お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MRIS, IEE-MAG
(連催)
2019-03-08
16:45
愛知 名古屋大学 コロイド粒子が実現する三角格子反強磁性イジング模型の動的モード解析
池田憶土中山牧水山本詠士慶大)・桑原正史産総研)・斎木敏治慶大MRIS2018-30
 [more] MRIS2018-30
pp.57-60
MRIS, IEE-MAG
(連催)
2018-03-09
10:25
愛知 名古屋大学 相変化材料を用いたスピングラス問題のナノ光学的解探索
比留川悠介・○斎木敏治慶大MR2017-50
 [more] MR2017-50
pp.1-3
CCS 2017-03-10
11:30
東京 東京工業大学・地球生命研究所 [招待講演]ナノ光学と流体工学を基盤とした自然知能の物理実装
斎木敏治慶大CCS2016-48
われわれは相変化材料を基盤とし、ナノ粒子系の空間コヒーレンスや流体系が包含する多彩な相互作用とゆらぎを活用したコンピュー... [more] CCS2016-48
pp.19-24
MRIS, IEE-MAG
(連催)
2017-03-10
15:10
愛知 名古屋大学 GeSbTe-Siマイクロ共振器を用いた2次元情報符号化素子の提案と動作実証
木原雄也中村政輝ソビ ファラビ片岩大智慶大)・桑原正史産総研)・斎木敏治慶大MR2016-63
近年、インターネットやSNSの発展に伴い、情報量が年々膨大に増加している。その対策として情報保存量の増加のみでなく、情報... [more] MR2016-63
pp.35-40
MRIS, ITE-MMS, IEE-MAG
(連催)
2016-03-04
13:35
愛知 名古屋大学 レーザパルス光照射によるGeTe結晶相/アモルファス相周期構造形成機構の解明
森本悠介秋本良太慶大)・桑原正史産総研)・斎木敏治慶大MR2015-35
書き換え型光ディスクなどに用いられている相変化材料の一種であるGeTeにレーザパルスを照射し結晶相からアモルファス相へ相... [more] MR2015-35
pp.33-36
OPE, EMD, CPM, LQE
(共催)
2009-08-20
11:20
宮城 東北大学 Si導波路と相変化材料を用いた小型の自己保持型2x2光スイッチ
伊熊雄一郎慶大)・河島 整金高健二産総研)・斎木敏治津田裕之慶大EMD2009-31 CPM2009-55 OPE2009-79 LQE2009-38
Si細線導波路と相変化材料導波路を利用した、自己保持型2x2光スイッチを提案した。本スイッチは材料の相変化に伴う屈折率変... [more] EMD2009-31 CPM2009-55 OPE2009-79 LQE2009-38
pp.27-30
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会