お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 41件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP, MW
(併催)
2022-09-15
- 2022-09-16
愛媛 愛媛県美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
遮断円筒導波管反射法によるLiBF4およびLiPF6溶液の複素誘電率測定
柴田幸司八戸工大)・大谷恵理香韓 智海新潟大)・藤原康平時田幸一都産技研)・梅林泰弘新潟大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
MWPTHz, EST, MW, EMT, OPE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2022-07-19
09:10
北海道 旭川市民文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
遮断円筒導波管反射法による大径寸法の治具を用いた10 - 1000MHzでの液体の誘電率測定
柴田幸司八戸工大)・藤原康平都産技研
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
MW 2022-05-20
13:50
京都 京都大学 宇治キャンパス木質ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
等価回路と推定公式に基づく同軸給電型段差付遮断円筒導波管のS11の校正と液体の誘電率測定の簡便化
柴田幸司八戸工大MW2022-22
本論文では, 同軸給電の段差付遮断円筒導波管による液体の誘電率測定における, 事前のshort, openおよび1種類の... [more] MW2022-22
pp.36-42
EST, MW, EMCJ
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2021-10-07
09:40
ONLINE オンライン開催 SOMで校正が容易な終端開放同軸線路の治具構造と液体の誘電率測定
柴田幸司八戸工大EMCJ2021-27 MW2021-39 EST2021-29
本研究では, 終端開放同軸線路を用いた液体の誘電率測定に必要なS11を測定時に基準面の違いによる誤差要因の排除が可能とな... [more] EMCJ2021-27 MW2021-39 EST2021-29
pp.1-5
MW, AP
(併催)
2021-09-10
11:35
ONLINE オンライン開催 RF I-V法に基づくLCRメータでの同軸先端の広帯域かつ高精度な入力インピーダンスの校正と液体の誘電率測定
柴田幸司八戸工大)・藤原康平都立産技研センターMW2021-36
本研究では, RF I−V法に基づく同軸先端の入力インピーダンスの校正と液体の誘電率測定法を検討した. その為まず, R... [more] MW2021-36
pp.18-23
MW, EST, EMCJ
(共催)
PEM, IEE-EMC
(連催) [詳細]
2020-10-23
16:15
ONLINE オンライン開催 同軸給電型段差付遮断円筒導波管のS11の校正と液体の誘電率測定
柴田幸司八戸工大EMCJ2020-48 MW2020-62 EST2020-50
本論文では, 同軸給電された段差付遮断円筒導波管に
より各種液体の複素誘電率を測定する。そのため先ず
、遮断円筒導波... [more]
EMCJ2020-48 MW2020-62 EST2020-50
pp.129-134
MW, AP
(併催)
2020-09-24
15:50
ONLINE オンライン開催 モーメント法による同軸給電型段差付遮断円筒導波管のS11解析
柴田幸司八戸工大MW2020-37
筆者は以前, 遮断円筒導波管反射法での液体の誘電率推定の前に行う, SOM(Short, Open 及び1 種類のMat... [more] MW2020-37
pp.13-18
MW 2020-06-04
14:25
ONLINE オンライン開催 同軸給電型遮断円筒導波管のSOL校正と液体の誘電率測定法の検討
柴田幸司八戸工大MW2020-13
 [more] MW2020-13
pp.11-16
ED, MW
(共催)
2020-01-31
09:55
東京 機械振興会館 地下3階6号室 SOM終端によるS11の校正に適する同軸給電型遮断円筒導波管の構造と各種液体の誘電率測定
柴田幸司八戸工大ED2019-95 MW2019-129
 [more] ED2019-95 MW2019-129
pp.11-16
EMCJ, IEE-SPC
(併催)
2019-11-15
15:25
東京 機械振興会館 6階67号室 同軸給電型遮断円筒導波管のSOM終端によるS11の校正と液体の誘電率測定への適用法の基礎検討
柴田幸司八戸工大EMCJ2019-72
 [more] EMCJ2019-72
pp.7-12
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2019-10-25
13:25
宮城 東北学院大学(工学部1号館3階第2会議室) 任意インピーダンス標準または3つの基準物質でShortを用いず同軸線路のS11を校正時の測定不確かさの基礎検討
柴田幸司八戸工大EMCJ2019-60 MW2019-89 EST2019-68
 [more] EMCJ2019-60 MW2019-89 EST2019-68
pp.137-142
MW, AP
(併催)
2019-09-19
15:10
神奈川 JAXA (相模原) 遮断円筒導波管反射法による液体の複素誘電率測定における不確かさの基礎検討
柴田幸司八戸工大MW2019-55
 [more] MW2019-55
pp.1-6
MW, ED
(共催)
2019-01-17
09:35
東京 日立中研 モーメント法による損失試料が装着された同軸プローブのTEMモード解析の基礎検討
柴田幸司小林正樹八戸工大ED2018-69 MW2018-136
 [more] ED2018-69 MW2018-136
pp.1-6
EST, MW, EMCJ
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2018-10-19
09:20
青森 八戸商工会館(青森県八戸市) 遮断円筒導波管反射法により液体の複素誘電率を測定時の測定精度改善法の検討
柴田幸司小林正樹八戸工大EMCJ2018-46 MW2018-82 EST2018-68
 [more] EMCJ2018-46 MW2018-82 EST2018-68
pp.77-82
EST, MW, EMCJ
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2018-10-19
09:45
青森 八戸商工会館(青森県八戸市) 安価な高周波インピーダンス測定機器の評価と工学実習教材への応用
石鉢 哲柴田幸司八戸工大EMCJ2018-47 MW2018-83 EST2018-69
 [more] EMCJ2018-47 MW2018-83 EST2018-69
pp.83-88
AP, MW
(併催)
2018-09-21
15:25
東京 東京工業大学 3つの基準物質による同軸線路のS11校正理論と各種液体の複素誘電率の測定による実証
柴田幸司八戸工大MW2018-68
 [more] MW2018-68
pp.49-54
MW, WPT
(共催)
2018-04-27
15:15
東京 機械振興会館B2F 1号室 任意インピーダンス標準または3つの基準物質によるShort終端を用いない同軸線路のS11校正理論と液体の複素誘電率測定への適用
柴田幸司八戸工大WPT2018-6 MW2018-6
 [more] WPT2018-6 MW2018-6
pp.25-30
AP 2017-10-20
14:50
青森 八戸商工会館 遮断円筒導波管反射法に基準物質のみとの比較式を併用した液体の複素誘電率の周波数特性の計測
柴田幸司八戸工大AP2017-106
 [more] AP2017-106
pp.61-66
AP, MW
(併催)
2017-09-22
14:50
埼玉 埼玉大学 遮断円筒導波管反射法における導波路の数式表現による液体の複素誘電率の差異について
柴田幸司八戸工大MW2017-77
 [more] MW2017-77
pp.53-58
EMCJ, IEE-SPC
(併催)
2017-06-05
13:05
北海道 札幌コンベンションセンター 遮断円筒導波管反射法による基準物質のみとの比較式を用いた液体の複素誘電率測定における測定精度の理論的な基礎検討
柴田幸司八戸工大EMCJ2017-21
 [more] EMCJ2017-21
pp.1-6
 41件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会