お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, NWS
(併催)
2020-01-23
15:45
沖縄 石垣島商工会館 パケット転送遅延を考慮した仮想ネットワーク機能再配置手法
杉園幸司河野伸也岡田昭宏NTTNS2019-166
仮想ネットワーク機能のサーバ間再配置は転送遅延の増加を免れない長距離移動ユーザに快適なXRサービスを提供するための重要な... [more] NS2019-166
pp.31-36
NS 2019-05-16
10:45
東京 工学院大学 新宿キャンパス フロー要求に応じたVNFインスタンス再配置時の転送断時間制御
杉園幸司河野伸也岡田昭宏NTTNS2019-23
ネットワーク機能仮想化技術(NFV) を用いてネットワーク機能を仮想マシンなどのインスタンスに実装することで,インスタン... [more] NS2019-23
pp.19-24
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2016-11-24
11:00
山口 下関商工会議所 共通データ圧縮型仮想マシン移行方式のための移行順決定アルゴリズム
杉園幸司福岡亜希重谷昌昭NTTNS2016-104
仮想マシンのサーバ間移行を行う場合,仮想マシン1台あたりのサーバ間移行時間を短縮することにより,移行元のサーバのリソース... [more] NS2016-104
pp.19-24
NS 2016-04-22
13:50
和歌山 和歌山大学 トラヒックバーストのばらつきを考慮したSYNパケットシェーピングの評価
木村明寛杉園幸司福岡亜希山本太三NTTNS2016-12
IoTでは時刻を契機とした通信により,サーバへのトラヒックのバースト性が急激に高まる場合がある.IoT事業者がこの高いバ... [more] NS2016-12
pp.59-64
CS, NS, IN
(併催)
2014-09-12
13:25
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館 ネットワーク仮想化実現に向けたキャリア要件を満たすサービスチェイニング方式
望月このみ本間俊介杉園幸司山崎裕史菊池利典増田暁生内藤憲吾北田裕之高谷直樹NTTNS2014-98
将来のネットワーク(NW)において、柔軟な機能追加やコスト削減等を目的として、NW機能を仮想化する動きが活発化している。... [more] NS2014-98
pp.113-118
NS 2007-04-19
13:30
徳島 徳島大学 低消費電力化実現に適したパス設計方法の一検討
杉園幸司青木道弘茶木愼一郎NTTNS2007-1
ルータの消費電力を削減する手段の1つとして、到着するトラヒック量に応じてルータの動作クロック数を変更する機能を実装する方... [more] NS2007-1
pp.1-6
IN, PN
(併催)
2006-10-13
15:50
東京 NTT武蔵野研究所 キャリア網における集約型制御プレーンアーキテクチャ
濱野貴文小川賢太郎杉園幸司青木道宏茶木愼一郎NTTIN2006-88
キャリア網のような大規模IP網のIGPによる経路制御では,ルーティングプロトコル分散処理のオーバヘッドのため,ルータ上の... [more] IN2006-88
pp.67-72
NS, CS, IN
(共催)
2004-09-02
13:50
宮城 東北大学 Point-to-Multipointパスに適したパス設定許可判定アルゴリズムの検討
杉園幸司安川正祥栗本 崇NTT
 [more] NS2004-86 IN2004-45 CS2004-41
pp.9-12
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会