お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IBISML 2016-11-17
14:00
京都 京都大学 滑らかなテンソル分解
今泉允聡東大)・林 浩平産総研IBISML2016-94
テンソル分解は画像解析や時系列解析などの分野で用いられているが、データが高次元になるにつれ統計的な損失が増大しやすい。こ... [more] IBISML2016-94
pp.345-352
IBISML 2015-11-27
14:00
茨城 つくば国際会議場 [ポスター講演]ベイジアンマスキングを用いたスパース特徴選択
近藤洋平京大)・林 浩平NII)・前田新一京大IBISML2015-88
線形モデルのパラメータ推定において、L2やL1といった正則化項を導入することでタスクに無関係な特徴量に対する重みを小さく... [more] IBISML2015-88
pp.265-272
HCS 2013-01-24
12:25
高知 高知市文化プラザ かるぽーと 非常時における組織マネジメントの要件 ~ プラス社の東日本大震災の対応から ~
佐藤 剛竹内秀太郎林 恭子林 浩平浜屋祐子グロービス大HCS2012-54
日本大震災において物流システムが寸断されたプラス社がどのように対応した
かを、当時のメール記録と関係者へのインタビュー... [more]
HCS2012-54
pp.1-6
IBISML 2012-11-07
15:30
東京 筑波大学 東京キャンパス文京校舎 重み付き最尤推定に基づく方策探索法
植野 剛JST)・林 浩平東大)・鷲尾 隆河原吉伸阪大IBISML2012-57
 [more] IBISML2012-57
pp.165-170
IBISML 2012-11-08
15:00
東京 筑波大学 東京キャンパス文京校舎 疎データに対する並列確率勾配法のための属性割当最適化
林 浩平東大)・藤巻遼平NEC Labs AmericaIBISML2012-77
属性方向に関して並列化した確率勾配法では,疎な入力が与えられたとき属性
の割り当て方によっては計算時間が並列数のオーダ... [more]
IBISML2012-77
pp.303-310
IBISML 2011-11-09
15:45
奈良 奈良女子大学 サンプル間の相関を考慮した主成分分析とカーネル関数による共分散行列の推定
林 浩平奈良先端大)・川喜田雅則九大)・池田和司奈良先端大IBISML2011-50
主成分分析(PCA)は次元削減法の一種であり,特徴抽出,視覚化など様々な用途に用いられる.しかしながら,PCAの確率的解... [more] IBISML2011-50
pp.57-60
IBISML 2011-11-09
15:45
奈良 奈良女子大学 カーネル法に基づく行列あるいはテンソル補完
林 浩平竹之内高志奈良先端大)・冨岡亮太鹿島久嗣東大IBISML2011-53
本研究ではカーネル法に基づいた行列あるいはテンソル補完法を提案する.カーネルの入力として観測データそのものを用いることで... [more] IBISML2011-53
pp.71-77
IBISML 2011-06-20
10:35
東京 武田ホール 凸最適化に基づくテンソル分解の統計的性能について
冨岡亮太鈴木大慈東大)・林 浩平奈良先端大)・鹿島久嗣東大IBISML2011-14
凸最適化に基づくテンソル分解アルゴリズムの統計的な性能について解析し,報
告する.従来テンソル分解は非凸の最適化問題... [more]
IBISML2011-14
pp.97-102
IBISML 2011-03-29
10:10
大阪 阪大中之島センター 補助情報を用いたテンソル分解
成田敦博東大)・林 浩平奈良先端大)・冨岡亮太東大)・鹿島久嗣東大/JSTIBISML2010-124
テンソルの未観測部分の補完は、通常、対象となるテンソルが低ランクであることを仮定することによって行われる。しかし、補完す... [more] IBISML2010-124
pp.139-146
NC, MBE
(併催)
2009-03-13
16:05
東京 玉川大学 指数族行列因子化の状態空間モデルへの拡張と時系列関係データ解析への応用
林 浩平奈良先端大)・平山淳一郎京大)・石井 信京大/奈良先端大NC2008-175
Eメールの送受信履歴など,動的に変化しうる環境において関係データを解析するための新たな確率モデルを提案する.本モデルは高... [more] NC2008-175
pp.423-428
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会