お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2022-03-08
10:25
京都 京都大学 吉田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]デジタル版悪という凡庸 ~ AI/データサイエンス社会における差別と社会的偏見 ~
村上祐子立教大
 [more]
SITE, IPSJ-CE, IPSJ-CLE
(連催)
2021-12-04
12:55
ONLINE オンライン開催 [招待講演]データサイエンス・人工知能のELSIと大学教育 ~ デジタルシティズンシップとリベラルアーツ ~
村上祐子立教大SITE2021-44
 [more] SITE2021-44
pp.13-18
SITE, ISEC, LOIS
(共催)
2021-11-12
16:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]大学院レベルのICT-ELSI教育 ~ 科目「先端科学技術の倫理」を通じて ~
村上祐子立教大ISEC2021-47 SITE2021-41 LOIS2021-30
人工知能(AI)を「情報・知識にかかる先端科学技術」と考えると、AI倫理の相当部分は情報学以外の先端科学技術の倫理と共通... [more] ISEC2021-47 SITE2021-41 LOIS2021-30
pp.30-37
BioX, ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2021-07-19
13:35
ONLINE オンライン開催 [招待講演]データサイエンスのELSIとは何か
村上祐子立教大ISEC2021-16 SITE2021-10 BioX2021-17 HWS2021-16 ICSS2021-21 EMM2021-21
人工知能(AI)やデータサイエンス(DS)の倫理・法・社会的課題(ELSI)を考察する際には、先端科学技術一般に共通する... [more] ISEC2021-16 SITE2021-10 BioX2021-17 HWS2021-16 ICSS2021-21 EMM2021-21
pp.41-46
SITE, IPSJ-EIP
(連催)
2021-06-08
13:00
ONLINE オンライン開催 情報教育とケアの倫理
村上祐子立教大SITE2021-2
教育現場で情報機器を使用制限することは、薬物の禁止など依存症の原因とみなされるものへの厳罰主義的対応とパラレルに考察する... [more] SITE2021-2
pp.8-11
SITE, IPSJ-EIP
(連催) [詳細]
2020-06-04
14:25
ONLINE オンライン開催 [招待講演]AI・データサイエンス教育における倫理教育
村上祐子立教大SITE2020-6
 [more] SITE2020-6
pp.35-40
SITE, IPSJ-EIP
(連催)
2019-06-04
10:40
神奈川 関東学院大学 高等教育におけるAIとデータサイエンス教育の動向
村上祐子立教大SITE2019-4
 [more] SITE2019-4
pp.67-69
SITE 2018-12-06
11:20
東京 日本大学 駿河台キャンパス1号館 人工知能と人格概念の変容
村上祐子立教大SITE2018-61
人工知能を論じることにより,人格及び関係する諸概念に関してわれわれが暗黙に置いてきた前提が成立しないことがある.だがこの... [more] SITE2018-61
pp.13-16
ET 2017-09-09
15:15
広島 広島大学附属福山中・高等学校 加速度センサを用いた授業応答アプリの開発
厨子裕介村上祐子稲垣知宏広島大)・庄 ゆかり広島文教女子大ET2017-38
大学生のスマートフォン保有率が9割を超え,講義でのスマートフォン利用も現実的になってきた.一方,デュアルチャンネルモデル... [more] ET2017-38
pp.41-44
SITE, EMM, ISEC, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2017-07-14
11:30
東京 内田洋行東京本社ショールーム 多層行為論理の意味論的性質
村上祐子東北大ISEC2017-15 SITE2017-7 ICSS2017-14 EMM2017-18
 [more] ISEC2017-15 SITE2017-7 ICSS2017-14 EMM2017-18
pp.9-10
SITE, IPSJ-EIP
(連催)
2017-06-01
15:05
東京 放送大学東京文京学習センター(筑波大学東京キャンパス) 122講義室 多層行為論理モデルの意味論
村上祐子東北大SITE2017-4
 [more] SITE2017-4
pp.65-67
KBSE 2017-03-03
16:00
石川 石川県金沢市 ITビジネスプラザ武蔵 研修室1 道徳教育支援システム化に向けたモラルジレンマの試行実験
阿部敬一郎東筑紫短/放送大)・辰己丈夫放送大)・村上祐子東北大)・中谷多哉子放送大KBSE2016-44
本研究は,道徳性を発達させる教育支援システム開発を目指している.大学生をターゲットにし,道徳性を効果的にかつ目に見える形... [more] KBSE2016-44
pp.31-36
KBSE 2017-03-04
13:20
石川 石川県金沢市 ITビジネスプラザ武蔵 研修室1 テキストマイニング手法を用いたヒヤリハット報告に基づくヒュマンエラー分析と考察
水澤信彦富士通エフサス/放送大)・辰己丈夫放送大)・村上祐子東北大)・中谷多哉子放送大KBSE2016-48
本論文は、情報システムに携わるハードウェア保守技術者(以下保守技術者)がお客様先で経験したヒヤリハット報告をテキストマイ... [more] KBSE2016-48
pp.55-60
KBSE 2017-03-04
15:00
石川 石川県金沢市 ITビジネスプラザ武蔵 研修室1 質問紙法による心理的阻害要因の構造分析 ~ -開発プロジェクトにおけるリスク対応の向上のために- ~
原 秀樹辰己丈夫放送大)・村上祐子東北大)・中谷多哉子放送大KBSE2016-50
プロジェクトの問題を防止するために,PMBOKでは,リスクマネジメントの章を設けている.しかし,これらリスクマネジメント... [more] KBSE2016-50
pp.67-72
ISEC, LOIS, SITE
(共催)
2016-11-08
13:30
福井 福井市地域交流プラザ AOSSA 6階601(BC)研修室 トロリー問題解決を人工知能に求められるか?
村上祐子東北大ISEC2016-64 SITE2016-54 LOIS2016-42
 [more] ISEC2016-64 SITE2016-54 LOIS2016-42
pp.77-80
SITE 2016-10-03
11:20
東京 日本大学理工学部駿河台キャンパス1号館122号室 強いシンギュラリティと弱いシンギュラリティ
村上祐子東北大SITE2016-34
 [more] SITE2016-34
pp.15-18
SITE, IPSJ-EIP
(連催)
2016-06-03
11:10
神奈川 情報セキュリティ大学院大学 ロボットの自立 ~ 人間とロボットの共生 ~
村上祐子東北大SITE2016-5
ロボットと人間が共生する社会においては個々のエージェントの自立が前提されるが、この際の「自立」とは何か。人間も含め、社会... [more] SITE2016-5
pp.81-84
ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2015-07-02
14:15
愛知 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール 自動道徳判断概説
村上祐子東北大ISEC2015-17 SITE2015-15 ICSS2015-27 EMM2015-25
 [more] ISEC2015-17 SITE2015-15 ICSS2015-27 EMM2015-25
pp.87-92
SITE 2014-10-14
14:00
東京 日本大学駿河台キャンパス理工学部1号館 非単調論理における行為様相
村上祐子東北大SITE2014-42
当発表では、異業種共同における不整合な複数の倫理規範の統合への応用を念頭に、行為の論理的分析と非単調論理の信念改訂アプロ... [more] SITE2014-42
pp.1-4
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-03
16:35
北海道 サン・リフレ函館 異業種共同の情報倫理 ~ 倫理規範と信念改訂 ~
村上祐子東北大ISEC2014-31 SITE2014-26 ICSS2014-35 EMM2014-31
異業種共同のトラブルはコミュニケーション問題に帰されることが多いが,実質的には倫理規範の対立が本質的である.当論文では、... [more] ISEC2014-31 SITE2014-26 ICSS2014-35 EMM2014-31
pp.229-232
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会