お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 3件中 1~3件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, SP, WIT, ASJ-H
(共催)
2016-06-14
09:00
東京 NTT武蔵野研究開発センター 赤外線センサアレイから得られる温度分布の時間変化に基づく行動認識に関する検討
川島昂之川西康友出口大輔井手一郎村瀬 洋名大)・相澤知禎川出雅人オムロンPRMU2016-44 SP2016-10 WIT2016-10
近年,高齢化社会の進展に伴い,独居高齢者の数が増加している.
そのため,その日常生活を見守り,歩行や着席・起立といった... [more]
PRMU2016-44 SP2016-10 WIT2016-10
pp.53-58
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2015-01-23
14:00
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 赤外線センサアレイを用いた温度と空間に関する局所鋭敏性ヒストグラムによる人体追跡に関する検討
細野峻司名大)・高橋友和岐阜聖徳学園大)・出口大輔井手一郎村瀬 洋名大)・相澤知禎川出雅人オムロンPRMU2014-104 MVE2014-66
 [more] PRMU2014-104 MVE2014-66
pp.207-210
PRMU 2004-11-18
15:45
福井 福井大学 顔検出の高性能化のための誤検出除去手法
山下隆義勞 世竑田畑尚弘川出雅人オムロン
近年、高速かつ高い検出率で顔を検出できる様々な手法が提案されている。しかし、これらの手法は顔でない領域を誤って顔としてし... [more] PRMU2004-102
pp.55-60
 3件中 1~3件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会