電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 402件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-11
10:55
北海道 函館アリーナ 無線分散ネットワークにおける進行波のうなりを利用した新しい自律制御のコンセプト
会田雅樹首都大東京)・高野知佐広島市大)・村田正幸阪大
 [more]
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-12
14:05
北海道 函館アリーナ クラウドシステムにおけるトラヒック特性に基づく最適な資源サイズと制御間隔の検討
小川祐紀雄室蘭工大)・長谷川 剛村田正幸阪大
 [more]
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-13
17:30
北海道 函館アリーナ エッジコンピューティングによるネットワーク型複合現実アプリケーションのユーザ体感品質の向上性に関する評価
高木詩織金田純一荒川伸一村田正幸阪大
 [more]
IN 2018-06-14
15:25
富山 富山県教育文化会館 LODを学習するニューラルネットワークの破局的な忘却を軽減するための情報理論に基づくリンク重みの多様性を測る指標の提案と評価
シン ルー京都工繊大)・村田正幸阪大
 [more]
NS 2018-04-19
13:25
福岡 福岡大 脳の認知モデルを用いたLPWAネットワークにおける無線チャネル割当手法
小南大智阪大)・鈴木一哉長谷川洋平下西英之NEC)・村田正幸阪大
 [more] NS2018-2
pp.7-12
CCS 2018-03-26
10:50
東京 東京理科大学 森戸記念館 フラクタル性を有する仮想ネットワークトポロジー構成法
坂本昂輝荒川伸一村田正幸阪大
近年、インターネットを通して提供されるサービスの種類は日に日に増加しており、特にIoTサービスが急速に発展している。そこ... [more] CCS2017-35
pp.13-18
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-08
15:00
沖縄 沖縄産業支援センター ネットワークの振動モデルを用いたWebサービスにおけるflash crowdの解析
多田知正京都教大)・村田正幸阪大)・会田雅樹首都大東京
本研究では,Webサービスに短期間に大量のアクセスが殺到するflash crowdと呼ばれる現象を解析する.Flash ... [more] CQ2017-113
pp.57-62
PN 2018-03-05
14:55
鹿児島 南種子町商工会館 [依頼講演]光通信網におけるベイズ型アトラクター選択モデルに基づく仮想ネットワーク再構成手法
大場斗士彦荒川伸一村田正幸阪大
光通信網上に仮想ネットワーク(VN)を構築し、それをトラヒック量の変動に応じて動的に再構成することで輻輳を解消し、通信品... [more] PN2017-96
pp.31-38
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 人の脳情報処理プロセスに着想を得た動的な予測形トラヒックエンジニアリング手法
佐竹幸大大下裕一村田正幸阪大
インターネットを流れるトラヒックは、量・時間変動ともに増大しており、時間変動の大きなトラヒックを効率的に収容する技術が求... [more] IN2017-93
pp.21-26
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 災害時のセルラーネットワークにおける不確実な観測情報に基づくトラヒックエンジニアリング
佐竹幸大・○大下裕一阪大)・石橋圭介星合擁湖NTT)・村田正幸阪大
災害時には、安否状態の確認、災害状況、避難情報等による通信トラヒック需要が急増するとともに、通常
との異なる人流発生が... [more]
IN2017-94
pp.27-32
NS, IN
(併催)
2018-03-01
11:10
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート ヒトの脳機能ネットワークに着想を得た高信頼な相互接続ネットワークの設計
村上雅哉小南大智阪大)・ライプニッツ賢治NICT)・村田正幸阪大
 [more] IN2017-111
pp.129-134
NS, IN
(併催)
2018-03-02
09:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート パレート最適制御に基づく進化的ネットワーク省電力化手法
秋下耀介大下裕一村田正幸阪大
近年,ネットワークにおける消費電力の増加は大きな課題となっており,不要なネットワークの機器やサーバをスリープさせ,ネット... [more] IN2017-113
pp.141-146
NS, IN
(併催)
2018-03-02
09:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート エネルギーストレージを用いたキャンパスビルの電力需要平準化へのモデル予測制御適用に関する一検討
小川祐紀雄室蘭工大)・長谷川 剛村田正幸阪大
スマートシティにおける電力の安定供給のために、ビルなどの大口需要家の電力負荷を平準化することが求められている。その実現方... [more] IN2017-114
pp.147-152
NS, IN
(併催)
2018-03-02
09:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 集団的な行動選択の仕組みに着想を得た不確実な情報に基づくチャネル選択手法の提案と評価
久世尚美小南大智阪大)・加嶋健司京大)・橋本智昭阪工大)・村田正幸阪大
ネットワークの大規模化、多様化に伴い、自己組織化の仕組みに基づく自律分散制御が着目されている。自己組織型制御においては、... [more] IN2017-118
pp.171-176
NS, IN
(併催)
2018-03-02
11:10
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 量子意思決定によるユーザーの動画ストリーミング視聴時の画質選択のモデル化
大歳達也村田正幸阪大
動画ストリーミング配信を始め、様々なサービスがインターネットを介して提供されている。今後、ネットワークの仮想化技術が進み... [more] IN2017-123
pp.201-206
NS, IN
(併催)
2018-03-02
11:10
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 生物の集団的行動選択に着想を得た不確実な情報に基づく制御手法についての一検討
志垣沙衣子久世尚美小南大智阪大)・加嶋健司京大)・村田正幸阪大
ネットワークの大規模化、複雑化に伴い、拡張性や耐故障性、柔軟性、適応性などの特長を備えた自己組織的な制御が有用なアプロー... [more] IN2017-127
pp.225-230
NS, IN
(併催)
2018-03-02
14:40
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート マーケットモデルにもとづくAPIエコノミーの社会的厚生の分析
荒川伸一阪大)・今井悟史片桐 徹関屋元義富士通研)・村田正幸阪大
情報サービスをAPI化し、APIを相互接続によりサービス価値を創造するAPI Economyが注目されている。本稿では、... [more] IN2017-137
pp.285-290
ASN 2018-01-30
11:40
大分 三菱電機 湯布郷館 無線ネットワークにより相互接続したマイクロホンアレイを用いた音源位置推定手法の実装
細川侑嗣小南大智阪大)・合原一究筑波大)・村田正幸阪大
近年、生物の優れた機能や行動などに注目したバイオミメティクスに関する研究が増えている。我々は生物の音声コミュニケーション... [more] ASN2017-87
pp.23-28
ASN 2018-01-31
08:45
大分 三菱電機 湯布郷館 高密度無線センサネットワークによる迅速な地すべり境界検知のためのグループ化に基づくスケジューリング方式
石原翔太橋本匡史若宮直紀村田正幸阪大)・川本康貴OKI
本報告では,地すべり検知のために高密度にセンサノードを敷設した無線センサネットワークにおいて,地すべり境界を迅速に検知す... [more] ASN2017-97
pp.79-84
NS 2018-01-19
14:30
沖縄 石垣市商工会館 SDIにおける仮想網制御の進化適応性を高める計算資源増強手法
井上昴輝荒川伸一村田正幸阪大
SDI環境構築に向けて国内外で取り組みがなされている。仮想ネットワーク要求の個数が増大に対し、変動が生じることを想定し変... [more] NS2017-160
pp.93-98
 402件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会