お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2021-03-06
14:05
ONLINE オンライン開催 香大CSIRTを対象としたインシデント対応訓練システムのアセスメント分割モジュール開発
篠原駿介後藤田 中大野真伯小野滋己米谷雄介喜田弘司八重樫理人林 敏浩今井慈郎最所圭三香川大ET2020-70
インシデント対応の際,大学 CSIRT は経営者・システム管理者・利用者から報告を受け,得た情報に基づいた対応を行う.そ... [more] ET2020-70
pp.103-108
ET 2020-03-07
13:50
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
視点の解釈に基づくリスクアセスメントの再定義と可視化システムによる妥当性調査
新田和也後藤田 中米谷雄介小野滋己八重樫理人林 敏浩今井慈郎喜田弘司最所圭三香川大ET2019-92
高度化・巧妙化する情報セキュリティの脅威が増す中,常時のセキュリティ対策の検討・実施,有事の際の緊急対応を専門に担うCS... [more] ET2019-92
pp.93-98
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-23
09:55
高知 高知工科大学 脆弱性情報を利用したゼロデイ攻撃対策システムにおける構成情報収集機能の実装及び脆弱性評価機能の設計
楠目 幹喜田弘司最所圭三香川大ISEC2019-12 SITE2019-6 BioX2019-4 HWS2019-7 ICSS2019-10 EMM2019-15
ソフトウェアに脆弱性が発見され,修正パッチが配布されるまでの間に行われるゼロデイ攻撃による被害が深刻な問題となっている.... [more] ISEC2019-12 SITE2019-6 BioX2019-4 HWS2019-7 ICSS2019-10 EMM2019-15
pp.1-6
ET 2018-03-03
16:05
高知 高知工科大学(永国寺キャンパス) インシデント対応におけるリスクアセスメント過程認識のための可視化・伝達を支援するシステムの開発と評価
山崎勇二後藤田 中米谷雄介林 敏浩八重樫理人最所圭三香川大ET2017-103
近年情報セキュリティインシデントによる被害拡大が問題になっており,インシデント発生後の被害を最小限に留める適切な対応が重... [more] ET2017-103
pp.83-88
ET 2017-11-11
15:20
東京 上智大学 リスクアセスメント能力向上のためのセキュリティインシデント対応訓練システムの設計
山崎勇二後藤田 中林 敏浩八重樫理人最所圭三香川大ET2017-62
大学において端末がマルウェアに感染する情報セキュリティインシデントの発生が問題となっている.それに伴って対応を行うCSI... [more] ET2017-62
pp.53-56
IN 2014-06-27
13:50
香川 香川大学 クラウドに適したWebシステムにおけるキャッシュサーバの負荷監視および負荷分散
堀内晨彦最所圭三香川大IN2014-29
クラウド環境において負荷量に応じて動的に仮想キャッシュサーバ数を増減させることで,応答性を確保しつつ運用コストを低減する... [more] IN2014-29
pp.79-84
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会