電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-09
09:50
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) スパース重ね合わせ符号のためのBayes最適AMP復号器
波多江優和九大)・三村和史広島市大)・川喜田雅則竹内純一九大
2010年,Barron and Josephがガウス通信路について提案したスパース重ね合
わせ符号(SS符号)は通信... [more]
IT2017-127 ISEC2017-115 WBS2017-108
pp.143-148
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2018-03-07
13:00
北海道 沖縄北部雇用能力開発総合センター Graphical Lassoを用いたダークネットデータのリアルタイム分析に基づくマルウェア活動検知に関する検討
韓 燦洙九大)・島村隼平クルウィット)・高橋健志井上大介NICT)・川喜田雅則竹内純一九大)・中尾康二NICT
本研究ではダークネットトラフィックデータからサイバー空間での悪性の活動(特に,ボットネット)を自動的かつリアルタイムに検... [more] ICSS2017-51
pp.1-6
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2017-09-15
13:00
東京 東京大学 本郷キャンパス 混合ガウスモデルのMDL学習について
宮本耕平川喜田雅則・○竹内純一九大
本研究の最終的な目標は記述長最小(MDL) 原理に基づく混合ガウスモデル(GMM) のモデル選択を実現することである.本... [more] PRMU2017-47 IBISML2017-19
pp.59-66
IT 2017-09-08
14:50
山口 セントコア山口 混合ガウスモデルの二段階符号化について
宮本耕平川喜田雅則竹内純一九大
本研究の最終的な目標は記述長最小原理(MDL原理)に基づく混合ガウスモデル(GMM) のモデル選択を実現することで
あ... [more]
IT2017-47
pp.49-54
IT 2017-09-08
15:15
山口 セントコア山口 離散無記憶情報源とMarkov情報源に関する典型集合と最小高確率集合の要素数
江藤宗矩川喜田雅則竹内純一九大
離散無記憶情報源および定常マルコフ情報源に関して,典型集合と高確率集合の要素数について考察する.
通常,典型集合と高確... [more]
IT2017-48
pp.55-60
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-10
11:20
東京 東海大学 高輪キャンパス 超解像の応用によるMRIの高速化に関する検討
中島綾香川喜田雅則實松 豊九大)・久原重英杏林大)・竹内純一九大
磁気共鳴画像法(Magnetic Reasonance Imaging; MRI) の検査は,数十分から長いものでは1 ... [more] IT2016-124 ISEC2016-114 WBS2016-100
pp.161-166
IT, SIP, RCS
(共催)
2017-01-20
10:25
大阪 大阪市立大学(杉本キャンパス) 典型集合と高確率集合の要素数に関する考察
江藤宗矩川喜田雅則竹内純一九大
 [more] IT2016-87 SIP2016-125 RCS2016-277
pp.237-242
IT, SIP, RCS
(共催)
2017-01-20
10:50
大阪 大阪市立大学(杉本キャンパス) スパース重ね合わせ符号の復号アルゴリズムについて
波多江優和宮本耕平川喜田雅則九大)・三村和史広島市大)・竹内純一九大
 [more] IT2016-88 SIP2016-126 RCS2016-278
pp.243-248
IT 2015-07-13
15:15
東京 東京工業大学 教師付き学習におけるMDL推定量の設計とその収束速度
竹内純一川喜田雅則九大
Barron and ConverによるMDL推定の性能評価の理論(1991年)は,基本的に教師無し学習に
のみ適用さ... [more]
IT2015-26
pp.53-58
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(連催)
NC, IBISML
(併催) [詳細]
2015-06-23
17:00
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 MDL理論によるlassoのリスク上界
川喜田雅則豊暉原侑心竹内純一九大
無作為計画線形回帰問題におけるlassoの情報理論的リスク上界を導出する.罰則
付き最尤推定は二段階符号化の手続きと解... [more]
IBISML2015-16
pp.101-107
ISEC, IT, WBS
(共催)
2015-03-03
11:20
福岡 北九州市立大学 ひびきのキャンパス スパース構造学習を用いた異常検知によるボットネット検出実験
向井 脩川村勇気川喜田雅則竹内純一九大
 [more] IT2014-92 ISEC2014-105 WBS2014-84
pp.193-198
ISEC, IT, WBS
(共催)
2015-03-03
10:30
福岡 北九州市立大学 ひびきのキャンパス L1罰則付き線形回帰のMDLによる推定誤差上界について
豊暉原侑心川喜田雅則竹内純一九大
1991 年に,Barron and Cover は,MDL 推定の推定誤差に関して,誤差の上界がMDL 推定量に対応す... [more] IT2014-93 ISEC2014-106 WBS2014-85
pp.199-204
IT 2014-05-16
15:40
大分 別府国際コンベンションセンター スパース重ね合わせ符号の復号実験による性能評価
宮本耕平高木美里川喜田雅則竹内純一九大
 [more] IT2014-10
pp.49-54
IBISML 2013-03-05
15:00
愛知 名古屋工業大学 情報理論によるシングルフレーム超解像の限界性能評価
川喜田雅則山口耕太郎高橋規一竹内純一九大
本論文では情報理論を用いて単一フレーム超解像の原理的性能限界を評価した.超解像とは入力された低解像度画像から対応した高解... [more] IBISML2012-106
pp.95-100
IT 2012-09-28
10:15
群馬 草津セミナーハウス Sparse Superposition Codes with Bernoulli Dictionary
Yoshinari TakeishiMasanori KawakitaJun'ichi TakeuchiKyushu Univ.
本論文では,2010年にBarron and Josephによって提案されたスパース重ね合わせ符号に対して,ある拡張を行... [more] IT2012-38
pp.41-46
IBISML 2011-11-09
15:45
奈良 奈良女子大学 サンプル間の相関を考慮した主成分分析とカーネル関数による共分散行列の推定
林 浩平奈良先端大)・川喜田雅則九大)・池田和司奈良先端大
主成分分析(PCA)は次元削減法の一種であり,特徴抽出,視覚化など様々な用途に用いられる.しかしながら,PCAの確率的解... [more] IBISML2011-50
pp.57-60
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2011-09-05
10:30
北海道 はこだて未来大学 ベイズ符号長による確率的コンプレキシティの評価とモデル選択への応用
武石啓成川喜田雅則竹内純一九大/九州先端科学技研
混合ガウス分布に関する確率的コンプレキシティをベイズ符号の符号長により評価し,モデル選択の実験を行った.混合ガウス分布は... [more] PRMU2011-59 IBISML2011-18
pp.9-14
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2011-09-06
10:00
北海道 はこだて未来大学 ブースティングの判別高速化と顔検出への応用
泉 亮多川喜田雅則竹内純一九大/九州先端科学技研)・胡 軼高森哲弥亀山祐和富士フイルム
ブースティングによる判別器を高速化する手法を提案する.例えば
顔検出のように適用対象によっては,訓練時間や判別精度だけ... [more]
PRMU2011-70 IBISML2011-29
pp.111-117
MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2011-03-07
15:00
長崎 やすらぎ伊王島 ベイズ超解像におけるSIFTを用いたパラメタ推定手法の提案
清田佳孝奥村大輔川喜田雅則高橋規一竹内純一九州先端科学技研/九大
 [more] IE2010-168 MVE2010-156
pp.129-134
ISEC, IT, WBS
(共催)
2011-03-04
13:25
大阪 大阪大学 γダイバージェンスに基づく異常検知手法の提案とシステムコール発行履歴への適用
村上慎太郎川喜田雅則竹内純一九州先端科学技研/九大
近年のマルウェア被害の増加に伴い,マルウェアの侵入検知の需要が増加している.本稿では,この課題に対して機械学習による異常... [more] IT2010-98 ISEC2010-102 WBS2010-77
pp.191-197
 21件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会