電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 38件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ED 2019-04-18
14:15
宮城 東北大・通研 酸化チタンナノチューブアレイによる有機分子の光触媒分解のその場観察
馬 騰東北大)・木村康男東京工科大)・庭野道夫東北福祉大)・平野愛弓東北大
 [more] ED2019-4
pp.13-15
CPM 2019-02-28
16:35
東京 電通大 分光法と新規デバイスの開発
木村康男東京工科大
デバイスの動作機構を解明し、その特性に影響を及ぼしている現象を把握することは大変たいせつである。それをもとに、デバイスが... [more] CPM2018-112
pp.49-52
ED 2018-04-19
14:20
山形 山形大学 金ナノ粒子ランダム配列において観測された単一電子トランジスタ的な特性
守屋雅隆Tran Thi Thu Huong松本和彦森林 誠島田 宏電通大)・木村康男東京工科大)・平野愛弓東北大)・水柿義直電通大
我々は,酸化膜で覆われた基板上に電極を作製した後に金コロイド溶液を滴下・乾燥させ,金ナノ粒子をランダムに配列させることで... [more] ED2018-3
pp.9-12
ED, SDM
(共催)
2018-02-28
10:25
北海道 北海道大学百年記念会館 微小トンネル接合ランダム配列での単一電子帯電効果に関する数値シミュレーション
水柿義直守屋雅隆島田 宏松本和彦森林 誠谷貝知起電通大)・木村康男東京工科大)・平野愛弓東北大)・廣瀬文彦山形大
我々は,あらかじめ電極を用意した基板上に金コロイド溶液を散布・固着させる方法を用いて,ランダム配置された金ナノ粒子を島電... [more] ED2017-105 SDM2017-105
pp.7-10
ED, SDM
(共催)
2018-02-28
10:50
北海道 北海道大学百年記念会館 レジスト溝内に選択配置して作製した金ナノ粒子配列での単一電子帯電効果
松本和彦森林 誠谷貝知起守屋雅隆島田 宏電通大)・木村康男東京工科大)・平野愛弓東北大)・廣瀬文彦山形大)・水柿義直電通大
金ナノ粒子を島電極とした単一電子素子の作製が広く行われているが、金ナノ粒子の位置制御に困難さがある。レジスト溝を用いて金... [more] ED2017-106 SDM2017-106
pp.11-14
ED 2016-04-21
15:20
山形 山形大学工学部 有機EL研究センター 4F大会議室 固体基板への固定による生体物質の評価
荻野俊郎伊藤和希横田圭司小川裕太横浜国大)・松村幸子南澤宝美后菅 加奈子芝 清隆がん研)・木村康男東京工科大)・平野愛弓東北大
 [more] ED2016-3
pp.9-12
ED 2016-04-21
16:45
山形 山形大学工学部 有機EL研究センター 4F大会議室 それぞれ粒径の異なるナノ粒子を散布して作製した2種類の単一電子素子
守屋雅隆Tran Thi Thu Huong松本和彦島田 宏電通大)・木村康男東京工科大)・平野愛弓東北大)・水柿義直電通大
ナノ粒子を三角格子上に分散させた場合の電極間の接続確率を、パーコレーション理論に基づき計算した.ソース-ドレイン間が接続... [more] ED2016-6
pp.21-26
ED 2015-04-16
13:55
宮城 東北大通研ナノスピン実験施設 F4-TCNQを用いたP3HTパターン薄膜を電極に用いた全有機型トランジスタの作製
但木大介馬 騰東北大)・木村康男東京工科大)・庭野道夫東北大
近年、溶液プロセスによって簡便に作製が可能であり、低コストで薄型・軽量かつ大面積なフレキシブル有機デバイスに関する研究が... [more] ED2015-2
pp.7-10
ED 2015-04-16
16:45
宮城 東北大通研ナノスピン実験施設 微細加工シリコン基板に基づくイオンチャネル機能の再構成
平野愛弓山本英明東北大)・木村康男東京工科大)・庭野道夫東北大
 [more] ED2015-8
pp.35-39
ED 2015-04-17
11:20
宮城 東北大通研ナノスピン実験施設 局所陽極酸化ナノファブリケーション技術
木村康男東京工科大)・平野愛弓庭野道夫東北大
 [more] ED2015-14
pp.71-74
ED 2015-04-17
11:45
宮城 東北大通研ナノスピン実験施設 生体膜の原子間力顕微鏡による評価
荻野俊郎横浜国大/JST)・横田圭司木村僚佑坂口直駿横浜国大)・松村幸子菅 加奈子芝 清隆がん研)・木村康男東京工科大/JST)・平野愛弓東北大/JST
エクソソームは細胞から放出される直径30-150nmのナノベシクルであり、ホスト細胞に特徴的な物質を含むことから、ガンの... [more] ED2015-15
pp.75-78
CPM 2014-09-05
12:45
山形 山形大学工学部百年周年記念会館 セミナールーム1,2,3 金属微粒子担持酸化チタンナノチューブマイクロガスセンサ
木村康男東京工科大)・戸邊 翼木村昭太小島領太平野愛弓庭野道夫東北大
 [more] CPM2014-90
pp.79-82
ED 2014-04-18
11:40
山形 山形大学工学部百周年記念会館 Nanostructured hybrid solar cells using titania nanotubes
Teng MaYasuo KimuraMichio NiwanoTohoku Univ.
 [more] ED2014-17
pp.69-71
ED 2013-04-18
13:00
宮城 東北大学電通研 片平北キャンパス ナノ・スピン総合研究棟4階 カンファレンスルーム 陽極酸化TiO<sub>2</sub>ナノチューブ膜を用いた前面照射型色素増感太陽電池の特性に与えるTiCl<sub>4</sub>処理の効果
小島領太木村康男庭野道夫東北大
酸化チタン(TiO2)ナノチューブ膜は色素増感太陽電池(DSC)の代替陰極材料として期待されているナノ材料である。本研究... [more] ED2013-1
pp.1-4
ED 2013-04-18
15:05
宮城 東北大学電通研 片平北キャンパス ナノ・スピン総合研究棟4階 カンファレンスルーム Infrared spectroscopic study on modification process of titania surface and its application to hybrid solar cells
Teng MaJinyu ZhangDaisuke TadakiYasuo KimuraMichio NiwanoTohoku Univ.
 [more] ED2013-6
pp.21-22
ED 2013-04-18
16:20
宮城 東北大学電通研 片平北キャンパス ナノ・スピン総合研究棟4階 カンファレンスルーム 有機PVDFフィルムを用いた圧電式水素ガスセンサの開発
今井裕司仙台高専)・飯野祥平中山貴裕但木大介木村康男庭野道夫東北大
我々は,有機圧電ポリマーであるポリフッ化ビニリデン(PVDF)薄膜にパラジウム(Pd)薄膜を堆積させた新規な自立型圧電式... [more] ED2013-9
pp.31-35
ED 2013-04-19
09:50
宮城 東北大学電通研 片平北キャンパス ナノ・スピン総合研究棟4階 カンファレンスルーム P3HT膜の電界効果移動度に及ぼす熱処理過程の影響
飯野祥平但木大介馬 騰張 普逾木村康男庭野道夫東北大
P3HTを用いた有機電界効果トランジスタは熱処理により移動度が向上することが知られているが、除冷の効果についてはほとんど... [more] ED2013-11
pp.41-44
ED 2013-04-19
10:20
宮城 東北大学電通研 片平北キャンパス ナノ・スピン総合研究棟4階 カンファレンスルーム 電気化学的手法を用いた金属微粒子の堆積
木村康男エル ファシ メディ宮 孝明庭野道夫東北大
 [more] ED2013-12
pp.45-47
CPM 2012-08-09
11:20
山形 山形大学工学部100周年記念会館セミナー室 酸化チタンナノチューブ微小ガスセンサの作製
木村康男小島領太木村昭太庭野道夫東北大
 [more] CPM2012-48
pp.67-70
CPM 2012-08-09
11:45
山形 山形大学工学部100周年記念会館セミナー室 陽極酸化TiO2ナノチューブ形成過程に及ぼす電解液組成の影響
小島領太木村康男庭野道夫東北大
酸化チタン(TiO2)ナノチューブは、太陽電池、ガスセンサ等の材料として注目されている。本研究では、陽極酸化を用いてTi... [more] CPM2012-49
pp.71-75
 38件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会