お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HIP 2017-12-25
15:30
宮城 東北大学電気通信研究所 多様な対象に適用可能な評価因子一覧を用いた感性評価手法の提案
馬場美也子星野博之豊田中研HIP2017-85
本研究では,多様な対象に対して統一的に感性評価を行う新しい手法を提案する.従来,感性を計測・評価するためには評価対象に適... [more] HIP2017-85
pp.17-20
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2016-01-21
09:30
大阪 阪大銀杏会館 車の走行映像提示中の視線フィードバックが覚醒水準に与える影響
疋田真一阪電通大)・星野博之豊田中研PRMU2015-116 MVE2015-38
車の運転者の覚醒状態を持続させる新たな方法として,運転者に自分の視線の動きや覚醒水準を視覚的に知らせる方法(視線フィード... [more] PRMU2015-116 MVE2015-38
pp.37-40
NC, MBE
(併催)
2013-11-23
10:00
宮城 東北大学 人の高次視覚野脳活動データを用いた脳型画像認識アルゴリズム ~ 遮蔽のある歩行者画像認識への適用 ~
星野博之大脇崇史豊田中研)・倉重宏樹上野賢一Topi TanskanenKang Cheng加藤英之理研NC2013-52
本研究の目的は,歩行者や車両などを対象とした現状の画像認識において,機械が不得意とする遮蔽・ぼけなどがあっても,対象を高... [more] NC2013-52
pp.31-36
NC, MBE
(併催)
2011-03-07
11:05
東京 玉川大学 多ニューロン活動データを使って設計する視覚情報処理アルゴリズム
倉重宏樹理研)・大脇崇史星野博之豊田中研)・加藤英之理研NC2010-129
本論文では,脳の視覚処理特性を模した人工視覚情報処理システムの開発手法を提案し,その妥当性を疑似脳(人工ニューラルネット... [more] NC2010-129
pp.13-18
EA 2007-06-29
15:30
北海道 北海道大学 自動車内における両耳室内伝達関数を用いた話者と受聴者の位置推定に関する検討
瀧本まどか・○西野隆典名大)・星野博之名大/豊田中研)・武田一哉名大EA2007-33
両耳に到達した信号を利用した音源方向推定手法として,ガウス分布モデル(GMM: Gaussian Mixture Mod... [more] EA2007-33
pp.37-42
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会