口尚弘阪市大)・中野直樹近畿大)・原 嘉信奈良先端大)・岡田理恵子近畿大)・池田和司奈良先端大)・加藤天美近畿大/JST
近年,脳に表現されている情報を,侵襲的・非侵襲的計測手法と情報科学技術を組み合わせることによって読み出し,外部の計算機や... [more] NC2009-55
pp.29-34
NC, NLP
(共催)
2009-07-13
15:10
奈良 奈良先端大 空間的注意の広がりとしての同オブジェクト効果の解釈
西田知史柴田智広池田和司奈良先端大
視覚的注意にはその対象によって空間ベース,特徴ベース,物体ベースの3つの注意に分けることができる.そのうち,物体ベースの... [more] NLP2009-22 NC2009-15
pp.43-48
NC, NLP
(共催)
2009-07-13
15:40
奈良 奈良先端大 ブレーキ時系列モデリングによるドライバの運転状況推定
味間弘喜池田和司柴田智広奈良先端大)・深谷直樹人見謙太郎坂東誉司デンソー
 [more] NLP2009-23 NC2009-16
pp.49-53
NC, MBE
(併催)
2009-03-11
14:45
東京 玉川大学 運動する複数物体に対するゴール指向の顕在的注意制御
矢野有美柴田智広池田和司奈良先端大
霊長類は時空間分解能が高く視角の狭い中心視と,相補的な周辺視を持つため,時空間分解能の高い視覚
情報を広範囲に得るため... [more]
NC2008-121
pp.105-110
 34件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会