お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS 2012-01-27
09:00
沖縄 琉球大学 エージェントリポジトリを用いた異種エージェント組織化手法
中島悠太打矢隆弘内匠 逸名工大)・木下哲男東北大NS2011-164
利用者の複雑な要求に対して柔軟に対応することが出来るエージェントに注目が集まっている.同一の種類のエージェントであればエ... [more] NS2011-164
pp.109-114
NS 2012-01-27
09:20
沖縄 琉球大学 発展型エージェントシステムのための監視アーキテクチャの実装
金子智哉打矢隆弘内匠 逸名工大)・木下哲男東北大NS2011-165
従来のエージェントシステムにおける問題点を解決するため,システム全体の機能・性能の維持・改善を能動的に行う発展型エージェ... [more] NS2011-165
pp.115-120
NS 2012-01-27
09:40
沖縄 琉球大学 エージェント相互運用のための開発支援機構の設計
奥村文雄打矢隆弘内匠 逸名工大)・木下哲男東北大NS2011-166
異なるエージェントプラットフォーム上のエージェントを異種エージェントと呼ぶ.通常,異種エージェント同士は通信方式やメッセ... [more] NS2011-166
pp.121-126
IN 2010-02-04
13:50
沖縄 沖縄県男女共同参画センター エージェントシステムにおける発展的組織再構成の制御手法
打矢隆弘内匠 逸名工大)・木下哲男東北大IN2009-128
ユーザや環境とのインタラクションを通して獲得される情報・知識・経験等を活用して,システム全体の機能・性能の維持・改善を能... [more] IN2009-128
pp.11-16
AI, IPSJ-DC
(共催)
2008-11-27
09:00
沖縄 琉球大学 工学部大会議室(工学部2号館2階) 発展型ソーシャルウェアのためのリポジトリ型フレームワーク(III)
打矢隆弘名工大)・前村貴秀木下哲男東北大AI2008-24
これまで我々は,ユーザや環境とのインタラクションを通して獲得された情報・知識・経験を活用しソーシャルウェアの基本的な特性... [more] AI2008-24
pp.1-6
AI 2007-11-26
11:40
東京 関西学院大学東京丸の内キャンパス 発展型ソーシャルウェアのためのリポジトリ型フレームワーク (II)
打矢隆弘名工大)・前村貴秀李 小鹿今野 将木下哲男東北大AI2007-15
これまで我々は,ユーザや環境とのインタラクションを通して獲得された情報・知識・経験を活用しソーシャルウェアの基本的な特性... [more] AI2007-15
pp.23-28
AI 2006-11-30
13:00
東京 松下電工(汐留) 共生コンピューティング(3) ~ 子供とお年寄りの見守り事例 ~
藤田 茂千葉工大)・菅沼拓夫今野 将打矢隆弘東北大)・原 英樹千葉工大)・北形 元木下哲男東北大)・菅原研次千葉工大)・白鳥則郎東北大
 [more] AI2006-21
pp.1-6
AI 2006-12-01
10:00
東京 松下電工(汐留) 発展型ソーシャルウェアのためのリポジトリ型フレームワーク
打矢隆弘前村貴秀今野 将木下哲男東北大
 [more] AI2006-26
pp.7-12
KBSE 2006-07-31
14:40
岩手 岩手県立大学ソフトウェア情報学部 マルチエージェント組織化におけるセマンティックマッチング機能に関する一考察
吉永純也打矢隆弘今野 将木下哲男東北大
 [more] KBSE2006-9
pp.7-12
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会