お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, RCC, ASN, NS, SR
(併催)
2016-07-21
13:45
愛知 名古屋工業大学 共用型M2Mエリアネットワークにおける異常検知のための協調分散型学習方式の適用性評価
東 信博椿 俊光相原正夫NTTNS2016-64
 [more] NS2016-64
pp.75-80
NS, IN
(併催)
2016-03-03
11:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 共用型M2MエリアNWにおける通信方式/アプリケーションインタワーク方式の一検討
東 信博椿 俊光相原正夫NTTNS2015-198
 [more] NS2015-198
pp.173-178
ICM, IPSJ-IOT, IPSJ-CSEC
(連催)
2015-05-22
09:55
大分 別府国際コンベンションセンター 共用型M2Mエリアネットワークのフレームワーク
藤田隆史東 信博大羽 巧相原正夫NTT)・森川博之東大ICM2015-6
現実世界のありとあらゆるモノがヒトの手を介することなくネットワークにつながるM2M(Machine-to-Machine... [more] ICM2015-6
pp.165-170
NS 2015-04-17
10:25
岐阜 飛騨地域地場産業振興センター 共用型M2Mエリアネットワークにおける端末接続制御方式
東 信博藤田隆史大羽 巧相原正夫NTTNS2015-11
本稿では,M2M端末の簡易かつ安価な接続性提供の実現に向けた課題分析を行い,これらの課題を解決するアプローチとして,複数... [more] NS2015-11
pp.59-64
NS 2014-04-18
12:10
沖縄 石垣市民会館 多様化するモバイル通信サービスの効率的収容に向けたEPC構成方式の一評価
平井弘実東 信博馬場宏基松本 実則武克誌NTTNS2014-19
OTTサービスの普及や,今後予想されるM2M端末の増加によって,ネットワークの機能(QoS,ハンドオーバ,位置管理,IP... [more] NS2014-19
pp.101-106
NS 2013-10-17
09:25
北海道 北海道大学 複数EPC環境でのサービス振り分け方式の一検討
馬場宏基東 信博松本 実則武克誌NTTNS2013-90
スマートフォンの普及によるデータトラヒック量/NW 制御信号処理量の増加が見込まれる.また,M2M サービスのように低A... [more] NS2013-90
pp.1-6
NS 2013-10-18
09:50
北海道 北海道大学 多様な通信特性を持つ端末のための信号量最適化方式の検討
東 信博馬場宏基松本 実則武克誌NTTNS2013-110
今後,大量のM2M端末が移動体網に接続されると予測され,M2M端末から大量な信号が発生された場合,移動体網に多大なインパ... [more] NS2013-110
pp.105-110
NS, IN
(併催)
2013-03-08
10:30
沖縄 残波岬ロイヤルホテル 多様なアクセス網を想定した軽量な移動管理方式の考察
東 信博辻河 亨松本 実安川正祥則武克誌NTTNS2012-229
今後,簡易な機能を具備し,従来型モバイル端末の10倍以上の台数のM2M端末が移動体網に収容されることが予想される.しかし... [more] NS2012-229
pp.373-378
AN, MoNA, USN
(併催)
2011-01-20
09:50
広島 広島市立大学 レイヤ3無線メッシュネットワークにおけるモバイル端末経路計算機能の実装と性能評価
東 信博間瀬憲一新潟大AN2010-45
無線メッシュネットワーク(WMN) の実現方式の一つに,バックボーンのルーティングをレイヤ3で行うレイヤ3 無線メッシュ... [more] AN2010-45
pp.7-12
AN 2010-07-16
11:10
北海道 函館市中央図書館 レイヤ3無線メッシュネットワークにおける端末ローミング時のIPアドレス解決時間の評価
東 信博間瀬憲一新潟大AN2010-20
IPアドレスを基にルーティングを行うレイヤ3無線メッシュネットワーク・バックボーンでは,利用者のモバイル端末が現在収容さ... [more] AN2010-20
pp.57-62
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会