電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WPT 2018-03-03
14:00
京都 京都大学宇治キャンパス クロススパイラルアンテナの原理ならびに左右両偏波アンテナへの応用
松永真由美東京工科大)・松永利明福岡工大WPT2017-85
 [more] WPT2017-85
pp.89-91
WPT 2017-03-06
10:30
京都 京都大学宇治キャンパス 多周波円偏波アンテナの開発
松永真由美愛媛大)・松永利明福岡工大WPT2016-65
 [more] WPT2016-65
pp.3-5
WPT 2015-03-25
13:25
京都 京都大学宇治キャンパス 三周波偏波共用アンテナの高性能化に関する検討 ~ 円偏波特性の改善 ~
松永真由美愛媛大)・松永利明福岡工大WPT2014-107
 [more] WPT2014-107
pp.69-72
AP 2015-01-22
11:20
愛媛 愛媛大 2次元円形凸起配列がコンクリート壁周囲の伝搬に与える影響に関する検討
田中浩樹高橋健吾松永真由美愛媛大)・松永利明福岡工大AP2014-165
 [more] AP2014-165
pp.25-28
MW 2014-03-04
09:30
愛媛 愛媛大学 円形凸起を用いた建造物周囲伝搬の制御に関する一考察
松永真由美岩井亮佑愛媛大)・松永利明福岡工大
 [more]
AP 2012-01-19
16:10
福岡 九州工業大学 [特別講演]アンテナの特性及び損失誘電体近傍の電磁界の振る舞いにおける実験的検討について(口頭発表) ~ マイクロ波からサブミリ波まで ~
松永利明福岡工大
アンテナについては長距離RFID用及び天文観測用のサブミリ波アンテナの設計並
びに特性実験。さらに建造物の主な媒質であ... [more]

MW 2011-12-16
15:15
山口 山口大学 差分法による誘電体の移動速度及び厚みの検出シミュレーション
辰巳隆二松永真由美愛媛大)・松永利明福岡工大MW2011-140
本研究では、FDTD法やCIP法の様な差分法による電磁波伝搬解析を用いて、誘電
体壁が移動することによる影響を考察した... [more]
MW2011-140
pp.83-86
MW 2011-12-16
15:45
山口 山口大学 移動する誘電体境界を扱う2次元FDTD解析の有効性の検討
岡 大介松永真由美愛媛大)・松永利明福岡工大MW2011-141
本論文では、誘電体の動きを検出するためのFDTD解析手法に関する検討を行って
いる。まず、誘電体の移動速度に応じて各... [more]
MW2011-141
pp.87-91
MW 2011-10-21
13:50
東京 電気通信大学 1.5/2.45GHz二偏波共用単層アンテナ
掛水健司松永真由美愛媛大)・松永利明福岡工大MW2011-108
昨今の移動体無線通信機器は、多機能化に伴い複数の周波数帯で異なる偏波を送受信できなければならなくなった。その結果、内蔵ア... [more] MW2011-108
pp.125-129
MW 2010-09-09
14:50
東京 東京工業大学 偏波・周波数共用アンテナ
掛水健司松永真由美愛媛大)・松永利明福岡工大MW2010-69
昨今の移動体無線通信機器の多機能化に伴い、内蔵アンテナの種類や数が増え、
その結果、それらのアンテナの端末内における配... [more]
MW2010-69
pp.19-22
MW 2010-09-10
13:00
東京 東京工業大学 境界面が時間的に移動するFDTD解析の考察
岡 大介松永真由美愛媛大)・松永利明福岡工大MW2010-82
本論文では、解析空間中の誘電体境界が時間的に移動する場合のFDTD解析手法の
提案に向けての一考察を紹介する。BAN(... [more]
MW2010-82
pp.85-88
AP 2009-01-23
09:55
福岡 福岡大学 CIPを用いた曲線形通路を有する建物内での電波伝搬解析
松岡剛志九州産大)・松永真由美愛媛大)・松永利明福岡工大AP2008-176
近年,屋内での無線通信サービスの発展が目覚ましく,屋内の電波伝搬環境を電磁界解析を用いて把握することが重要となっている.... [more] AP2008-176
pp.151-156
MW 2008-11-20
10:30
長崎 長崎大学 CIP法と2次補間を利用した電波伝搬解析
松岡剛志九州産大)・松永真由美愛媛大)・松永利明福岡工大MW2008-120
CIP 法を用いて方向分離法で多次元電磁界解析する場合,伝搬方向と直交する方向の 空間微分の取り扱いが鍵となる.比較的簡... [more] MW2008-120
pp.13-18
AP 2006-01-26
09:00
福岡 福岡工業大学 コンクリート壁で仕切られた建造物内の電波伝搬
山本隆弘松永利明福岡工大)・松永真由美愛媛大
携帯電話や無線LANに代表される無線通信は多種多様な場所で使用されるようになり、無線通信において適さない環境で使用される... [more] AP2005-129
pp.1-4
AP 2006-01-26
09:25
福岡 福岡工業大学 建造物における曲線形通路内の電波伝搬
秋穂直子松永利明内田一徳福岡工大)・松永真由美愛媛大
近年の建造物にみられる複雑な構造のひとつである曲線形通路において、その通路内に線状波源がある場合の電波伝搬の考察を行い、... [more] AP2005-130
pp.5-8
AP 2006-01-26
16:30
福岡 福岡工業大学 高性能テラヘルツ波コルゲートホーンの開発
松永真由美愛媛大)・松永利明福岡工大
テラヘルツ波コルゲートホーンのリターンロス特性を飛躍的に向上させる一つの
構成例を紹介する.これまで提案されているコル... [more]
AP2005-144
pp.61-64
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会