お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 58件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2021-07-03
13:35
ONLINE オンライン開催 言語学習を対象とした自学自習システムの研究 ~ 関連研究と脳波収集システムの開発 ~
梅澤克之湘南工科大)・中澤 真会津大短大部)・小林 学早大)・石井雄隆千葉大)・中野美知子平澤茂一早大ET2021-6
本研究の目的は,言語学習を統一的な枠組みで捉え,相手(学習者)を感じて助言を行う人工教師を搭載した自学自習システムを開発... [more] ET2021-6
pp.7-12
ET 2021-03-06
15:00
ONLINE オンライン開催 ビジュアル型言語とテキスト型言語の学習状況の比較
梅澤克之湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大ET2020-72
近年,プログラミングの入門としてビジュアル型のプログラミング言語が使われるようになってきている.その後はC言語やJava... [more] ET2020-72
pp.115-120
ET 2020-09-10
14:40
石川 北陸先端科学技術大学院大学 金沢駅前オフィス プログラミング学習時の学習履歴を活用した論理エラーの分析
梅澤克之湘南工科大)・中澤 真会津大短大部)・小林 学早大)・石井雄隆千葉大)・中野美知子平澤茂一早大ET2020-17
 [more] ET2020-17
pp.41-46
ET 2020-03-07
13:00
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
簡易脳波計を用いたプログラミング学習時のケアレスミスの検出
梅澤克之湘南工科大)・中澤 真会津大短大部)・小林 学早大)・石井雄隆千葉大)・中野美知子平澤茂一早大ET2019-100
 [more] ET2019-100
pp.135-140
ET 2019-07-06
13:00
岩手 岩手県立大学 グループ分け反転授業における自習時の理解度について
梅澤克之湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大ET2019-19
我々は,学生が自宅で自習を行うときに学習ログを取得し,学習時間と理解度の関係から学生を複数のグループに分類した上で教場で... [more] ET2019-19
pp.21-24
ET 2019-06-15
11:05
岐阜 中部学院大学 グループ分け反転授業の2年間の実授業への適用と評価
梅澤克之湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大ET2019-10
近年,授業と宿題の役割を「反転」させ,授業時間に先立って知識習得(自習)を済ませ,教室では知識確認や問題解決学習を行う授... [more] ET2019-10
pp.7-12
ET 2018-10-20
15:10
福岡 福岡工業大学 グループ分け反転授業の実授業への適用とアンケート評価
梅澤克之湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大ET2018-49
近年,反転授業が注目され始めた.反転授業とは,授業と宿題の役割を「反転」させ,授業時間に先立ってデジタル教材等により知識... [more] ET2018-49
pp.65-70
ET 2018-03-03
12:50
高知 高知工科大学(永国寺キャンパス) グループ分け反転授業の実授業への適用
梅澤克之小林 学湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大ET2017-123
近年,反転授業が注目され始めた.反転授業とは,授業と宿題の役割を「反転」させ,授業時間に先立って知識習得(自習)を済ませ... [more] ET2017-123
pp.199-204
IT 2017-07-14
14:10
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス) Exponential Error Bounds for Block Codes Constructed by Unit Memory Trellis Codes
Shigeichi HirasawaWaseda Univ.)・Hideki YagiUEC)・Manabu KobayashiShonan Inst. of Tech.)・Masao KasaharaWaseda Univ.IT2017-33
 [more] IT2017-33
pp.97-102
ET 2017-01-28
09:10
神奈川 国立特別支援教育総合研究所 自習時のログ情報に基づく効果的な反転授業の評価
梅澤克之小林 学湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大ET2016-78
近年,反転授業が注目され始めた.反転授業とは,授業と宿題の役割を「反転」させ,授業時間に先立ってデジタル教材等により知識... [more] ET2016-78
pp.1-6
IT, EMM
(共催)
2016-05-19
13:15
北海道 小樽経済センター 確率伝搬法に基づく疎信号のサポート復元に関する一考察
堀井俊佑松嶋敏泰平澤茂一早大IT2016-4 EMM2016-4
本研究では,疎信号の線形変換に雑音が加わった観測信号から疎信号のサポート... [more] IT2016-4 EMM2016-4
pp.19-24
IT 2015-09-04
09:00
石川 白山菖蒲亭 シンボルペア通信路における2元線形符号の線形計画復号法について
堀井俊佑松嶋敏泰平澤茂一早大IT2015-34
本研究では,シンボルペア通信路における2元線形符号の新たな復号法を提案する.
シンボルペア通信路は,記録の解像度に対し... [more]
IT2015-34
pp.1-6
IT 2014-09-19
09:50
千葉 千葉県 鳩山荘 松庵 Forneyの判定基準を用いた最尤復号法の一般化に対するDS2上界式とSulman-Feder上界式の関係について
新家稔央東京都市大)・八木秀樹電通大)・平澤茂一早大IT2014-43
ShamaiとSasonは,最尤復号法の復号誤り確率の上界式であるDS2上界式に条件を付加することで,従来知られている様... [more] IT2014-43
pp.13-18
IT 2013-09-27
10:15
沖縄 沖縄・カルチャーリゾート フェストーネ Iterative Multiuser Joint Decoding based on Augmented Lagrangian Method
Shunsuke HoriiTota SukoToshiyasu MatsushimaShigeichi HirasawaWaseda Univ.IT2013-34
 [more] IT2013-34
pp.13-17
NLP 2013-07-09
15:20
沖縄 宮古島マリンターミナル 回帰木を用いた画像の無歪みデータ圧縮
小林 学湘南工科大)・平澤茂一早大NLP2013-47
自動分類問題や回帰問題に対して,2001 年に L. Breiman により提案されたランダムフォレストは,CART に... [more] NLP2013-47
pp.117-122
IT, ISEC, WBS
(共催)
2013-03-07
13:40
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 最適2元線形定重み符号群の一般的構成法
笠原正雄平澤茂一早大IT2012-70 ISEC2012-88 WBS2012-56
 [more] IT2012-70 ISEC2012-88 WBS2012-56
pp.53-58
IBISML 2012-11-07
15:30
東京 筑波大学 東京キャンパス文京校舎 テキスト分類問題におけるカテゴリ情報を用いた適応的距離学習に関する一考察
三川健太石田 崇後藤正幸平澤茂一早大IBISML2012-45
学習データの特徴を表現した行列の学習を行うメトリックラーニングの一手法として拡張余弦尺度が提案されている.しかしながら,... [more] IBISML2012-45
pp.83-88
IBISML 2012-11-07
15:30
東京 筑波大学 東京キャンパス文京校舎 プライバシー保護を目的とした線形回帰モデルにおける最小二乗推定量の分散計算法について
須子統太堀井俊佑早大)・小林 学湘南工科大)・後藤正幸松嶋敏泰平澤茂一早大IBISML2012-49
本稿ではプライバシー保護を目的とした回帰分析について扱う.まず,2 者が異なる属性に関するデータを保持しているもとで,2... [more] IBISML2012-49
pp.107-111
IT 2012-09-28
11:30
群馬 草津セミナーハウス MIMO通信における相互情報量基準に基づく量子化器の設計法
小林 学湘南工科大)・八木秀樹電通大)・二宮 洋湘南工科大)・平澤茂一早大IT2012-41
B. M. Kurkoskiらは2元入力離散多値出力通信路に対し,相互情報量を基準とする最適な量子化器の設計法を提案した... [more] IT2012-41
pp.59-64
NLP 2011-11-11
09:35
沖縄 宮古島マリンターミナル2F研修室 文脈木重みづけ法を用いた文書分類の誤り確率について
小林 学湘南工科大)・後藤正幸松嶋敏泰早大)・平澤茂一サイバー大NLP2011-111
性能の良いデータ圧縮法として文脈木重みづけ法が知られており,これを用いた文書分類法が提案されている.本研究では各カテゴリ... [more] NLP2011-111
pp.109-114
 58件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会