電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SDM, ED, CPM
(共催)
2019-05-17
10:45
静岡 静岡大学(浜松) ウェアラブル発電デバイスのためのフレキシブル材料の熱電特性評価
池田浩也カーン ファイザン大久保美沙アロクヤサミ ペリヤナヤガ クリスティ静岡大)・山川俊貴熊本大)・池田和司奈良先端大)・下村 勝村上健司早川泰弘静岡大)・ファイズ サレマラヤ大)・鈴木悠平静岡大ED2019-23 CPM2019-14 SDM2019-21
フレキシブル材料の厚さ方向のゼーベック係数を測定するための装置を自作して,炭素布のゼーベック係 数を測定した.... [more] ED2019-23 CPM2019-14 SDM2019-21
pp.63-66
ED, SDM
(共催)
2018-02-28
14:40
北海道 北海道大学百年記念会館 表面電位顕微鏡を用いたナノ材料ゼーベック係数測定手法の開発
鈴木悠平岡 晃人川合健斗立岡浩一猪川 洋下村 勝村上健司静岡大)・ファイズ サレマラヤ大)・○池田浩也静岡大ED2017-110 SDM2017-110
熱電変換効率を向上するための方策のひとつとしてナノ構造材料の導入が期待されているが,そのためにはナノスケール材料の熱電特... [more] ED2017-110 SDM2017-110
pp.27-30
ED, SDM
(共催)
2018-02-28
15:50
北海道 北海道大学百年記念会館 ナノ材料の熱伝導特性解析のためのシミュレーションの構築
山下尚見太田裕也七尾 亮猪川 洋下村 勝村上健司・○池田浩也静岡大ED2017-112 SDM2017-112
ナノメートルサイズの熱電材料の熱伝導特性を測定するために,ACカロリメトリ法に基づいた新しい測定装置を構築している.得ら... [more] ED2017-112 SDM2017-112
pp.35-38
ED, SDM
(共催)
2017-02-24
16:20
北海道 北海道大学百年記念会館 ウェアラブル発電デバイスのためのナノ結晶フレキシブル材料の熱電特性
池田浩也ファイザン カーンベルスワミィ パンディヤラサン坂本翔太マニ ナヴァニーザン下村 勝村上健司早川泰弘静岡大ED2016-140 SDM2016-157
高効率ウェアラブル発電デバイスのためのフレキシブル熱電変... [more] ED2016-140 SDM2016-157
pp.57-60
CPM, ED, SDM
(共催)
2016-05-19
14:15
静岡 静岡大学 工学部 (浜松キャンパス・総合研究棟) ZnOナノ構造を用いたフレキシブル材料の熱電特性評価
和波雅也セルバラジ シャンティ鈴木悠平ベルスワミィ パンディヤラサン静岡大)・ファイズ サレマラヤ大)・下村 勝村上健司池田浩也静岡大ED2016-16 CPM2016-4 SDM2016-21
高効率ウェアラブル発電デバイスのためのフレキシブル熱電変... [more] ED2016-16 CPM2016-4 SDM2016-21
pp.15-18
ED, SDM
(共催)
2016-03-03
15:15
北海道 北海道大学百年記念会館 Formation of fluorine-doped tin oxide nanostructures by using spray pyrolysis deposition technique
Kenji MurakamiAjith BandaraMasayuki OkuyaMasaru ShimomuraShizuoka Univ.)・R.m.g. RajapakseUniv. PeradeniyaED2015-123 SDM2015-130
透明導電膜として利用されているフッ素を添加した酸化スズ(FTO)の一次元ナノ構造化を目指している。FTOナノチューブまた... [more] ED2015-123 SDM2015-130
pp.13-18
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会