お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 70件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR, NS, SeMI, RCC, RCS
(併催)
2020-07-08
13:25
ONLINE オンライン開催 セル間干渉低減のための整数計画法を適用した中継局選択法
大宮 陸村上友規岩渕匡史小川智明鷹取康司NTT
 [more]
SRW 2020-06-29
11:00
ONLINE オンライン開催 オムニ/セクタ切替型アンテナに関する検討
村上友規NTT)・関 智弘日大)・鷹取泰司NTT
 [more]
SRW 2020-06-29
13:25
ONLINE オンライン開催 ミリ波通信における方向情報に基づく分散インテリジェントリフレクタの特性評価
岩渕匡史村上友規大宮 陸小川智明鷹取泰司NTT
 [more]
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-06
13:30
東京 東京工業大学 [ポスター講演]無線LANの伝搬チャネル情報を利用した物体検知の検討
景山知哉高田圭輔安藤永稀千手広輝牟田 修九大)・村上友規大槻信也小川智明NTTRCS2019-408 SR2019-142 SRW2019-92
 [more] RCS2019-408 SR2019-142 SRW2019-92
pp.415-420(RCS), pp.139-144(SR), pp.139-144(SRW)
SeMI 2020-01-30
15:25
香川 ことひら温泉琴参閣 モバイル端末のWi-Fiチャネル状態情報による人数推定手法の提案
水谷優秀内山 彰阪大)・村上友規アベセカラ ヒランタNTT)・東野輝夫阪大SeMI2019-102
ショッピングモールや駅などで,施設内の人数を詳細に把握することはマーケティングや避難誘導を行う上で重要である.導入コスト... [more] SeMI2019-102
pp.17-22
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2019-11-06
14:45
東京 構造計画研究所(本所新館東京) [依頼講演]高密度AP環境における高効率Wi-Fiシステムの紹介
村上友規NTTSRW2019-46 SeMI2019-90 CNR2019-40
 [more] SRW2019-46 SeMI2019-90 CNR2019-40
p.89(SRW), p.109(SeMI), p.87(CNR)
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
11:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]仮想大規模MIMOシステムの実験検討
村上友規大宮 陸鷹取泰司NTT
 [more]
CQ
(第二種研究会)
2019-09-05
10:40
東京 大学セミナーハウス [ポスター講演]高速パターン切替とブラインドアルゴリズムを用いた伝搬環境制御
髙橋草太西森健太郎渡部一聖谷口諒太郎新潟大)・村上友規NTT
 [more]
CQ 2019-08-28
10:55
北海道 函館アリーナ WiSMAによる無線リソース動的制御 ~ 複数RF環境下における端末帰属先制御 ~
アベセカラ ヒランタ中平俊朗村上友規石原浩一林 崇文鷹取泰司NTTCQ2019-78
 [more] CQ2019-78
pp.107-112
CQ 2019-08-28
11:15
北海道 函館アリーナ WiSMAによる無線リソース動的制御:高密度AP環境下における通信品質改善
中平俊朗アベセカラ ヒランタ村上友規石原浩一林 崇文鷹取泰司NTTCQ2019-79
増大する無線トラヒックを限られた周波数帯域で効率的に収容するため,無線リソースの利用効率向上が今後さらに求められると考え... [more] CQ2019-79
pp.113-118
CQ 2019-08-28
11:35
北海道 函館アリーナ [依頼講演]光/RFハイブリッド連携システムによるデータ伝送・無線リソース制御
原 一貴椎名亮太玉置真也谷口友宏中平俊朗村上友規鈴木康宏NTT)・池田 智NTT西日本CQ2019-80
 [more] CQ2019-80
pp.119-124
SRW 2019-06-10
15:10
神奈川 アンリツ [招待講演]無線LANのCSIを活用したセンシング技術
村上友規アベセカラ ヒランタNTT)・内山 彰猿渡俊介前川卓也阪大SRW2019-11
 [more] SRW2019-11
p.55
CQ 2019-05-30
11:50
広島 広島市立大学 [招待講演]高効率Wi-Fi に関する研究開発の取り組み
村上友規アベセカラ ヒランタ中平俊朗石原浩一林 崇文鷹取泰司NTTCQ2019-13
 [more] CQ2019-13
p.17
CQ 2019-05-30
13:45
広島 広島市立大学 仮想Massive アレーを用いた伝搬環境制御法の提案
渡部一聖西森健太郎谷口諒太郎新潟大)・村上友規NTTCQ2019-15
近年のスマートフォンなどの無線通信機器の急速な普及に伴い,移動通信トラヒックが急増している.そのため,第5世代移動通信シ... [more] CQ2019-15
pp.23-26
RCS 2019-04-18
09:30
北海道 登別グランドホテル 無線リソース最適化のための戦略管理アーキテクチャ(WiSMA)におけるマルチ無線インターフェス動的制御法
中平俊朗村上友規アベセカラ ヒランタ石原浩一林 崇文鷹取泰司NTTRCS2019-1
無線トラヒックの増加が続いており,限られた周波数帯域を効率的に利用するため,無線リソースの拡大が重要となる.本研究では,... [more] RCS2019-1
pp.1-6
RCS, SIP, IT
(共催)
2019-02-01
09:00
大阪 大阪大学 中之島センター MU-MIMOが適用された無線LANにおけるAP選択とスケジューリングに関する一検討
山下颯磨菅沼碩文早大)・村上友規鷹取泰司NTT)・前原文明早大IT2018-52 SIP2018-82 RCS2018-259
近年,移動通信システムのトラヒック負荷軽減を目的とした,無線LANの役割が年々高まっている.しかし,多数の無線LAN端末... [more] IT2018-52 SIP2018-82 RCS2018-259
pp.97-101
RCS, SIP, IT
(共催)
2019-02-01
11:15
大阪 大阪大学 中之島センター 空き周波数利活用のための三次元協調キャリアセンス手法
大宮 陸村上友規石原浩一林 崇文鷹取泰司NTTIT2018-57 SIP2018-87 RCS2018-264
モバイル端末の爆発的な普及に従い,モバイルのトラヒック量も増加し続けており,モバイルトラヒックのオフロードを主に担う無線... [more] IT2018-57 SIP2018-87 RCS2018-264
pp.127-132
RCS, NS
(併催)
2018-12-20
10:45
広島 尾道市民会館 無線リソース最適化のための戦略管理アーキテクチャ(WiSMA)における通信品質に基づく802.11axマルチインタフェース制御法
中平俊朗村上友規アベセカラ ヒランタ石原浩一林 崇文鷹取泰司NTTRCS2018-219
5G/IoT時代における膨大な無線トラヒック,および無線端末を高速かつ低コストに収容するため,アンライセンス無線システム... [more] RCS2018-219
pp.19-23
CQ 2018-08-23
14:25
滋賀 立命館大学びわこ・くさつキャンパス [奨励講演]無線リソース最適化のための戦略管理アーキテクチャ(WiSMA)における動的周波数リソース制御方式
中平俊朗村上友規アベセカラ ヒランタ石原浩一林 崇文鷹取泰司NTTCQ2018-47
今後のさらなる増加が想定される無線トラヒック,および無線接続端末を高速かつ低コストに収容可能な無線システムの実現に向けた... [more] CQ2018-47
pp.7-11
SAT, RCS
(併催)
2018-08-10
10:25
岩手 岩手大学 アンライセンス無線における無線リソース最適化のための戦略管理アーキテクチャ(WiSMA)
村上友規中平俊朗アベセカラ ヒランタ石原浩一林 崇文鷹取泰司NTTRCS2018-142
無線通信システムの能力のさらなる向上にむけて,周波数チャネル・帯域・送信電力などの無線リソースの最適化制御が複雑化してい... [more] RCS2018-142
pp.57-62
 70件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会