お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM 2022-07-08
10:20
北海道 とかちプラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[奨励講演]vhost-userにおけるキャッシュ作用の究明に向けた包括的評価
竹谷大地川島龍太名工大)・中山裕貴林 經正ボスコ)・松尾啓志名工大
 [more]
ICM 2021-07-16
10:25
ONLINE オンライン開催 仮想I/Oのキャッシュ汚染解消に向けたNon-Temporal命令の有効性評価
竹谷大地川島龍太名工大)・中山裕貴林 經正ボスコ・テクノロジーズ)・松尾啓志名工大ICM2021-16
柔軟かつ迅速なネットワーク運用管理の実現に向けて,ネットワーク機能のクラウドネイティブ化が進んでいるが,ベアメタル形式の... [more] ICM2021-16
pp.34-39
IN, NS
(併催)
2021-03-05
13:00
ONLINE オンライン開催 高性能ネットワークスライシングを実現するCNF/WBS動的協調アーキテクチャ
福島広紀川島龍太松尾啓志名工大NS2020-160
ネットワークスライシングの実現に向けて,クラウドネイティブなネットワーク機能(Cloud Native Network ... [more] NS2020-160
pp.220-225
ICM 2020-07-17
10:30
ONLINE オンライン開催 ネットワーク機能の仮想マシン/コンテナ化を支援するvhost-userの性能解析
川島龍太名工大ICM2020-16
vhost-userとはユーザ空間上での高速なプロセス間通信を実現する仕組みであり,共有メモリ上に構築されたリングバッフ... [more] ICM2020-16
pp.49-54
NS 2019-10-10
13:30
愛知 名古屋工業大学 [ポスター講演]開発・運用サポートを目的としたNFVノード可視化機構の開発
堂垂正裕川島龍太松尾啓志名工大NS2019-107
 [more] NS2019-107
pp.37-38
NS 2019-10-10
13:30
愛知 名古屋工業大学 [ポスター講演]NFVノードにおけるパケットI/O性能向上手法の検討 ~ データパスおよび受信処理の並列化実装 ~
浅田雅裕川島龍太松尾啓志名工大NS2019-109
 [more] NS2019-109
pp.45-47
NS 2019-10-10
13:30
愛知 名古屋工業大学 [ポスター講演]Whitebox switchにおけるμVNFの動的展開に向けた通信アーキテクチャ
福島広紀川島龍太松尾啓志名工大NS2019-110
 [more] NS2019-110
pp.49-50
OCS, PN, NS
(併催)
2019-06-21
11:20
岩手 MALIOS(盛岡) NFVノードにおけるパケットI/O性能向上のためのデータパス並列化
浅田雅裕川島龍太名工大)・中山裕貴林 經正ボスコ・テクノロジーズ)・松尾啓志名工大NS2019-37
NFV化されたネットワークは運用の柔軟性やコスト面で優れているが,汎用サーバベースのNFVノードでは,DPDK (Dat... [more] NS2019-37
pp.11-16
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-15
10:20
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス DPDKの処理モデルに基づくNFVノード可視化機構の開発 ~ 負荷計測手法の一検討 ~
堂垂正裕田口雄規川島龍太名工大)・中山裕貴林 經正ボスコ・テクノロジーズ)・松尾啓志名工大ICM2018-30
 [more] ICM2018-30
pp.33-38
ICM 2017-07-07
09:00
北海道 函館商工会議所 仮想マシンとホスト間の通信に着目した段階的なパケット集約によるNFV効率化手法
田口雄規川島龍太名工大)・中山裕貴林 經正ボスコ・テクノロジーズ)・松尾啓志名工大ICM2017-10
Network Functions Virtualization (NFV) を用いた環境では,ネットワーク機能を汎用サ... [more] ICM2017-10
pp.33-38
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2016-11-24
16:20
山口 下関商工会議所 [招待講演]オープンソース仮想スイッチの実装に見るDPDKの使用方法と性能への影響
川島龍太名工大NS2016-109 CQ2016-81 ICM2016-27
近年,仮想スイッチによるパケット処理性能向上のため,DPDK (Data Plane Development Kit)を... [more] NS2016-109 CQ2016-81 ICM2016-27
pp.43-48(NS), pp.41-46(CQ), pp.13-18(ICM)
ICM 2016-03-11
09:50
沖縄 沖縄県青年会館 Linuxにおけるパケット処理機構の性能評価に基づいたNFV導入の一検討
村松 真川島龍太名工大)・中山裕貴林 經正ボスコ・テクノロジーズ)・松尾啓志名工大ICM2015-47
迅速かつ柔軟にネットワークサービスを提供可能な Network Functions irtualization (NFV... [more] ICM2015-47
pp.31-36
IN, NV
(併催)
2015-07-16
13:50
北海道 北海道大学 マルチテナントデータセンターにおけるブロードキャスト通信最適化の一検討
松尾圭佑川島龍太松尾啓志名工大IN2015-25
マルチテナント型のデータセンタを実現するために,オーバレイ方式によるネットワーク仮想化を行う方法が注目されている.しかし... [more] IN2015-25
pp.13-18
CQ, CS
(併催)
2015-04-22
13:00
福岡 福岡工業大学 フロー処理やネットワーク機能の処理負荷を考慮したVSEリソース割当て最適化の検討
村松 真川島龍太齋藤彰一松尾啓志名工大)・中山裕貴林 經正ボスコ・テクノロジーズCQ2015-12
現在,マルチテナントサービスを提供するデータセンタでは,仮想スイッチと IP トンネリングを利用して仮想ネットワークを構... [more] CQ2015-12
pp.63-68
CQ 2015-01-23
11:20
東京 芝浦工大(豊洲) 仮想スイッチと仮想マシンによる二重TCP再送制御を抑制するTCPトンネリング手法
山崎一樹川島龍太齋藤彰一松尾啓志名工大CQ2014-106
マルチテナント方式のサービスを提供するデータセンタでは,各テナントに独立した仮想ネットワークを提供している.仮想スイッチ... [more] CQ2014-106
pp.113-118
CPSY, DC
(併催)
2014-07-30
14:25
新潟 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター CassandraにおけるQuorumパラメータの動的制御による性能向上
田中俊也福田 諭川島龍太齋藤彰一松尾啓志名工大CPSY2014-39
分散キーバリューストア(分散KVS)は,
単純なデータの保存や検索を高速に行うこと
が出来るため,多くのWebサービ... [more]
CPSY2014-39
pp.173-178
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-01-28
14:35
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス MongoDBにおけるデータの自動バランシング機能Auto-Shardingの優先度付きChunkによる性能改善
佐藤貫大川島龍太松尾啓志名工大VLD2013-111 CPSY2013-82 RECONF2013-65
インターネットの急速な発展により,大量のデータを容易に管理することが可
能なNoSQLが注目を集めている.しかしながら... [more]
VLD2013-111 CPSY2013-82 RECONF2013-65
pp.55-60
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-01-28
15:00
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス アクセスタイミングを考慮したメモリページ転送順序スケジューリングによる仮想マシンライブマイグレーションの高速化
中居新太郎川島龍太松尾啓志名工大VLD2013-112 CPSY2013-83 RECONF2013-66
IaaS型クラウドコンピューティングを用いたシステムを提供するデータセンタでは,仮想マシンの初期配置時には運用中に掛かる... [more] VLD2013-112 CPSY2013-83 RECONF2013-66
pp.61-66
ISEC 2006-09-13
10:20
東京 機械振興会館 音響信号に音響信号をリアルタイムで埋め込むステガノグラフィ技術の提案
黄 緒平川島龍太瀬川典久阿部芳彦岩手県立大
近年、悪意を持つ第三者がプライバシーを侵害されることが大量に発生し、情報を埋め込むことが重要な技術として発展している、特... [more] ISEC2006-74
pp.15-22
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会