お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2022-03-11
14:30
ONLINE オンライン開催 並列計算機における自動チューニングを用いた通信最適化
胡 曜平澤将一情報研)・本田 巧長坂侑亮福本尚人富士通)・鯉渕道紘情報研CPSY2021-61 DC2021-95
本報告では,並列計算機におけるMPI並列プログラムの通信に関する自動チューニングを探究する.アプリケーション毎にMPIの... [more] CPSY2021-61 DC2021-95
pp.97-102
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2021-03-26
10:00
ONLINE オンライン開催 Approximateネットワークの性能揺らぎに対応する動的最適化
平澤将一鯉渕道紘NIICPSY2020-59 DC2020-89
一定のビット誤りを許容するApproximateネットワークは,
既存のネットワークと比較して広帯域かつ低レイテンシで... [more]
CPSY2020-59 DC2020-89
pp.55-60
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-06
10:55
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
選択的な低処理遅延データ圧縮による高バンド幅相互結合網
丹羽直也慶大)・平澤将一鯉渕道紘NII)・天野英晴慶大VLD2019-126 HWS2019-99
本技報では,並列計算で発生する通信データを低遅延で圧縮することにより,end-to-end実効スループットを仮想的に向上... [more] VLD2019-126 HWS2019-99
pp.185-190
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2020-02-27
14:30
鹿児島 与論町中央公民館 Approximateネットワークに対する動的最適化基盤
平澤将一鯉渕道紘NIICPSY2019-92 DC2019-98
一定のビット誤りを許容するApproximateネットワークは,
既存のネットワークと比較して広帯域かつ低レイテンシで... [more]
CPSY2019-92 DC2019-98
pp.1-6
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2019-03-17
17:45
鹿児島 西之表市民会館(種子島) Approximate 相互結合網を用いた巡回セールスマン問題の並列蟻コロニー最適化による解法の高速化
丹羽直也慶大)・平澤将一鯉渕道紘NII)・天野英晴慶大CPSY2018-110 DC2018-92
我々は,通信路上で一定のビット誤りを許容することで,相互結合網の広帯域化と低遅延化を両立し,
その結果,データセンター... [more]
CPSY2018-110 DC2018-92
pp.193-198
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
DC
(併催) [詳細]
2018-07-31
17:30
熊本 熊本市国際交流会館 水没による計算機超高密度実装の検討
平澤将一NII)・十時知滉慶大)・藤原一毅NICT)・鯉渕道紘NIICPSY2018-24
ラック当たり80kWを超えるような計算機の超高密度実装は、設置コストの低減および超高バンド幅低遅延通信に有効であるが、既... [more] CPSY2018-24
pp.147-152
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2018-03-07
15:45
島根 隠岐の島文化会館 並列計算機におけるサーキットスイッチ・ネットワークの伝送遅延を最小化する方法
胡 曜平澤将一鯉渕道紘NIICPSY2017-135 DC2017-91
Network congestion usually leads to increased communication ... [more] CPSY2017-135 DC2017-91
pp.95-100
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
DC
(併催) [詳細]
2017-07-26
15:45
秋田 秋田アトリオンビル(秋田) 水没プロセッサチップの温度と性能評価
十時知滉松谷宏紀天野英晴慶大)・藤原一毅NICT)・平澤将一鯉渕道紘NIICPSY2017-22
水はフロリナートや鉱物油一般と比べて熱伝達率が高い.そこで,水による直接冷却によって,従来の空冷,液浸冷却方式と比べて,... [more] CPSY2017-22
pp.37-42
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会