電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1〜9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-01-18
09:30
大阪 大阪府立大学 人物の形状と色を補正するネットワークに基づく静止画からの動作クローン映像の生成
宮脇勇輔中村和晃明神聖子新田直子馬場口 登阪大
本研究では,ある人物の動作を撮影した映像(リファレンス映像)に基づいて別の人物の画像(ターゲット画像)を操作し,リファレ... [more] PRMU2017-115 MVE2017-36
pp.45-50
MVE, HI-SIG-VR
(連催)
2015-10-09
10:30
北海道 小樽市観光物産プラザ ゲーム化によるコミュニケーション支援
明神聖子安達寛之島田伸敬立命館大
本発表では,ゲーム化を用いたコミュニケーション支援の先行研究について概観し,その手法の持っている意味や課題について考察す... [more] MVE2015-34
pp.109-112
MVE, HI-SIG-VR
(連催)
2013-09-26
09:25
北海道 利尻町交流促進施設「どんと」 拡張現実感によるユーザ別情報提示に基づく不完全情報ゲームへの戦術性導入
明神聖子島田伸敬立命館大
 [more] MVE2013-20
pp.5-10
MVE, HI-SIG-VR
(連催)
2012-09-27
11:00
北海道 総合文化会館、根室グランドホテル(根室市) テーブルトップ型拡張現実感における情報の様態に着目した被操作物体環境
明神聖子島田伸敬立命館大
本研究では,テーブルトップ型拡張現実感における被操作仮想物体を配置する新しいメタファとして,情報が時間的に動的であるか,... [more] MVE2012-29
pp.17-20
MVE, HI-SIG-VR
(連催)
2011-10-13
15:50
北海道 稚内総合文化センター 拡張現実感の遊環境と記号論的分析に関する考察
明神聖子立命館大
Barthesのモードの体系や,BarwiseとSeligmanのチャネル理論は,記号論の流れをくむ分析手法の中に位置づ... [more] MVE2011-41
pp.55-56
MVE 2010-10-21
10:35
北海道 とかちプラザ(帯広) 予測の破壊をもたらす独り言を利用したコミュニケーション支援システムの提案
明神聖子白井良明立命館大
 [more] MVE2010-52
pp.1-5
MVE 2009-10-09
10:35
北海道 オホーツク・文化交流センター(エコセンター2000,網走市) 人をゆるやかにつなぐコミュニケーションメディアの提案
明神聖子阪大)・宮川 勲小池秀樹NTT
人は,クラスやサークル,学校や会社といった,あるコミュニティから離れてしまうことによって,それまでの仲間と,物理的な距離... [more] MVE2009-48
pp.83-88
MVE 2008-10-02
17:15
北海道 釧路市観光国際交流センター テーブルトップ型拡張現実感におけるMagicCupの提案と評価
明神聖子阪大)・加藤博一奈良先端大)・西田正吾阪大
本論文では,テーブルトップ型拡張現実感に適した3次元仮想物体操作インタフェースとして,実物体のカップを操作インタフェース... [more] MVE2008-48
pp.15-20
HIP, HCS
(共催)
2007-05-24
- 2007-05-25
沖縄 OIST Seaside House(沖縄県) ヒューマンコンピュータインタラクションのためのかすかな関係を創発するアプリケーションの試作
明神聖子仲谷美江阪大)・加藤博一奈良先端大)・西田正吾阪大
 [more]
 9件中 1〜9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会