お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EID, ITE-IDY, IEE-EDD
(連催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-23
13:00
鳥取 鳥取大鳥取キャンパス [ポスター講演]透過エリプソメトリを用いたフレクソエレクトリック係数測定の改良
上野竜雅藤原大貴勝部大樹木村宗弘長岡技科大
 [more]
ITE-IDY, IEE-EDD
(共催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
EID
(連催) [詳細]
2019-01-25
11:00
鹿児島 鹿児島大学 稲盛会館 [ポスター講演]透過型エリプソメトリーによるフレクソエレクトリック係数測定の改善
大西 仰木村宗弘長岡技科大EID2018-18
ネマチック液晶の配向に広がりや曲げの歪みが与えられると生じる分極効果をフレクソエレクトリック効果と呼ぶ。これまでにいくつ... [more] EID2018-18
pp.117-120
ITE-IDY, IEE-EDD
(共催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
EID
(連催) [詳細]
2019-01-25
11:05
鹿児島 鹿児島大学 稲盛会館 [ポスター講演]光配向膜における方位角/極角アンカリングエネルギーのUV照射エネルギー依存性測定
齋藤賢也木村宗弘長岡技科大EID2018-19
アンカリングエネルギーは配向規制力の強さを表す指標であり, 液晶の配向制御において重要なパラメータであることから, 本研... [more] EID2018-19
pp.121-124
SID-JC, IEIJ-SSL
(共催)
EID, ITE-IDY, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2016-01-28
13:46
富山 富山大学 原子間力顕微鏡を用いた偏析界面の液晶中観察
小林勇樹高橋成也木村宗弘長岡技科大EID2015-27
スリットコータを用いた配向印刷法をこれまで報告してきた。反応性メソゲン添加液晶をガラス基板上に塗工し、配向を固定する際に... [more] EID2015-27
pp.9-12
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
EID, ITE-IDY, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2014-01-25
11:22
新潟 新潟大学 駅南キャンパス SOITE法を用いたフレクソエレクトリック係数の評価
渡辺大樹長岡技科大)・高橋泰樹工学院大)・木村宗弘赤羽正志長岡技科大EID2013-31
液晶は、広がりや曲がりの配向歪を与えると電気分極が発生する。この現象をフレクソエレクトリック効果と呼ぶ。フレクソエレクト... [more] EID2013-31
pp.125-128
ITE-IDY, EID
(連催)
2012-11-07
13:30
東京 機械振興会館 IMID2012報告 ~ LCT関係 ~
木村宗弘長岡技科大
IMID2012における液晶関連の発表について報告する。 [more]
ITE-IDY, EID
(連催)
2012-07-12
16:15
東京 機械振興会館 SID2012報告 ~ Flexible (EP, Flexible Display, LC lens) 関係 ~
木村宗弘長岡技科大EID2012-5
SID2012シンポジウムにおけるFlexible Display分野関連の発表について報告する。 [more] EID2012-5
pp.43-46
ITE-IDY, EID
(連催)
2010-11-26
16:00
東京 機械振興会館 IMID2010報告 ~ LCT関係 ~
木村宗弘長岡技科大
 [more]
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会