電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 44件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ED 2019-04-18
14:15
宮城 東北大・通研 酸化チタンナノチューブアレイによる有機分子の光触媒分解のその場観察
馬 騰東北大)・木村康男東京工科大)・庭野道夫東北福祉大)・平野愛弓東北大
 [more] ED2019-4
pp.13-15
ED 2019-04-18
15:00
宮城 東北大・通研 金チオール修飾表面を用いたPVDF膜中の分極処理
但木大介山宮 慎馬 騰東北大)・今井裕司仙台高専)・平野愛弓東北大)・庭野道夫東北福祉大
 [more] ED2019-5
pp.17-19
ED 2019-04-18
15:25
宮城 東北大・通研 The self-assembly of nanoparticle-inserted hybrid lipid membranes at water/air interface
Xingyao FengTeng MaTakafumi DeguchiAyumi Hirano-IwataTohoku Univ.
 [more] ED2019-6
pp.21-22
ED 2019-04-18
15:45
宮城 東北大・通研 ナノ・マイクロ加工に基づく人工細胞膜デバイスの創成と薬物副作用センサへの応用
平野愛弓但木大介山浦大地加藤美生小宮麻希東北大)・井上 遥戸澤 譲埼玉大)・馬 騰山本英明東北大)・庭野道夫東北福祉大
膜タンパク質の一種であるイオンチャネルは,創薬における主要な開発ターゲットであると同時に薬物副作用を最も引き起こしやすい... [more] ED2019-7
pp.23-26
ED 2019-04-18
16:45
宮城 東北大・通研 カーボンナノチューブを混合した自立型平面脂質二分子膜の交流インピーダンスの経時変化
高島匠吾・○守屋雅隆冨岡康貴平田はるか電通大)・廣瀬文彦山形大)・平野愛弓東北大)・水柿義直電通大
ナノスケールの孔にイオンを通過させるイオニッククーロンブロッケードなどの研究が行われているが,ナノスケールの孔の作製は技... [more] ED2019-9
pp.31-34
CPM 2019-03-01
09:15
東京 電通大 P3HTを混合した自立型脂質二分子膜の光応答特性
平田はるか冨岡康貴高島匠吾守屋雅隆電通大)・廣瀬文彦山形大)・平野愛弓東北大)・水柿義直電通大
脂質二分子膜は,細胞膜を構成する基本組織である.本研究では,単分子膜貼り合わせ法でP3HTを混合した脂質二分子膜(P3H... [more] CPM2018-113
pp.53-55
CPM 2019-03-01
09:30
東京 電通大 粒径の異なる2種類の金ナノ粒子から成るランダム配列の電気的特性
関根一真森林 誠守屋雅隆谷貝知起島田 宏電通大)・平野愛弓東北大)・廣瀬文彦山形大)・水柿義直電通大
本研究では, 粒径が異なる2種類の金ナノ粒子でランダム配列を作製し, その電気的特性を調べた。素子の作製では, SiO_... [more] CPM2018-114
pp.57-60
CPM 2019-03-01
11:30
東京 電通大 人工脂質二分子膜系と無細胞合成系の融合に基づくhERGチャネルに対する薬物副作用の定量
横田澪央加藤美生山浦大地常田悠介佐藤まどか但木大介小宮麻希山本英明東北大)・井上遥香戸澤 譲埼玉大)・庭野道夫東北福祉大)・平野愛弓東北大
我々はイオンチャネルを人工脂質二分子膜に包埋した再構成系に基づく薬物スクリーニング系の開発を目指しており、シリコン(Si... [more] CPM2018-119
pp.75-76
CPM 2019-03-01
11:45
東京 電通大 フラーレン微粒子ドープ脂質二分子膜の導電率制御
八巻友祐長谷山拓実鹿又健作吉田一樹有馬 ボシール アハンマド山形大)・平野愛弓東北大)・廣瀬文彦山形大
 [more] CPM2018-120
pp.77-79
NC, MBE
(併催)
2018-10-19
14:25
宮城 東北大学 階層的モジュール構造を有する神経回路網モデルにおける活動パターンの機能的複雑性
袁 之雄山本英明守谷 哲井手克哉東北大)・久保田 繁山形大)・佐藤茂雄平野愛弓東北大
近年,生体脳の情報処理機構を模倣した新しい計算原理を有するハードウェアの研究開発が盛んに行われている.脳は外部メモリや命... [more] NC2018-14
pp.7-12
NC, MBE
(併催)
2018-10-19
14:50
宮城 東北大学 モジュール構造型神経回路モデルにおける興奮性-抑制性均衡とネットワークダイナミクス
守谷 哲山本英明袁 之雄井手克哉脇村 桂平野愛弓東北大)・久保田 繁山形大)・佐藤茂雄東北大
脳機能を模倣した情報処理システムは,現行のノイマン型コンピュータが苦手とする情報処理を低消費電力かつ高速に実行しうる能力... [more] NC2018-15
pp.13-17
ED 2018-04-19
13:30
山形 山形大学 金属細線を包埋したPVDFフレキシブル圧力センサの作製
但木大介山宮 慎馬 騰東北大)・今井裕司仙台高専)・平野愛弓東北大)・庭野道夫東北福祉大
 [more] ED2018-1
pp.1-3
ED 2018-04-19
14:20
山形 山形大学 金ナノ粒子ランダム配列において観測された単一電子トランジスタ的な特性
守屋雅隆Tran Thi Thu Huong松本和彦森林 誠島田 宏電通大)・木村康男東京工科大)・平野愛弓東北大)・水柿義直電通大
我々は,酸化膜で覆われた基板上に電極を作製した後に金コロイド溶液を滴下・乾燥させ,金ナノ粒子をランダムに配列させることで... [more] ED2018-3
pp.9-12
ED 2018-04-19
16:00
山形 山形大学 Lateral charge transport in perovskite solar cells
Teng MaDaisuke TadakiTohoku Univ.)・Michio NiwanoTohoku Fukushi Univ.)・Ayumi Hirano-IwataTohoku Univ.
 [more] ED2018-6
pp.21-23
ED 2018-04-20
10:10
山形 山形大学 微細加工に基づく人工細胞膜の安定化と薬物副作用センサへの応用
平野愛弓但木大介山浦大地荒田航平大堀 健東北大)・井上遥香埼玉大)・馬 騰山本英明東北大)・戸澤 譲埼玉大)・庭野道夫東北福祉大
 [more] ED2018-10
pp.37-40
ED 2018-04-20
11:00
山形 山形大学 ITO支持型脂質二分子膜デバイスの光応答特性
長谷山拓実鹿又健作三浦正範有馬 ボシール アハンマド久保田 繁山形大)・手老龍吾豊橋技科大)・平野愛弓東北大)・廣瀬文彦山形大
 [more] ED2018-12
pp.45-47
ED 2018-04-20
11:25
山形 山形大学 イオンチャネル計測に用いられる脂質二重膜内のマイクロドメインのホスファチジルエタノールアミン濃度依存性
メルヴィン ゴー ウェイ シェン豊橋技科大)・平野愛弓東北大)・庭野道夫東北福祉大)・手老龍吾豊橋技科大
細胞膜は脂質二重膜を基本構造とし,膜内での脂質ドメインは細胞膜を介した物質輸送に関わる要因の1つである.本研究では,支持... [more] ED2018-13
pp.49-52
CPM 2018-03-02
09:45
東京 東京工科大学 シラン化処理を施した基板上に作製した金ナノ粒子配列の単一電子素子への応用
谷貝知起松本和彦森林 誠守屋雅隆島田 宏電通大)・平野愛弓東北大)・廣瀬文彦山形大)・水柿義直電通大
本研究では,シラン化処理を施した基板を金コロイド溶液へ液浸させる手法を用いて,均一に分散された金ナノ粒子配列を形成した.... [more] CPM2017-128
pp.49-52
CPM 2018-03-02
11:15
東京 東京工科大学 自立型脂質二分子膜の等価回路解析
冨岡康貴高島匠吾守屋雅隆電通大)・広瀬文彦山形大)・平野愛弓東北大)・水柿義直電通大
生物の機能上の最小単位は細胞であり, その細胞膜を構成する脂質二分子膜は, 比較的簡便な方法で作製することが可能である。... [more] CPM2017-133
pp.67-70
CPM 2018-03-02
11:30
東京 東京工科大学 ITO支持型脂質二分子膜の光センサ応用
長谷山拓実鹿又健作三浦正範有馬 ボシール アハンマド久保田 繁山形大)・平野愛弓東北大)・廣瀬文彦山形大
 [more] CPM2017-134
pp.71-74
 44件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会