電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DE 2016-09-13
16:10
神奈川 慶応大学日吉キャンパス MapReduceにおけるShuffleの性能解析
大黒晴之川島英之建部修見筑波大DE2016-15
本研究ではMapReduceにおけるshuffleの性能に関して,ネットワークI/OとディスクI/Oの2つの観点から詳細... [more] DE2016-15
pp.19-24
ASN
(第二種研究会)
2015-12-04
15:15
海外 Singapore Management University, Singapore Efficient Similarity Search exploiting Distributed Computing
Ryuya MitsuhashiHideyuki KawashimaOsamu TatebeUniv. Tsukuba
 [more]
ASN
(第二種研究会)
2015-12-04
15:35
海外 Singapore Management University, Singapore Toward the Redesign of Resilient Distributed Data
Harunobu DaikokuHideyuki KawashimaOsamu TatebeUniv. of Tsukuba
 [more]
MoNA, IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
2014-03-14
17:25
神奈川 慶應義塾大学(日吉キャンパス) 推論処理を有するストリーム処理基盤
川島英之筑波大)・黒川茂莉KDDI研MoNA2013-79
 [more] MoNA2013-79
pp.177-182
CPSY 2013-11-08
14:45
広島 広島大学 データ処理基盤における加速器連携機構の検討
川島英之筑波大)・三好健文イーツリーズ・ジャパンCPSY2013-49
 [more] CPSY2013-49
pp.55-60
RECONF 2013-09-18
15:30
石川 北陸先端科学技術大学院大学 リコンフィギュラブルハードウェアを用いた高速ストリーム処理の一検討
福田エリック駿北大)・川島英之筑波大)・井上浩明NEC)・藤井太郎古田浩一朗ルネサス エレクトロニクス)・浅井哲也本村真人北大RECONF2013-21
リコンフィギュラブルハードウェアの有力な応用先としてストリーム処理が注目されている。本研究では、ストリーム処理のオペレー... [more] RECONF2013-21
pp.7-12
IN 2013-06-20
14:25
福井 福井大学 文京キャンパス アカデミーホール C言語による動的リコンフィギュラブルハードウェアへのWindow Joinの実装
福田エリック駿北大)・川島英之筑波大)・井上浩明NEC)・浅井哲也本村真人北大IN2013-26
近年、ハードウェアによるストリーム処理が注目されている。これまでソフトウェアエンジニアによるハードウェアの開発は難しかっ... [more] IN2013-26
pp.7-12
ASN, IPSJ-UBI
(連催)
2013-05-16
10:15
熊本 熊本大学 In-DSMS分析システムへ向けて
川島英之筑波大ASN2013-3
 [more] ASN2013-3
pp.13-18
ASN, IPSJ-UBI
(連催)
2013-05-16
14:20
熊本 熊本大学 AISを用いた複合イベント処理の効率化
西村直孝川島英之北川博之筑波大ASN2013-9
現在では,GPSやRFIDなどのセンシングデバイスが多く普及しており,これらから得られるデータはストリームデータとして扱... [more] ASN2013-9
pp.45-50
CPSY, VLD, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2013-01-17
10:00
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス FPGA-based Implementation of Sliding-Window Aggregates over Disordered Data Streams
Yasin OgeMasato YoshimiUniv. of Electro-Comm.)・Takefumi Miyoshie-trees)・Hideyuki KawashimaUniv. of Tsukuba)・Hidetsugu IrieTsutomu YoshinagaUniv. of Electro-Comm.VLD2012-125 CPSY2012-74 RECONF2012-79
 [more] VLD2012-125 CPSY2012-74 RECONF2012-79
pp.105-110
CPSY 2012-10-12
15:50
広島 広島大学 確率推論の事前計算化に関する検討
川島英之筑波大CPSY2012-41
 [more] CPSY2012-41
pp.61-66
IN 2012-10-10
14:00
東京 東京大学 山上会館 サービス指向ルータ・インフラストラクチャ
西 宏章松谷宏紀久保亮吾石田慎一慶大)・下條敏男岩崎慶介日立情報通信エンジニアリング)・川島英之筑波大)・藤原一毅・○鯉渕道紘NII)・田所将志NTTIN2012-76
我々は,パケットの意味情報の解析結果により情報の授受・検索・共有をはかる
ことで,豊かなサービスを提供する中心ハードウ... [more]
IN2012-76
pp.13-17
DE 2012-08-02
11:00
愛知 名古屋大学 トランザクショナルなストリームデータ処理の実現方式
小山田昌史川島英之北川博之筑波大DE2012-21
スマートフォンより継続的に送信される位置情報やWebサーバにおける各種ログをはじめとするストリームデータの分析処理に注目... [more] DE2012-21
pp.29-34
RCS, NS, USN
(併催)
2012-07-19
11:55
岩手 岩手大学 ベイジアンネットワークを有するリレーショナルストリームデータ処理の高速化に関する一検討
川島英之筑波大USN2012-20
 [more] USN2012-20
pp.19-20
USN, IPSJ-UBI
(連催)
2011-07-14
16:20
福岡 九州大学西新プラザ 確率推論ストリームデータ処理の効率化に関する一検討
川島英之筑波大
 [more]
PRMU, DE
(共催)
2011-06-06
10:30
神奈川 慶應大学日吉校舎 来往舎 ストリームに起因する連続的トランザクション呼び出しの効率化
小山田昌史川島英之北川博之筑波大DE2011-2 PRMU2011-33
アクセス履歴やセンサデータなど,継続的に発信され続ける情報が増加してきた.こうした情報はストリームデータと呼ばれ,ストリ... [more] DE2011-2 PRMU2011-33
pp.7-12
IN, NS
(併催)
2011-03-04
15:10
沖縄 沖縄コンベンションセンター サービス指向ルータ上の分散ストリーム処理エンジンにおけるノード間通信方式の検討
川島英之筑波大)・鯉渕道紘NII)・井上恒一西 宏章慶大NS2010-240
 [more] NS2010-240
pp.427-432
IN, NS
(併催)
2011-03-04
13:20
沖縄 沖縄コンベンションセンター センサデータベースのための高効率データ管理手法の実装と評価
高木潤一郎東大)・川島英之筑波大)・猿渡俊介森川博之東大
 [more]
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2011-01-18
15:30
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス FPGAを用いたデータストリームに対するウィンドウジョインの検討
寺田祐太三好健文電通大)・川島英之筑波大)・吉永 努電通大VLD2010-111 CPSY2010-66 RECONF2010-80
データストリーム処理の演算の一つであるウィンドウジョインをFPGA を用いて高速化する手法を検討する.データストリーム処... [more] VLD2010-111 CPSY2010-66 RECONF2010-80
pp.181-186
IN 2010-12-17
10:00
広島 広島市立大学 サービス指向ルータ上の分散ストリーム処理エンジンにおける適応的通信の検討
川島英之筑波大)・鯉渕道紘NII)・井上恒一西 宏章慶大IN2010-106
(事前公開アブストラクト) サービス指向ルータは複数のルータにより構成されるパケットデータ処理システムである.
パケッ... [more]
IN2010-106
pp.51-56
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会