お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-01-19
10:20
大阪 大阪府立大学 農作業者の腕動作認識によるトマト収穫量の空間分布の可視化
橋本幹基九大)・有田大作長崎県立大)・島田敬士内山英昭谷口倫一郎九大PRMU2017-134 MVE2017-55
農業分野へのICTの活用が進められており,高品質の農作物を安定的・効率的に生産するなどの栽培支援を目的とした取り組みが行... [more] PRMU2017-134 MVE2017-55
pp.217-222
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2017-01-19
15:30
京都 京都大学 吉田キャンパス 百周年時計台記念館 歩行運動の両脚相に着目したRGB-Dカメラに映るPDR利用者の同定
橋本幹基九大)・大西正輝興梠正克蔵田武志産総研)・島田敬士九大)・有田大作長崎県立大)・谷口倫一郎九大PRMU2016-133 MVE2016-24
人の位置情報の取得は,人を中心としたサービスを作るための基礎技術として重要な要素の一つである.本論文では,RGB-Dカメ... [more] PRMU2016-133 MVE2016-24
pp.129-134
PRMU 2009-03-14
15:30
宮城 東北工業大 時空間特徴を考慮した動的背景モデルによる背景変動に頑健な物体検出
田中達也島田敬士九大)・有田大作九州先端科学技研)・谷口倫一郎九大PRMU2008-282
本稿では時空間特徴を考慮した動的背景モデルの構築法について述べる.提案手法は画素・領域・フレームレベルの背景モデルから成... [more] PRMU2008-282
pp.281-286
PRMU 2008-12-18
11:15
熊本 熊本大 複数人物を対象としたビジョンベースモーションキャプチャのための人物領域分割
江頭裕彬島田敬士九大)・有田大作九州先端科学技研)・谷口倫一郎九大PRMU2008-156
本稿では,2名の人物を対象としてビジョンベースで姿勢推定を行うために,人物同士が接触する姿勢にも対応可能な人物領域分割法... [more] PRMU2008-156
pp.55-60
PRMU, IE
(共催)
2008-03-11
16:35
石川 北陸先端大 混合RRFによる照明条件変動下での物体検出
田中達也島田敬士九大)・有田大作九州システム情報技研/九大)・谷口倫一郎九大IE2007-338 PRMU2007-322
本論文では,背景差分のための混合Radial Reach Filterを用いた背景モデル構築法について述べる.背景差分法... [more] IE2007-338 PRMU2007-322
pp.501-506
PRMU, IE
(共催)
2008-03-11
17:05
石川 北陸先端大 動的背景予測モデルによる照明条件変動下での物体検出
島田敬士田中達也九大)・有田大作九州システム情報技研)・谷口倫一郎九大IE2007-339 PRMU2007-323
動的背景モデルは,背景画素値の変動を確率的にモデル化することで,移動物体領域を頑健に検出することができる.屋外映像観測の... [more] IE2007-339 PRMU2007-323
pp.507-512
MVE, PRMU
(共催)
2007-11-29
11:30
愛媛 愛媛大学 追加学習型自己組織化写像を利用した実時間人体姿勢計測の頑健化
島田敬士叶内 円九大)・有田大作九州システム情報技研)・谷口倫一郎九大PRMU2007-129 MVE2007-62
本稿では,追加学習型の自己組織化マップである密度可変型自己組織化マップを利用することで,ビジョンベース実時間モーションキ... [more] PRMU2007-129 MVE2007-62
pp.13-18
MVE 2007-03-23
15:35
愛知 中京大学 名古屋キャンパス 動的ロードマップによるキャラクタ動作生成の高速化 ~ コンフィギュレーション空間の低次元化処理 ~
野見山英登九大)・有田大作九州システム情報技研)・谷口倫一郎九大
著者らは,仮想環境中のキャラクタが行う衝突回避動作の実時間生成について研究を行っている.既存の衝突回避動作の生成手法では... [more] MVE2006-83
pp.29-34
PRMU 2006-03-16
11:15
福岡 九大(福岡市東区) 形状復元による実時間自由視点画像生成 ~ 高精度化にむけて ~
上田 恵鍋嶋 累有田大作谷口倫一郎九大
 [more] PRMU2005-243
pp.69-76
MVE, CQ, MoNA
(併催)
2006-01-27
12:35
大分 別府温泉(リゾーピア別府:一泊二食付でナイトセッションを予定) 実時間自由視点映像生成のための多重解像度形状復元によるフレームレート安定化
鍋嶋 累上田 恵有田大作谷口倫一郎九大
著者らは, 現実世界の対象を自由な視点から表示する自由視点映像のオンライン生成について研究を行っている. 既存のシステム... [more] MVE2005-66
pp.57-62
MVE 2004-10-28
13:30
愛知 中京大学 Real-time Human Proxyにおけるアバタ生成
羽山大介吉松寿人吉本廣雅有田大作谷口倫一郎九大
 [more] MVE2004-31
pp.1-6
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会