お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HIP, ITE-CE, ITE-HI
(連催)
2014-12-01
13:00
宮城 東北大学電気通信研究所 映像の解像度および撮像対象の違いが動画像観視時の主観的印象に及ぼす影響
池田華子田中智明日高聡太石山智弘宮崎弦太立教大HIP2014-66
本研究では,動画像の解像度(4K・HD)および撮影対象(自然物・人工物)や撮影画角(広・中・狭)の違いが,観察者の主観的... [more] HIP2014-66
pp.1-6
WIT 2012-12-06
14:00
東京 産総研臨海副都心センター 同心円構造の温・冷刺激装置を用いた触覚の錯覚現象に関する研究
日高聡太上見憲弘大分大WIT2012-29
視覚障害者の失われた視覚情報を皮膚の触覚刺激によって補助・代行することを目的とし,温度感覚による触覚の錯覚現象を用いた情... [more] WIT2012-29
pp.29-34
EMM 2011-05-30
15:50
東京 国立情報学研究所 [招待講演]視聴覚コンテンツの臨場感と迫真性
鈴木陽一寺本 渉吉田和博浅井暢子日高聡太坂本修一岩谷幸雄行場次朗東北大EMM2011-6
情報通信技術の進歩に伴い,伝達可能な音声や映像データの量は日々増加する中,マルチメディア情報通信技術の高次化への期待が高... [more] EMM2011-6
pp.29-36
HIP 2009-12-18
11:40
宮城 東北大学電気通信研究所 臨場感の一般的理解 ~ 教育的背景の違いに基づく比較 ~
吉田和博寺本 渉浅井暢子東北大)・日高聡太東北大/学振)・坂本修一行場次郎鈴木陽一東北大HIP2009-112
本研究では,理系の学生を対象として,臨場感のイメージに関する調査を行った.また,教育的背景と臨場感のイメージとの関係を明... [more] HIP2009-112
pp.91-96
HIP 2009-12-18
14:05
宮城 東北大学電気通信研究所 視覚パターンの冗長度が反復の見落とし現象における視聴覚相互作用に及ぼす影響
高橋純一東北大)・日高聡太寺本 渉東北大/学振)・行場次朗東北大HIP2009-115
高速逐次視覚提示において,視覚刺激が短い時間間隔で反復提示されると,一つ目の視覚刺激 (Target 1: T1) が提... [more] HIP2009-115
pp.109-113
HIP 2008-12-18
- 2008-12-19
宮城 東北大学電気通信研究所 「臨場感」に関するイメージ調査
吉田和博寺本 渉東北大)・浅井暢子名大)・日高聡太東北大/学振)・行場次朗鈴木陽一東北大HIP2008-132
本研究では,一般の人が臨場感に対してどのようなイメージをもっているのかを明らかにするための調査を行った.その結果,「臨場... [more] HIP2008-132
pp.53-58
HIP 2008-12-18
- 2008-12-19
宮城 東北大学電気通信研究所 視覚運動物体の視覚的持続(Visible persistence)に聴覚情報変化が及ぼす影響
日高聡太東北大/学振)・寺本 渉行場次朗鈴木陽一東北大HIP2008-144
視覚運動刺激の属性(大きさ)が運動中に変化する事態では,変化した刺激の見えの長さ(視覚的持続: visible pers... [more] HIP2008-144
pp.111-116
TL 2008-08-08
16:15
宮城 ホテルオニコウベ 英語活動経験が物語聴取時における幼児の脳活動に及ぼす影響 ~ NIRSによる検討 ~
丸山 俊今野晃嗣東北大/JST)・日高聡太東北大)・柴田 寛京大)・栗原通世国士舘大)・田中章浩Tilburg Univ.)・小泉政利行場次朗東北大/JST)・萩原裕子JST/首都大東京TL2008-19
本研究ではNIRS (近赤外線分光法) を用いて,日本語 (母語),英語 (第二言語),中国語 (未接触語) の物語聴取... [more] TL2008-19
pp.41-44
TL 2008-08-08
16:15
宮城 ホテルオニコウベ 英語活動経験が英語音素対聴取時における幼児の脳活動に及ぼす影響 ~ NIRSによる検討 ~
今野晃嗣丸山 俊東北大/JST)・日高聡太東北大)・田中章浩Tilburg Univ.)・小泉政利行場次朗東北大/JST)・萩原裕子JST/首都大東京TL2008-20
本研究では、英語活動経験の異なる幼児を対象に、NIRS(近赤外線分光法)を用いて英語音素対聴取時の脳活動を測定した。参加... [more] TL2008-20
pp.45-48
HIP 2007-12-06
- 2007-12-07
宮城 東北大学電気通信研究所 音源定位学習における頭部運動とフィードバックの効果
本多明生いわき明星大)・柴田 寛日高聡太行場次朗岩谷幸雄鈴木陽一東北大HIP2007-138
本研究は,正確な音源定位行動の学習において,聴取者の頭部運動ならびに音源定位行動へのフィードバックがどのような効果をもつ... [more] HIP2007-138
pp.49-54
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会