お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 73件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SeMI 2021-01-21
14:10
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]対象識別に向けたWiFiイメージングのシミュレーションによる検討
森田幸歩前田 透中川善博阪大)・内山 彰阪大/JSTさきがけ)・東野輝夫阪大
 [more]
CQ, CS
(併催)
2020-06-26
11:20
ONLINE オンライン開催 AP選択支援のための3次元Wi-Fi位置データベース構築と評価
天野辰哉山口弘純東野輝夫阪大CS2020-11
 [more] CS2020-11
pp.45-48
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
2020-03-03
10:15
ONLINE オンライン開催 行動認識のためのWi-Fi Backscatterセンサの設計と評価
前田 透阪大)・内山 彰阪大/JSTさきがけ)・東野輝夫阪大SeMI2019-134
近年,ヘルスケアや高齢者の見守りなどの目的で,人の行動認識への関心が高まっている.これまでにスマートフォンやスマートウォ... [more] SeMI2019-134
pp.185-190
SeMI 2020-01-30
15:25
香川 ことひら温泉琴参閣 モバイル端末のWi-Fiチャネル状態情報による人数推定手法の提案
水谷優秀内山 彰阪大)・村上友規アベセカラ ヒランタNTT)・東野輝夫阪大SeMI2019-102
ショッピングモールや駅などで,施設内の人数を詳細に把握することはマーケティングや避難誘導を行う上で重要である.導入コスト... [more] SeMI2019-102
pp.17-22
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]バッテリレス行動認識のためのWi-Fi Backscatterセンサの基本性能評価
前田 透内山 彰東野輝夫阪大
 [more]
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]スマートインテリジェンス環境のためのモノの位置と種別の推定
扇田幹己山口弘純東野輝夫阪大
REID技術を活用し, 屋内空間におけるモノの位置や移動などのコンテキスト情報をシステムが理解することによって, 様々な... [more]
SeMI, IPSJ-ITS, IPSJ-MBL, IPSJ-DPS
(連催)
2019-05-24
14:10
鹿児島 奄美市社会福祉センター 車いすバスケットボールにおける慣性センサを用いた漕ぎ検出法の検討
長谷川凌佑内山 彰東野輝夫阪大SeMI2019-14
車椅子バスケットボールにおいて,車椅子の操作(漕ぎ)はあらゆる場面において最も基礎的かつ重要な 動作であり,選手... [more] SeMI2019-14
pp.207-212
CS, CQ
(併催)
2019-04-19
13:30
大阪 大阪大学理工学 図書館 [特別招待講演]Society 5.0時代のモバイルセンシング・モビリティ解析
東野輝夫阪大CS2019-12
近年のAI、ビッグデータ、IoT技術の普及に伴い、ICTを活用した新たな社会システムが構築されようとしている。本稿では、... [more] CS2019-12
pp.61-64
MoNA 2019-01-16
10:30
京都 キャンパスプラザ京都(京都駅前) [奨励講演]網内分散型深層学習MicroDeepの実装と転倒検知への応用
福島悠太山口弘純東野輝夫阪大MoNA2018-59
近年,センシングデータを無線でリアルタイム集約する無線センサネットワーク(Wireless Sensor Network... [more] MoNA2018-59
pp.13-18
MoNA 2018-08-03
13:10
北海道 小樽市民センター MOTIVE: a Motivation-Driven Knowledge Sharing Framework across Benefit-Aware Business Units
Sunyanan ChoochotkaewHirozumi YamaguchiTeruo HigashinoOsaka Univ.MoNA2018-20
 [more] MoNA2018-20
pp.77-82
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
MoNA, ASN
(併催)
(連催) [詳細]
2018-02-27
11:20
東京 上智大学 都市部における公衆Wi-Fiのキャパシティ評価のためのシナリオ構築
岩﨑博生天野辰哉梶田宗吾山口弘純東野輝夫阪大)・高井峰夫阪大/カリフォルニア大ロサンゼルス校MoNA2017-71
パブリックスペースにおけるWi-Fi通信の可用性向上を目的とした基地局設計等を検討する上で,既設の公衆Wi-Fiアクセス... [more] MoNA2017-71
pp.329-334
IA, IN
(併催)
2017-12-15
16:10
広島 広島市立大学 CNNによる効率的なセンサデータ収集手法に関する一考察
沈 志舒横田健治田上敦士KDDI総合研究所)・東野輝夫阪大IN2017-65
大規模なIoT環境の構築に伴い,センサデータをクラウドへ収集する際のトラフィック量の爆発的な増加が課題となっている. 本... [more] IN2017-65
pp.115-120
CNR, IN
(共催)
MoNA
(併催) [詳細]
2017-11-17
09:00
福岡 北九州国際会議場 網内学習型ネットワークによる転倒検知システムの実現
三浦太樹福島悠太濱谷尚志山口弘純東野輝夫阪大MoNA2017-19
家庭やケア施設などで高齢者の転倒を素早く検知し,適切な処置を実施することは,見守りのみならず,早期治癒や後遺障害の予防に... [more] MoNA2017-19
pp.25-30
NS, IN
(併催)
2017-03-03
13:00
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 無線LANの保有アクセスポイント割当問題のチャネル割当における部分干渉チャネルの考慮
田島滋人阪大)・舩曵信生岡山大)・東野輝夫阪大NS2016-237
本グループでは,IEEE802.11無線LANにおいて,ネットワークフィールド上の端末(ホスト)の状況に応じて,保有する... [more] NS2016-237
pp.457-462
ASN, MoNA, MICT
(併催)
2017-01-19
14:25
大分 別府 花菱ホテル [奨励講演]近接車両センシング情報のリアルタイム共有のための車車間通信プロトコル
藤田 敦山口弘純東野輝夫阪大)・高井峰生阪大/カリフォリニア大MoNA2016-30
本稿では,各車両が測域センサにより検出した近接車両への相対距離と方向の情報を,車車間通信により周辺車両と共有することによ... [more] MoNA2016-30
pp.7-12
ASN, MoNA, MICT
(併催)
2017-01-20
10:55
大分 別府 花菱ホテル 腕装着型センサを用いた活動中の熱中症予防アプリケーションの一検討
濱谷尚志内山 彰東野輝夫阪大MoNA2016-37
本研究ではスマートウォッチなどの腕装着型デバイスを用いた熱中症予防アプリケーションを提案する.
提案法ではデバイス内蔵... [more]
MoNA2016-37
pp.35-40
NS, RCS
(併催)
2016-12-22
14:35
石川 金沢勤労者プラザ 無線LANの保有アクセスポイント割当アルゴリズムのチャネル割当拡張
田島滋人阪大)・舩曵信生岡山大)・東野輝夫阪大NS2016-136
現在,IEEE802.11無線LANでは,通信性能・仕様の異なる様々なアクセスポイント(AP)や端末(ホスト)が利用可能... [more] NS2016-136
pp.95-100
IN, MoNA, CNR
(併催)
2016-11-18
11:20
鹿児島 霧島観光ホテル [奨励講演]在室者への温熱快適性把握のための室温予測手法と実証に向けた取り組み
三浦太樹濱谷尚志廣森聡仁山口弘純東野輝夫下田吉之阪大MoNA2016-28
本研究では,オフィスなど比較的大規模な屋内空間において,空調室内機の制御に応じて室内の各地点でどのように室温が変化するか... [more] MoNA2016-28
pp.31-36
MoNA, IPSJ-MBL, IPSJ-DPS, IPSJ-ITS
(連催)
2016-05-26
14:25
沖縄 沖縄産業支援センター 装着型センサを用いたスポーツ選手同定法の検討
濱谷尚志坂口勇大内山 彰東野輝夫阪大MoNA2016-2
現在,スポーツ能力向上のために映像やセンサを用いて選手の動きを収集,分析する機運が高まりつつある.その一方で,映像中の選... [more] MoNA2016-2
pp.75-80
NS 2016-04-21
14:00
和歌山 和歌山大学 無線LANの保有アクセスポイント割当手法の一検討
田島滋人阪大)・舩曵信生岡山大)・東野輝夫阪大NS2016-3
無線LANアクセスポイント(AP)は,デバイス技術,無線通信技術,ソフトウェア技術などの急速な発展に伴い,短期間の内に,... [more] NS2016-3
pp.11-16
 73件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会