お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS, MSS
(共催)
2020-01-14
13:25
広島 広島市立大学 サテライトキャンパス Javaプロジェクトの変更履歴に含まれる本質的でない変更についての調査
前島 葵肥後芳樹松本淳之介楠本真二阪大MSS2019-42 SS2019-26
ソースコードの変更には,プログラムの振る舞いを変える変更がある一方,振る舞いを変えない変更も存在する.本研究では,前者を... [more] MSS2019-42 SS2019-26
pp.7-12
SS, MSS
(共催)
2020-01-14
13:50
広島 広島市立大学 サテライトキャンパス 抽象構文木を利用したファイル間のコード移動検出
藤本章良肥後芳樹松本淳之介楠本真二阪大MSS2019-43 SS2019-27
ソフトウェア開発において,開発者がソースコードの差分を理解することは重要である.ソースコードの差分を検出するツールとして... [more] MSS2019-43 SS2019-27
pp.13-18
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2019-07-14
10:25
北海道 小樽経済センター 分散処理を用いた自動プログラム修正の高速化
松本淳之介肥後芳樹松尾裕幸有馬 諒柗本真佑楠本真二阪大SS2019-11 KBSE2019-21
GenProg は遺伝的アルゴリズムを利用した自動プログラム修正ツールである.
GenProg はソースコードを 個... [more]
SS2019-11 KBSE2019-21
pp.141-146
SS 2019-03-04
12:05
沖縄 沖縄産業支援センター 行単位の差分情報を考慮した抽象構文木のノード単位の差分出力
松本淳之介肥後芳樹楠本真二阪大SS2018-58
 [more] SS2018-58
pp.37-42
SS 2018-03-06
16:00
沖縄 南大東島 既存コードの再利用によるユーティリティメソッドの自動生成
松本淳之介肥後芳樹下仲健斗楠本真二阪大SS2017-69
ユーティリティメソッドとは汎用的な処理をまとめたものであり,開発者がコーディングを行う際に頻繁に 利用するものである.ユ... [more] SS2017-69
pp.29-34
SS, MSS
(共催)
2018-01-18
10:40
広島 広島市立大学サテライトキャンパス シグネチャ情報と入出力情報を用いたJavaメソッドの生成
下仲健斗肥後芳樹松本淳之介内藤圭吾楠本真二阪大MSS2017-48 SS2017-35
ソースコードを自動的に生成する,自動プログラミングと呼ばれる技術は古くから研究されている.これ
までいくつかの手法が提... [more]
MSS2017-48 SS2017-35
pp.7-12
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会