お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]Gated CNNを用いた劣悪な雑音環境下における音声区間検出
李 莉越野ゆき松本光雄牧野昭二筑波大EA2018-102 SIP2018-108 SP2018-64
音声区間検出は音声処理技術において重要な役割を果たす基盤技術であり,様々な環境での高精度な検出が求められている.しかし,... [more] EA2018-102 SIP2018-108 SP2018-64
pp.19-24
EA, EMM
(共催)
2016-11-17
14:20
大分 コンパルホール (大分) 回転機械振動診断におけるアタッチメントにより生じる計測値の差異改善に関する一検討
福島 学鵜飼拓也日本文理大)・近藤喜隆ジェイテック)・松本光雄手島祐二ジェイテック)・柳川博文千葉工大EA2016-50 EMM2016-56
回転機械振動診断を行う際に,現場の状況により計測用アタッチメントを使用しなければならない場合がある.しかし使用するアタッ... [more] EA2016-50 EMM2016-56
pp.13-18
EA, EMM
(共催)
2016-11-17
14:45
大分 コンパルホール (大分) 時間的に周波数が変化する信号の分析に関する一検討
鵜飼拓也福島 学日本文理大)・松本光雄柳川博文千葉工大EA2016-51 EMM2016-57
ドップラレーダは物体が移動時に生じる電磁波帯域でのドップラシフト量を得るためのデバイスである.このため,等速相対速度の物... [more] EA2016-51 EMM2016-57
pp.19-24
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-28
13:15
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [ポスター講演]電磁波を用いた見守りシステム構築のための距離と減衰量の関係調査
鵜飼拓也日本文理大)・舟橋宏樹千葉工大)・福島 学日本文理大)・河納隼一アーネット)・近藤善隆ジェイテック)・松本光雄柳川博文千葉工大EA2015-79 SIP2015-128 SP2015-107
宅内での事故を早期に発見することは,重要である.カメラはプライバシ問題を生じ,見守りではなく「監視」と感じてしまうことが... [more] EA2015-79 SIP2015-128 SP2015-107
pp.75-80
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-28
13:15
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [ポスター講演]音響刺激に対する脳活動と調音材の関係調査
福島 学鵜飼拓也鎌田悠平島袋 倫米川修平丸尾梨沙日本文理大)・河納隼一アーネット)・近藤善隆ジェイテック)・窪田泰也オーラルソニック)・松本光雄柳川博文千葉工大EA2015-80 SIP2015-129 SP2015-108
室内の環境を整える建築部材として吸音材や防音材や遮音材があるが,これらは隣の室への音響エネルギー伝搬に対する部材であり必... [more] EA2015-80 SIP2015-129 SP2015-108
pp.81-86
EMM, EA
(共催)
2014-11-20
15:15
福岡 九州大学芸術工学部 送信波と受信波の干渉に着目した音響距離推定手法の動体検知パラメタの検討
河納隼一黒枝翔太日本文理大)・松本光雄福島 学日本文理大)・柳川博文千葉工大EA2014-29 EMM2014-57
 [more] EA2014-29 EMM2014-57
pp.7-12
EA, EMM
(共催)
2012-11-17
15:25
大分 大分大学 主観評価実験における被験者の状況把握に関する研究
近藤善隆河納隼一重黒木啓介平居宏康福島 学日本文理大)・松本光雄九大)・柳川博文千葉工大)・黒岩和晴日本文理大EA2012-108 EMM2012-90
主観評価実験において適切に刺激を被験者に提示することが重要である.また,被験者の反応に対する信憑性が実験結果に大きく影響... [more] EA2012-108 EMM2012-90
pp.159-164
EA 2011-11-19
10:00
熊本 熊本大学 距離推定手法を用いた対象物の検出と振動状態検出に関する一検討
近藤善隆福島 学日本文理大)・松本光雄大分高専)・柳川博文千葉工大)・黒岩和治日本文理大EA2011-91
クロススペクトル法によるインパルス応答推定において生じる振幅歪みを防ぎかつSNR推定を行うことで,信頼性が確保できる推定... [more] EA2011-91
pp.55-60
EA 2010-11-18
13:00
福岡 九州大学 音声時間波形の狭帯域エネルギー変動特性を用いた話者識別手法 ~ 安定的な特徴量抽出について ~
吉川浩司杉尾啓多近藤善隆日本文理大)・佐々木裕美今野元貴千葉工大)・福島 学日本文理大)・松本光雄元千葉工大)・柳川博文千葉工大)・黒岩和治日本文理大EA2010-84
生体情報に基づいた本人認証技術は,計算機による積極的な支援において適切に現実世界を把握するために必要不可欠な技術である.... [more] EA2010-84
pp.1-6
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会