お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 45件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, MBE
(併催)
2021-03-03
10:30
ONLINE オンライン開催 異なる動物種における予測的視運動性眼球運動獲得可否と中枢速度蓄積機構容量の関係評価
山中都史美中部大)・Rosendo G. HernandezaPablo M. BlazquezWUSM)・平田 豊中部大NC2020-43
眼球運動の主目的の一つは網膜像のブレを抑制することである.視界の大部分が一定方向に動いたときに視運動性眼球運動(OKR)... [more] NC2020-43
p.11
NC, MBE
(併催)
2021-03-03
10:55
ONLINE オンライン開催 小脳・脳幹コネクトームに基づく神経回路モデルによる前庭神経切断が中枢速度蓄積機構に与える影響予測
進士裕介平田 豊中部大NC2020-44
多くの脊椎動物では,視野の広範囲を占める視覚パターンの動きに対し,これを追従するように視運動性眼球運動(OKR)と呼ばれ... [more] NC2020-44
pp.12-16
HIP 2020-10-09
13:45
ONLINE オンライン開催 不随意性自発頭部運動により誘発される前庭動眼反射を用いた覚醒度評価
山中都史美平田 豊中部大HIP2020-46
前庭動眼反射(VOR)は頭部運動時に眼球をほぼ同じ速さで反転させることにより,視野を安定化させる反射性眼球運動である.こ... [more] HIP2020-46
pp.70-74
HIP 2020-10-09
16:10
ONLINE オンライン開催 瞳孔応答を指標とした日本人英語学習者の単語理解度評価
平田貴士三島浩路深谷圭助平田 豊中部大HIP2020-50
ヒトの瞳孔径は, 外界の輝度変化に応じて変化するだけでなく, 暗算課題などの認知負荷に対しても応答することが知られている... [more] HIP2020-50
pp.87-92
NC, MBE
(併催)
2020-03-04
09:30
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
多重同心円交差特徴量によるサッカード眼球運動のリアルタイム高精度検出法の提案と評価
白井芳宜平田 豊中部大NC2019-75
多重同心円交差特徴量(Multiple Concentric Circle Feature : MCF)によるサッカード... [more] NC2019-75
p.1
NC, MBE
(併催)
2020-03-06
10:20
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
心拍と呼吸により誘発される前庭動眼反射と覚醒度の関係性評価
山中都史美平田 豊中部大MBE2019-94
前庭系の障害により,心拍の度に視界が揺れ,本が読めなくなったという事例など,心拍によって頭部動揺が生じることは古くから知... [more] MBE2019-94
pp.71-76
NC, MBE
(共催)
2019-12-06
10:10
愛知 豊橋技術科学大学 小脳スパイキングニューラルネットワークモデルのFPGA実装
進士裕介中部大)・奥野弘嗣阪工大)・平田 豊中部大MBE2019-46 NC2019-37
小脳は運動の制御と学習の中核を担う.小脳の神経回路網の構造と構成要素である各種ニューロンの特性は,長年の解剖・生理学的研... [more] MBE2019-46 NC2019-37
pp.7-12
HIP 2019-10-31
10:45
京都 京都テルサ 歩きスマートフォン操作が及ぼすVORパフォーマンスへの影響
寺本智貴中部大)・山本雅也愛知工科大)・平田 豊中部大HIP2019-57
街中や駅構内で頻繁に見かける「歩きスマホ」は,周囲への注意欠損による重大な事故につながる行為として社会問題となっている.... [more] HIP2019-57
pp.47-52
NC, MBE
(併催)
2019-03-06
14:15
東京 電気通信大学 ヒトの予測的視運動性眼球運動の特性評価
松澤裕太平田 豊中部大NC2018-81
本研究は,未だ工学的に実現することが困難な,人やそれ以外の多くの動物に認められる予測性運動制御の脳内神経機構を明らかにし... [more] NC2018-81
p.205
NC, MBE
(併催)
2019-03-06
14:30
東京 電気通信大学 小脳除去手術が並進・傾き複合運動中の金魚の前庭動眼反射に与える影響の評価
中野仁賀平田 豊中部大NC2018-82
本研究は,「並進加速度と重力軸に対する傾きにより生じる加速度はいかなる加速度センサでも識別不能」というEinsteinの... [more] NC2018-82
p.207
MBE, NC
(併催)
2018-11-22
13:45
京都 京都大学 前庭動眼反射と視運動性眼球運動ゲイン適応の非対称関係
山中都史美進士裕介池田拓未松山将之平田 豊中部大NC2018-23
眼球運動の主目的の一つは頭部動揺時の視野の安定化にある.前庭動眼反射(VOR)は,頭部運動時に眼球をほぼ同じ速さで反転さ... [more] NC2018-23
p.3
NC, MBE
(併催)
2018-10-19
17:15
宮城 東北大学 眼球運動を指標としたTilt-Translation識別の曖昧性評価
中野仁賀平田 豊中部大NC2018-20
頭部加速度センサーの耳石器は,アインシュタインの等価原理により,並進運動 (Translation) と重力軸に対する頭... [more] NC2018-20
p.39
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2018-06-14
11:00
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 古典的伝達関数モデルによる予測性眼球運動獲得過程における小脳の役割評価
三木俊太郎中部大)・ロバート ベイカーニューヨーク大)・平田 豊中部大NC2018-12
 [more] NC2018-12
p.29
MBE, NC
(併催)
2018-05-19
14:55
富山 富山大学 Oculo-feedbackのためのマイクロサッカードと空間的注意の関係解析
惠本序珠亜平田 豊中部大NC2018-2
Oculo-feedbackは注意制御能力の訓練手法として,我々が実現を目指している技術である.Oculo-feedba... [more] NC2018-2
p.7
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2017-06-23
15:15
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 文脈に依存したVOR運動学習を再現する人工小脳神経回路モデル
高取昇悟稲垣圭一郎平田 豊中部大NC2017-7
あらまし 前庭動眼反射(VOR)は,小脳が関与する運動学習のモデルシステムとして古くから研究されている.VOR運動学習... [more] NC2017-7
pp.15-20
HIP 2016-09-28
10:50
奈良 奈良春日野国際フォーラム 予測性焦点調節制御の評価
梅本峻矢平田 豊中部大HIP2016-52
焦点調節は網膜像のボケを感覚する事から始まるフィードバック制御により働き,速く運動する視覚対象物に焦点調節を行う事は困難... [more] HIP2016-52
pp.45-50
HIP 2016-09-28
15:50
奈良 奈良春日野国際フォーラム 小脳両半球構造を陽に記述した人工小脳による前庭動眼反射運動学習シミュレーション
稲垣圭一郎平田 豊中部大HIP2016-60
小脳の損傷により運動学習が阻害されることから,小脳が運動学習の中核を担うと考えられている.頭部運動時に,それとは逆方向へ... [more] HIP2016-60
pp.85-90
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2016-07-05
17:30
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 [招待講演]眼球運動適応制御の神経機構 ~ 動物実験・小脳BMI・神経回路モデリング統合アプローチとロボット制御、居眠り運転防止、運動学習促進技術への応用 ~
平田 豊中部大NC2016-9
 [more] NC2016-9
p.175
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2016-07-06
13:00
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 予測的な眼球運動の学習における小脳の役割
三木俊太郎中部大)・ロバート ベイカーニューヨーク大)・平田 豊中部大NC2016-10
 [more] NC2016-10
pp.201-206
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2016-07-06
13:25
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 Oculofeedbackシステムの開発とマイクロサッカードフィードバック実験
惠本序珠亜平田 豊中部大NC2016-11
生体情報応用手法の一つにバイオフィードバックがある.バイオフィードバックは生体信号から抽出した情報を被験者にフィードバッ... [more] NC2016-11
pp.207-210
 45件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会