お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, AP
(併催)
2016-11-24
10:45
京都 京都市国際交流会館 アダマール変換を用いた耐ハンドオーバーOFDM方式
末広直樹シグナルデザインRCS2016-192
セルラー移動通信やディジタル放送などにおいては,受信者が移動することによって,或る基地局のセルから別の基地局のセルに移動... [more] RCS2016-192
pp.7-10
WBS, MICT
(共催)
2015-07-22
11:25
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 周波数オフセットの新しい測定方法
末広直樹シグナルデザインWBS2015-25 MICT2015-29
自動車IT化においては,機械-機械間通信の需要が指数関数的に増加すると言われている.自動車IT化においては,ドップラー効... [more] WBS2015-25 MICT2015-29
pp.65-68
IT 2008-05-16
16:45
和歌山 和歌山大学 仮想アンテナを用いた情報伝送
末広直樹筑波大IT2008-7
仮想アンテナを用いた情報伝送を提案する.仮想アンテナを用いることにより,無線周波数利用効率が大幅に向上することを示す. [more] IT2008-7
pp.33-38
CS, SIP, CAS
(共催)
2008-03-07
09:25
山口 山口大学 常盤キャンパス 偶差直交系列の非周期相関特性
舟越公毅松元隆博松藤信哉山口大)・末広直樹筑波大CAS2007-125 SIP2007-200 CS2007-90
本稿では,非周期自己相関関数のサイドローブが偶数シフトで0となる偶差直交系列の非周期自己・相互相関特性を検討する.これは... [more] CAS2007-125 SIP2007-200 CS2007-90
pp.1-4
RCS, AN, MoNA, SR, WBS
(併催)
2008-03-06
14:20
神奈川 YRP CR-OSDM伝送方式およびRayleigh Fadingチャネルでの性能
韓 承鎬橋本 猛電通大)・末広直樹筑波大RCS2007-222
OFDM技術は無線LANやディジタルTVなどに広く応用されているが,マルチパスチャネルにヌル点がある場合性能が著しく低下... [more] RCS2007-222
pp.217-222
WBS, SIP
(共催)
2007-08-06
16:15
高知 高知グリーン会館(2階,グリーンホール) [招待講演]直交信号分割多重方式の無線周波数利用効率の評価
末広直樹筑波大SIP2007-71 WBS2007-20
 [more] SIP2007-71 WBS2007-20
pp.41-44
NS, RCS
(併催)
2007-07-19
13:30
北海道 北見工業大 近似静的環境でのOSDM方式の研究
韓 承鎬電通大)・末広直樹筑波大)・橋本 猛電通大RCS2007-35
OFDM技術は高い無線周波数利用効率から無線LANやディジタルTVなどに広く応用されている.
しかし、OFDMシステム... [more]
RCS2007-35
pp.37-42
NS, RCS
(併催)
2007-07-19
13:50
北海道 北見工業大 無線周波数利用効率がOFDMの2倍以上となる新しい無線通信方式
末広直樹金 栄臻筑波大)・韓 承鎬電通大)・伊本俊明筑波大RCS2007-36
 [more] RCS2007-36
pp.43-48
CAS, SIP, VLD
(共催)
2007-06-21
16:00
北海道 北海道東海大学 札幌キャンパス マルチメディアホール Vector-OFDM方式におけるプロセスゲインの効果と無線周波数利用効率の向上
末広直樹金 栄臻筑波大)・韓 承鎬電通大CAS2007-17 VLD2007-33 SIP2007-47
 [more] CAS2007-17 VLD2007-33 SIP2007-47
pp.97-101
IT, ISEC, WBS
(共催)
2007-03-15
16:30
群馬 群馬大学(桐生キャンパス) OFDM方式のクロネッカ積による表現およびSD方式とのマルチパス環境下での性能比較
末広直樹筑波大)・韓 承鎬電通大)・金 栄臻筑波大)・橋本 猛電通大
 [more] IT2006-65 ISEC2006-120 WBS2006-62
pp.31-34
IT, ISEC, WBS
(共催)
2007-03-16
10:45
群馬 群馬大学(桐生キャンパス) 近似同期CDMA方式の誤り特性の検討
久田竜也松藤信哉松元隆博棚田嘉博山口大)・畔柳功芳中部大)・末広直樹筑波大
 [more] IT2006-86 ISEC2006-141 WBS2006-83
pp.7-10
IT, ISEC, WBS
(共催)
2007-03-16
13:25
群馬 群馬大学(桐生キャンパス) ブロック拡散CDMA方式のパスダイバーシチ効果による伝送容量の増大
富田光博東京工科大)・畔柳功芳中部大)・大竹孝平法政大)・末広直樹筑波大
 [more] IT2006-90 ISEC2006-145 WBS2006-87
pp.29-34
RCS, MoNA, WBS, SR, MW
(併催)
2007-03-07
14:00
神奈川 YRP A Multi-rate CDMA System with Block-Spreading Schemes for Anti-Interference and High Frequency Efficiency
Mitsuhiro TomitaTokyo Univ. of Tech.)・Noriyoshi KuroyanagiChubu Univ.)・Kohei OtakeHosei Univ.)・Naoki SuehiroUniv. of Tsukuba)・Shinya MatsufujiYamaguchi Univ.
 [more] WBS2006-51
pp.43-48
RCS, MoNA, WBS, SR, MW
(併催)
2007-03-09
11:05
神奈川 YRP DFT変換に基づくSD-方式の構造と性能
韓 承鎬電通大)・末広直樹筑波大)・橋本 猛電通大RCS2006-273
OFDM技術は高い無線周波数利用効率から無線LANやディジタルTVなどに広く応用されている.
しかし、OFDMシステム... [more]
RCS2006-273
pp.155-158
WBS, IT, ISEC
(共催)
2006-03-17
15:25
愛知 名古屋大学(東山キャンパスIB電子情報館) 複素E系列の生成とその応用
金 栄臻末広直樹筑波大
 [more] IT2005-130 ISEC2005-187 WBS2005-144
pp.207-209
RCS, AP, WBS, SR, MW, MoNA
(併催)
2006-03-01
09:20
神奈川 YRP 完全相補系列より導かれるZCZ系列を用いた耐マルチパス変動モバイル通信のシミュレーション
金 一長田祐士末広直樹筑波大)・中村 誠神奈川工科大
 [more] WBS2005-64
pp.1-4
WBS 2005-12-16
10:55
東京 機械振興会館(東京) 合成Barker系列拡散変調と重複送信シンボルを用いたCDMA通信方式 ~ 耐シンボル間干渉特性の向上 ~
広瀬久輝法政大)・畔柳功芳中部大)・大竹孝平法政大)・松藤信哉山口大)・末広直樹筑波大
高速データ伝送を目指す第4世代CDMAシステムのチップレートの増加は、マルチパス数の増大による伝送特性の劣化、あるいは周... [more] WBS2005-57
pp.7-12
WBS 2005-10-28
10:55
静岡 静岡大学(浜松キャンパス,佐鳴会館) Capacity Comparison on CDMA Systems for High Data Rate Transmission
Mitsuhiro TomitaTokyo Univ. of Tech.)・Noriyoshi KuroyanagiChubu Univ.)・Kohei OtakeHosei Univ.)・Naoki SuehiroTsukuba Univ.)・Shinya MatsufujiYamaguchi Univ.
 [more] WBS2005-40
pp.7-12
IT 2005-07-22
11:15
大阪 大阪府大 Nシフト相互直交系列の上限
末広直樹韓 承鎬筑波大
 [more] IT2005-44
pp.15-17
SIP, WBS
(共催)
2005-07-14
14:30
愛媛 愛媛大学 複素E系列の生成法
金 栄臻末広直樹筑波大
 [more] SIP2005-58 WBS2005-16
pp.47-49
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会